« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

駆け込み参戦?


↑全然勝てません、入着すらしません…。・゚・(ノД`)・゚・。

 夜勤に備えてだらだらと調整をしていると…その報せは唐突にやってきた。

>850 名も無き冒険者 sage 2006/06/30(金) 10:26:38 ID:pTlZtBuL
>全然関係ないがついにDOCがサービス終了
>競馬ゲームなのになぜか草取りに行ったり岩石堀に行ったりする時間が長い時点で
>こりゃだめだと思っていたが運営2年持たなかった
>国産はほんとヤバイね
>ときめもオンラインもアレっぽいと聞くし肥はなんだかんだ言いながらもマシな方だと思うよ

な、なんだって〜!?Σ (゚Д゚;)
ちょっと待ってくれよ、そのうちやろうと思って機会を伺っていたのに…。・゚・(ノД`)・゚・。
 悪戦苦闘しながらどうにかクライアントダウンロードと登録完了。
あ〜、9/30で終了ってお知らせ出てるわ…

>854 名も無き冒険者 sage 2006/06/30(金) 11:27:25 ID:tQe/pU6h
>DOC終了ワロス
>>>852
>ネタのためにもしてくれば?
>まだ10日間は無料ぽいし。
>開始の時は鯖負荷がひどいほど人がいたのに1ヶ月で廃れた伝説のくそゲーだから。
(以下略)

さすが2ちゃんねる、容赦ない評価です_| ̄|○
せっかくなので無料体験やってみる…
・・・・・・(´・ω・`)ショボーン


 ま、まぁ、分かってくれば面白くなるかも知れん…
10日間、頑張ってみるか♪

2006年6月28日 (水)

「英国酒場」番外戦?


↑正に「ねこばす大爆発」…狙撃能力は流石です。

 いつものように「大航海時代Online」をプレイしながら、IRCというチャットソフトで情報交換。
すると、どうもその中の数名が、「スカッとゴルフ パンヤ」なるゴルフゲーム(のようなもの)をプレイしている事が判明。

 私も1年半ほど前からプレイしているゲームで、この2月までは通称「スレ杯」で腕を磨いたものです。
目・肩・腰がボロボロで、もう上級者達のペースについていけなくて、ギルド退会しちゃいましたが_| ̄|○
 それでもまぁ、時々はプレイ自体はしているので、もしもどこかのコースでお目にかかりましたら、その時は宜しくです。

 …で、話を戻しますと、そのIRCのメンバーの一人が、パンヤの対戦相手(遊び相手?)を捜してまして。
で、それなら自分が〜 …って訳で無事合流。
 自分入れて3人でラウンド、2人ともさほどキャラ強化してないし、
よ〜し、元スレ杯民の名に掛けて、良いところ見せたる〜∩(゚∀゚)∩
と、張り切ってみたものの…ショット大乱調でいいとこなし_| ̄|○

 んで、「ふにゃいる」氏(一見、「ょぅι゙ょ大好き海賊」の2ndっぽい名前ですが、どうやら違う方らしいです)はまだ始めて日が浅いらしく、難コースに苦戦していましたが、
「ね・こ・ば・す」氏(これは伏せ様が無いな♪)はもうトマホークにパワーカーブと特殊ショット決めまくり!
もう完全に「ねこばす大爆発」状態♪

 インド航路が海賊に封鎖されたら、良い暇つぶしになりそうですね。
(*´Д`)

2006年6月27日 (火)

遅くなりましたが…「ドルトムントの玉砕」


↑力尽きてピッチに倒れこむ選…って猫かよ!?

 いろいろネタが押してまして、W杯日本代表の第3戦「vsブラジル戦」の話がまだでしたねぇ。

 とは言うものの、当日は普通に寝て普通に起きて、TV点けたらもう1-3で絶望的な状況で…
 でもまあ良くやった方ではないでしょうか?
先制点となった玉田のゴールは、全ての日本サポーターが待ち焦がれていたであろうファインゴールだったそうですから。
経済運転でぎりぎり90分戦えるかどうかの燃料しか積んでない連中が、果てしなく遠い2点差以上での勝利を目指して、前半から飛ばしに飛ばして先制点!
そして力尽き、大量4失点であえなく玉砕…
 いいさ、お前ら王者ブラジルから1点取ったじゃないか!
クロアチアもオーストラリアも、ブラジル戦は無得点だった…お前ら攻めて点取ったじゃないか、
調整気分のブラジルを本気にさせたじゃないか!

