« ロンドンの魔術師 | メイン | 第3回「秘境探検レース」 »

2006年7月10日 (月)

史上最悪のW杯


 2006年W杯、フランスとイタリアで争われた決勝戦は、PK戦の末イタリアの勝利で幕を閉じた。

 …もうね、バカバカしくって見てらんない。
(実は観てない、が正解♪)
1試合の間に同一選手に3枚のイエローカードを出す主審が居たり(の前に3枚貰う方がバカだろ絶対…)、4枚のレッドと16枚のイエローが乱舞する試合があったり、国民総出で公式HPにF5アタック(田代砲?)かます某半島国家があったり…
そんな出鱈目な大会の勝利者が、大会直前に国内リーグで八百長騒ぎを起こしたイタリアだって!?
( ゚д゚)ポカーン

 極めつけがジダンの退場劇、いわゆる「頭突き」事件だ。
もちろん暴力行為に及んだジダン本人が一番悪い…が、しかし、
何も無しにいきなり頭突きすると思うか?
当然、相手選手(名前は知らん、調べたくも無い!)が口汚く罵ったのに相違なく、あのジダンをあそこまで怒らせた以上、
人種差別相当の侮辱行為が有ったと考える
のが妥当であろう。
で、そいつには一切罰なし、それどころか「イタリアを優勝に導いた英雄」なのだから憤懣やるかたないったらありゃしない…
そういう要素も含めて「サッカー」だと言うのであれば、
そんなのスポーツじゃない!


 唯一の救いは、上川主審と広嶋副審が、3位決定戦を立派に裁いてくれた事くらいだろうか…
決勝トーナメント進出した、たった2人の日本代表
彼等の奮闘振りは、きっと「次」につながると期待する。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18116010

史上最悪のW杯を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