« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

昭和は遠くなりにけり…

 昨日は「昭和の日(旧みどりの日)」でしたね。

 一日遅れですが、私も昭和を振り返って一筆♪

 私にとっての「昭和」は、生まれた昭和46年(1971年)以降の17年足らずしか無いのですが…まぁ一言で言えば、
昔は良かったに尽きるわけで。

 確かに現在の方がはるかに、生活環境は恵まれているのは分かります。
飢えの心配はほとんど無く、24時間開いてる店もある。
伝染病を恐れることも皆無となり、情報も交通もぐっと整備された。
携帯電話にインターネット…今更、これらを抜きに生活することなど考えられない。

 が、しかし…明らかに「幸福感」が減っている。
子供達の瞳から輝きが消え、大人達は皆疲れ切っている。
終戦から60余年、先人達が血の滲むような苦労の果てに創り上げたこの日本…我々は一体何を手に入れ、そして何を失ったというのか。
声高に権利を主張する者、ひたすらにカネを追いかける者…彼らが悪いのでは無いと思う、むしろそうしなければ生きていけない世の中になってしまったのが問題なのだろう。

 じゃあどうすれば良いのかって?…私にだって名案は無い。
自分(と家族)が生きていくだけで精一杯であり、とても他人の事までは考える余裕はない。
せいぜい、日々黙々と働き、ブログで愚痴をこぼし、選挙は棄権せず最後まで悩んで投票する…それぐらいだ。
しかしその位で、「良かった」と思える昭和40年代に帰れるわけじゃない。


 もう一度、この日本が焼け野原にでもならない限り、あのセピア色の日々には帰る事はないのだろうか…ふぅ。

2007年4月28日 (土)

天皇賞(春)予想

 皐月賞は箸にも棒にも掛かりませんでしたねぇ…この春天は仕留めたいなぁ(*´Д`)

 明日がまた仕事で不在なので、前売りに頼るしか無い訳で…これ書き終わったら早速購入します♪

 春天のステップレースと言えば、阪神大商店…ってドコの店やねん!?
阪神大章典くらい変換できないのかよ…まぁ良いけど。
それの勝ち馬はアイホッパーですねぇ…なんか走破タイムがぁゃιぃんですが、気にしません、本命に推します。
 メイショウサムソンが人気のようですが…皐月・ダービー勝って後勝てずの場合、3つ心配があるんですよ。
1.長距離弱いんじゃないか?
2.京都苦手なんじゃないか?
3.もうピーク過ぎたんじゃないか?
…なので、私としては評価を下げたいですね。
 阪神大章典と並ぶステップレースが日経賞ですね。
これの勝ち馬がネヴァプションなので…う〜ん、大章典3着のトウカイトリックの下くらいで。
 後はいわゆる「騎手買い」で、ノリさん騎乗の祭りだワッショイ…じゃなかった、マツリダゴッホで。

 ◎ 8 アイホッパー
 ○ 6 メイショウサムソン
 ▲ 12 トウカイトリック
 △ 14 ネヴァプション
 × □1 マツリダゴッホ

 しかしねぇ…京都G�といえば、忘れちゃいけないこの馬!
ファストタテヤマの馬券を買って家を建てやま
という2ちゃんねるのスレッドでもおなじみ(?)のファストタテヤマ。
しかも今回、武豊が香港遠征で不在。
武は武でもコウシロウ〜!
ってネタがあるかも知れない(ないないないない!)。


 よって、□2 ファストタテヤマを軸にして、上記5頭へワイド流し!
…200円ずつしか買わないから、当たっても家は建たないが♪

2007年4月27日 (金)

投票結果

 「名残り桜でネタ投票」が締め切りになりました…4票しか入らなかったけど♪

 え〜と、4票の内訳は、
活火山「桜島」2票
サッカーチーム「セレッソ大阪」1票
競走馬「サクラチトセオー」1票(コメント欄)
でした。

 どれが多いとか少ないとかって話にできる状況じゃ無いので、それぞれの候補についての個人的な気持ちを少し。

 寝台特急「さくら」…乗った事は有りませんが、子供の頃からブルートレインは憧れの一つでした。
新幹線や飛行機が当たり前の時代、高いわ遅いわで最早使い物にならないのかも知れませんが、時にはゆったりと旅の過程を楽しみたい気持ちはあります。

 活火山「桜島」…見てるだけなら良いのですが、あの火山灰には住む人は悩まされると思いますね。
好き嫌いというより、自然の驚異に対する畏怖・崇拝の対象かな、あれは。

 競走馬「サクラスターオー」…実は現役時代に見てません、後から読み物で知った馬です。
まぁ、「さあ頑張るぞオグリキャップ」で泣ける人なので、もしリアルタイムで「菊の季節に〜」を聞いてたら多分大泣きしてますね。

 サッカーチーム「セレッソ大阪」…う〜んごめんなさい、最近全くJリーグ見てません_| ̄|○

 サクラエビ科「サクラエビ」…食べた記憶がありません。・゚・(ノД`)・゚・。


 ううう、選択肢を狙いすぎたせいか、投票もコメントもしにくい状況になったらしい…反省_| ̄|○

2007年4月25日 (水)

メモリ減量で復活!