 …まあね、言いたい事は山ほど有るのよ、そりゃ。
選手選考から、起用法、果ては試合時間に至るまでね…でもさ、タラレバが言えるって事は、
伸びしろ有るって事じゃないかい?
まだ4年後、8年後に期待しても良いんじゃないかい??

 まあ、そうそう何でも上手くは行きませんよ。
長い目で見てやれよ、痩せても枯れても俺達の日本代表なんだからさ♪ ∩(゚∀゚)∩

2006年6月26日 (月)

英国最強艦隊決定戦


↑通称「西大路シャウト」を駆使して、予選中の艦隊を激励(?)

 ついにその幕が切って落とされた英国最強艦隊決定戦勝利の栄冠を掴んだのはどの艦隊だったのか!?
詳細はコチラ→Respectable商会業務日報

 我がゼピュロス・イングランドは、第3回大海戦「カリカット防衛戦」の大勝利以降、サンジョルジュの攻略戦失敗を皮切りに、カイロ、カーボヴェルデ(第一次)、アテネと連敗を重ねた。
 その全てに、超軍事国家(海賊国家?)と化したフランスが敵として登場…連盟システムの変更でも無い限り、我らに二度と勝利は無いのではないか?とも思える日々が続いた。

 が、カイロ海戦のさなかに導入を開始した「ペア艦隊制度」が徐々に威力を発揮し、ブイ・偵察部隊の奮闘や生産支援の懸命の努力の甲斐もあって…ついに第14回ドゥアラ海戦で引き分け(正確には「僅差負け」)に持ち込み、第15回カーボヴェルデ(第二次)海戦で実に1年振りになる勝利を掴み取ったのであった。
 (…まぁ、相手陣営にゴタゴタが有ったり、フランスが居なかったり、双方に不正疑惑が有ったりした訳ですが)

 前置きが長くなりましたが…昨今の英国軍のレベルアップの原動力となったのが、「ロンドン定例模擬」であり、その世話人である「BetterHalf」氏主催の商会対抗戦「プレミアリーグ」の特別戦として、今回の
「英国最強艦隊決定戦」となったわけであります。

 一挙3艦隊を決勝トーナメントに進出させる、まるで全盛期の旭化成陸上部みたいな商会(?)もありましたが、激戦を制して「英国最強艦隊」の栄冠に輝いたのは、先述の「定例模擬」の常連で構成された、
通称「ロンドン模擬っ子連合艦隊」でした…
強くなりたきゃ模擬に出ろ!
まぁ何と分かりやすい結果でしょうか♪ (*´Д`)
 …念のために申し添えておきますが、準決勝二試合も決勝戦も、全てフルセットにもつれ込む激戦で、上位入賞の艦隊はいずれ劣らぬ強者です。


 最後に、協賛商会という形で出資した手前、ひとつそれらしい事をせにゃならんとばかりに、一席演説ぶちかまして参りました(゚∀゚)ヾ
↓以下はその演説文です

 「英国最強艦隊決定戦」にご参加の皆様、まずはお疲れ様でした。
日々ご研鑽を重ねる軍人の皆様のご活躍に、心より賛辞を送りたく思います。
 我が英国軍はカリカット海戦の大勝利の後、サンジョルジュ以降苦しい戦いを続けて参りました。
 その間に、多くの人が英国を去りました…しかし、皆様はここに踏みとどまり、勝利を、未来を信じて戦い続けました。
 その結果が、先の第二次カーボヴェルデ海戦の勝利に繋がったのは、言うまでも無いでしょう!
 英国軍の皆様、そして連盟を組んで頂いたヴェネツィア軍の方々…改めて、おめでとう!そして、「ありがとう」
 皆様の流した血と、汗と、涙、そして勝利を掴み取った満面の笑み…その全てが我らの誇りです!
 最後にひとつ…このロンドンを、イングランドを、そして「大航海時代Online」を、末永く愛して下さいますように!
 ご静聴誠に有難うございました…「ではまた、どこかの海で!」

2006年6月25日 (日)

第47回宝塚記念


↑各馬ゲートイン…あれ〜猫だった_| ̄|○

 「貴方の夢が走ります!」春競馬の締めくくり宝塚記念がやってまいりました!

