« 九一駅伝・七日目 | メイン | 九一駅伝・九日目 »

2006年11月10日 (金)

九一駅伝・八日目

福岡連覇へまっしぐら…2位宮崎に4分余りの差、3位長崎4位は区間賞2つの鹿児島以下大分山口熊本佐賀沖縄の順。

 福岡、今日も磐石の走りで宮崎との累計差を16分51秒に拡大した。
鹿児島に嬉しい今大会初の区間賞、それも2区中木原毅尚・5区アブデラアジスの2つ…チームも日間4位に入った。
宮崎の久保田満は早くも4回の出走を終え、全て区間賞を獲得し、納戸賞候補に名乗りをあげた。
あと2日、それぞれのゴールを目指して、まだまだ戦いは続く。

九日目の見どころ
 8区間128.2kmのタフなコース、最後の出走機会になるランナー達による好勝負が予想される。
お国入りの無い山口県チームにとって、地元に一番近い場所を走る日だけに、より一層の奮起を期待したい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18116804

九一駅伝・八日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