 折角増量したメモリでしたが、背に腹は代えられず「減量」することに。

 元々付いていたのが256MB×2枚、これに別の256MB×2枚を追加したのが昨年暮れだったのですが…思ったほど状況が好転するでもなく、それどころか最近「パンヤ」中に突然停止が頻発。
 で、追加したメモリを外して、ついさっきパンヤ18H対戦してきました…結果は無事ホールアウト。

 今にして思えば…実は
単なる電力不足だったのではないかと?


 512MB×2枚買う余裕は無かったんです!
。・゚・(ノД`)・゚・。

 実はこの後も、突然電源が落ちる現象は治まりません…最後の手段とばかりにノートン無効にしましたがそれでもダメでした

2007年4月22日 (日)

もう∩(゚∀。)∩だめぽ


↑ この直後、池ポチャ出して帳消し_| ̄|○

 このところ、パンヤ起動中にPCが突然停止するアクシデントが頻発しております。・゚・(ノД`)・゚・。

 急にHDDがカリカリ言い出したかな〜?って思うと、いきなり
プツッ!
って電源落ちちゃうんですよ…エラーメッセージすら出す間も無く。
ほかのゲームをやってる時にこの症状が出た事は無いので、私のPCとこのゲームとの相性問題なのだろうと推察するしかないのですよ。

 PC側の問題と言っても、昨年暮れにメモリ増量したくらいしか思いつきません…そんなので電源止まるものか?
となると、もはや残された選択肢は
「パンヤ」をやめるしか無い訳で…ふぅ。


 まぁ、今度ヒマを見てメモリ外してみますか…それでもダメならさようならって事で_| ̄|○

2007年4月17日 (火)

セイロンが正論(マテ?)


↑ アフリカ南岸にて…思ったほど成果上がらず_| ̄|○

 さて、「インド行く途中で白鉱石掘り掘り作戦」を実行してみたのですが…

 予め、ロンドン出発の際に鉄材・木材を積んで行くか、途中の港で鉄鉱石・木材を積み込みつつ、アフリカ南西岸・南岸で白鉱石を掘る作戦です。
 セイロンでやってたように、適当な目印(巨大枯れ木とか大岩とか)のそばで掘れば白鉱石・黄鉱石ザクザク…と思いきや、石と砂ばかり!?

 書庫地図や冒険クエストでの「探索ポイント」で掘ると良いらしいのですが、あいにくそういうポイントに心当たりが有りませんもんで。
。・゚・(ノД`)・゚・。

 南岸の「斜め岩」ではそこそこ掘れたのですが、セイロン郊外「とんがり岩」との差は歴然…
やっぱりセイロンが ∩(゚∀゚)∩ イチバンヤ〜♪


 大勢に支持されるのものには、それなりの理由があるのです。
(ノ∀`)

2007年4月16日 (月)

中米大海戦


↑ 最終日大型戦、ハバナ沖の激闘の様子

 まさに激戦、死闘…ポルトベロを巡るカリブ海決戦は、最後まで手に汗握る接戦になりました。

 主戦場となったのは、ポルトベロ-トルヒーヨ付近、ウィレムスタッド西方海域、ハバナ沖の三箇所だったようです。
恐らくはウィレム及びハバナの艦隊は、本来NPC狩りの艦隊だったのだろうと推察する訳ですが…お互いそれどころじゃ無かったようです。
結果として対人戦が三箇所に分かれた格好になり、それぞれの軍集団の戦力バランスを取るのに、両軍苦労したようですね。
(少なくとも、英伊連盟側は混乱していました…ハバナ沖の艦隊をトルヒーヨへ回そうとしたようですが、既に激戦状態で不可能だったようです)

 最後は、それぞれの位置で最善を尽くす…それしかありません。

 ビールや砲弾といった補給物資は、どうやら充分な量が確保されていたようです…が、決定的に「名工大工」が不足していたようで。
来月は英国攻撃ターンなので、ほぼ間違いなく大海戦参加のはず…なんとかして名工大工の増産を図らねば、歴戦の兵たちも満足に戦えない、なんて事になりかねない。


 どうせ空荷同然でインド行くのなら、途中でアフリカ南岸に寄って、白鉱石掘り掘りしてみようかな?