 予想云々より、とにかく今年はディープインパクトが、凱旋門賞を仕留めてくれるか!?
競馬ファンの興味はその1点に尽きるのですよ。
 密室非公開の枠順抽選、最内枠に押し込まれたうえすぐ横にはモンジュー陣営の「ペースメーカー」的逃げ馬…完全アウェー、圧倒的な不利に敢然と逃げを打ち、惜しくも世界の頂点に半馬身届かなかったエルコンドルパサーの無念を、何としてもディープに晴らして欲しい!

 …脱線しましたね、では一応、宝塚記念の予想を。

◎ 8 ディープインパクト (もう逆らいません♪)
○ 1 リンカーン     (安定感抜群)
▲ 10 シルクフェイマス  (ひょっとして逃げ有利?)
△ 11 ファストタテヤマ  (一応、京都得意)
× 6 コスモバルク    (劣化版ステイゴールド?)

 万が一、ディープがコケる場面を想像するなら、出遅れバタバタの先行勢逃げ残り…な気がするので、
バルク、シルク、バランスオブゲームあたりの単勝100円だけ買って
ニヨニヨするのも良いかも知れません♪(*´Д`)♪

2006年6月24日 (土)

また会う日まで


↑マヤさんを囲んでRoyalAlbion恒例の「じょきぱんち(乾杯)」

 長らく「RoyalAlbion商会」の母親的存在だった「マヤ・イリス」さんが、23日24時の課金切れをもって、無期限休止となりました。

 なんでも最近ご出産されたらしくて、子育てのためにゲームを離れるということです。
曰く「(子供が)ハイハイできるようになったら戻る」との事ですが…それまでこの「RoyalAlbion」が存続しているかどうか、何より「大航海時代Online」が継続しているのかどうか?
 残った自分達にできる事は、彼女が帰ってこれる場所を残しておく事、守っていく事でしょうね。

 人の縁とは不思議なもの、そして尊いものです…例えそれが姿の見えない「インターネット」を媒介としたものであっても。
いやむしろ、生まれ育ちも年齢も性別も、一切平等な状態で付き合えるインターネットだからこその、人間同士の絆が有っても良いじゃないか…私はそう思います。

 さようならマヤ、また会う日まで! (゚∀゚)ノシ

2006年6月22日 (木)

熱くなれ!


↑その「暑い」ちゃいまんねん…いや暑かったです今日も♪

 (これ書いてる時点で)もうあと数時間後に迫ったW杯日本代表vsブラジル戦
絶望的な、しかしながら後には退けない彼等の戦いが間もなく始まります。

 まぁ、時間が時間ですし、こっちも働かないとメシ食えませんよって、観ないで寝ますけどね(´・ω・`)
皆がそれぞれの役目を果たせば、結果は自ずからついてくるものです。
だから私は普通に寝て普通に起きます、目覚めとともに吉報がもたらされる事を祈りつつ…(-人-)ナモナモ
 お〜っと目覚まし(携帯アラーム)忘れるところだった…メロディーは「熱くなれ(大黒摩季)」で♪
ええもう、描いてるイメージはマイアミの奇跡これしかありません!
しかし今度は最低でも2得点…無茶です、無茶過ぎです_| ̄|○

 …やはり最後は、カストロ議長の「あのセリフ」しかありませんかねぇ?
勝てとは言っていない、ベストを尽くしてくれ!
 たとえ今回のW杯の「最終戦」になろうとも、4年後、8年後につながる何かを掴んで帰ってきて欲しいと思います。


 なお、試合結果がどのようなものであっても、明日の更新でW杯は一切扱いません
なんでやねん?と思うかも知れませんが、私にとってもっと優先度の高い話題が予定されていますもので_| ̄|○

2006年6月21日 (水)

携帯選びは慎重に…


↑恵壷さんから無断借用(?)したワオンスーツ大活躍中♪

 仕事前に携帯電話の取り扱い店へ行ってみたのですよ。

1つには、最近(?)料金プランが変更になったらしい、という事で。
何しろ会社との連絡以外、滅多に「通話」しないので…ええ、ほとんどゲームと「2ちゃんねる」のパケット通信だけのための携帯っす(*´Д`)
 半年前に「パケ放題」目当てにFOMAに乗り換えたものの、山間部(と言っても国道10号沿いですよ?)がエリア外なのと、通話しないのに数千円分の通話分とセットだから、溜まっていく一方の「無料通話分」…ふぅ。

 さらに致命的だったのが、「とりあえず安いやつ♪」と選んだのがいわゆる「700系」という奴。
お目当てのゲームが全然対応してねえぇぇぇぇ〜っ!?∩(゚∀。)∩
…なんだか、以前使ってた505より不便になってませんか?
と思ったので、まだ半年だけど少々高くついても良いから機種変更できないかな〜?
(店の人)「1年経たないと機種変更できません」

もう∩(゚∀。)∩だめぽ

 皆さん、携帯買うときはなるべく最新型を買いましょうね〜
。・゚・(ノД`)・゚・。

2006年6月20日 (火)

再検証:1次リーグ突破の可能性


 前日のブログにて、ちと事実誤認(当該国間の勝ち負けより「総得点」を先に見る点を失念してた)があったようなので、もう一度「1次リーグ突破の可能性」について、おちついて検証してみよう。

 まず、ブラジル以外の3ヶ国の現在の状況は…

        勝ち点 得失差 総得点
オーストラリア  3   0    3
 クロアチア   1   -1   0
  日 本     1   -2   1

前提条件その1.日本がブラジルに2点差以上で勝利
前提条件その2.クロアチアがオーストラリアに勝利または引き分け
 …この時点で十分に無茶苦茶なんですが、ここは堪えて検証を進めます。

 ケース1.クロアチアが勝った場合
仮に日本2-0ブラジル、クロアチア1-0オーストラリアとすると

        勝ち点 得失差 総得点
オーストラリア  3   -1   3
 クロアチア   4   0    1
  日 本     4   0    3

 この場合、クロアチアに対して得失点差で並び、総得点で上回るので日本突破となる。
なお、クロアチアが大勝した場合は、それ以上の点差で日本が勝つことを要求され、より一層厳しくなる。
ケース1.まとめ 日vsブの点差クvs豪の点差2点以上上回るか、
1点上回った状態でクロアチアと同じorそれ以上の得点日本突破!


 ケース2.クロアチアが引き分けた場合
では仮に、日本2-0ブラジル、クロアチア0-0オーストラリアとしてみよう

        勝ち点 得失差 総得点
オーストラリア  4   0    3
 クロアチア   2   -1   0
  日 本     4   0    3

 このケースでは、日本とオーストラリアが完全に並ぶ。
直接対決で負けてるので、日本敗退… _| ̄|○
このケースでは、少なくとも3点以上取らなければならない…ブラジル相手に。
ケース2.まとめ 日本が3点差以上で勝利するか、2点差勝利でオーストラリアより3点以上多く得点できれば日本突破!!

 …どうだいブラザー、これでもまだ日本代表の1次リーグ突破を信じて、最後まで応援してくれるかい?

 さ〜あ皆さんご一緒にっ!
にっぽん! ∩(゚∀゚)∩ にっぽん!

2006年6月19日 (月)

ニュルンベルグの落日


 …まぁ、勝てなかったのは仕方ないですよ。
珍しく早めの選手交代、放たれる鋭いミドルシュート…一戦目よりは格段に「サッカー」していたと思う。

 「Mr.マイアミの奇跡」川口はこの試合でも鬼神ぶりを発揮した。
DF陣が相手の動きについて行けない、だからGKが目立ってしまう…それは決して良い事ではない。
 まぁ、全ては後半6分の決定期に尽きるだろう…「あれ」を決めることが出来るか否か、それが世界と日本との「差」なのだろう。

 理論上は、まだ決勝トーナメントへ進む可能性は残されている…が、
1.クロアチアオーストラリアに勝つ
2.日本ブラジルに「クロアチアvsオーストラリアの点差+2」以上の点差をつけて勝つ
…という、極めて無茶苦茶な条件付きなのである。
 単に勝て、と言うだけでも無理難題なのに、
ブラジル相手に3点差以上つけて勝てだと!?
 だが、「限りなく可能性がゼロに近い」ということと、「可能性はない」とは同じではない。
ピッチに立つ選手達が諦めてない以上、我々が先に諦めてどうする!?
…放送時間帯が(一般人には)絶望的な気もしますが、応援できる人は応援してあげて欲しいと思う。
寝なくちゃならない人は、目覚めに吉報がもたらされる事を祈りつつ床に就きましょうや♪