2007年4月15日 (日)

皐月賞・予想(?)


↑ 誤訳のような気もするが…これはこれで「言い得て妙」

 たった今「常駐警備」から帰りました…で、夕方からまた駐車場警備だったり_| ̄|○

 明日はさすがに休めそうなんですが…大海戦も今夜までだし、皐月賞は今日しか無いっての!

 さて、私が「皐月賞」を予想するときの手がかりとして見るレースは、弥生賞、きさらぎ賞、ラジオたんぱ杯2歳Sの三つです。
当然、本命は弥生賞勝ち馬のアドマイヤオーラなのですが、困ったことにその前走がシンザン記念…例のジンクスは気になりますが、弥生賞勝ってるから大丈夫でしょう、多分。
 きさらぎ賞は、弥生賞へのステップと見ていたのですが、きさらぎ賞1着のアサクサキングスは直行、2着ナムラマースは次が毎日杯…となると、切るべきはこの2頭かと。
故に、弥生賞1〜3着+たんぱ2歳含む4連勝のフサイチホウオーまで4頭で、5番手にアサクサキングスと見る。

 ◎ 15 アドマイヤオーラ
 ○ □1 フサイチホウオー
 ▲ 18 ココナッツパンチ
 △ 6 ドリームジャーニー
 × 12 アサクサキングス

 で…実際に買うのは、6ドリームジャーニー軸だったりして♪
あのステイゴールドの仔がG�走るのに、応援しなくてどうする!?∩(゚∀゚)∩

 馬連 軸6→相手1、15、18 各500円


 んじゃ、レースまで少し寝る! (゚∀゚)ノシ

2007年4月13日 (金)

炭酸コーヒー・ストライクバック!


↑ キタ━∩(゚∀゚)∩━ !!!!!

 出発寸前に活きの良い交代要員が見つかったので、恥ずかしながら帰って参りました(ぇ-)。

 先日、「野球実況chの雑談スレ-68 球春到来」にて、次のようなタレコミが有りまして…

586 名無し戦隊ナノレンジャー! sage New! 2007/04/07(土) 02:59:39
ヌー速で拾ったけど これって猫氏の好物じゃなかったっけ

ttp://item.rakuten.co.jp/bkworld/10000137/


 「sparkling!」以下3回にわたってお送りした「炭酸コーヒー」の話題、その発端になったネスレ「Sparkling Cafe」が投売りされてました。
300ml×48缶が、消費税・代引き手数料込みで1887円…
そんなに不評だったのかぁ〜?。・゚・(ノД`)・゚・。

 残念ながら、もはやこの夏売られる見込みは無いと考えるのが妥当でしょう…なので、48缶確保しました!
それにしても、コーラがあれだけ売れてる世の中、なんでコレがここまで売れないかなぁ?
いやいや、きっとコーラが最初に日本で売られた時だって「なんじゃこら?」って言われたに違いない、だから炭酸コーヒーだってあと何年かすれば…
…え?有り得ないって?
。・゚・(ノД`)ノД`)ノД`)・゚・。


 賞味期限が今年の6月9日までなんですが…無視してこの夏一杯楽しみたいと思います。(*´Д`)b

2007年4月12日 (木)

名残り桜でネタ投票

 という訳で(どんな訳やねん!?)、「サクラ」をネタにもう一つ投票を実施します。

Q.貴方の好きな「さくら」はどれですか?
4/26の投票締め切りまでトップ表示です
 今度は歌ではありません、「サクラ」と名の付くいろいろなものを集めて参りました…
( ゚∀゚)ハハ/l/l/ヽ/ヽ ノ \ ノ \ / \ / \
 え〜、かなり無茶苦茶な選択肢が並んでしまいましたが…順にご紹介を。

1.寝台特急「さくら」〜「昭和」を駆け抜けたブルートレイン〜
 1923年(大正12年)に東京-下関間の特急列車として登場(「櫻」と命名されたのは1929年)以来、時代の波に揉まれながら東京と九州方面を結ぶ長距離列車として活躍。
2005年(平成17年)3月に惜しまれながら引退。
2.活火山「桜島」〜薩摩隼人を育てた山〜
 鹿児島・錦江湾に浮かぶ活火山、その雄大な眺めは幕末の志士などに代表される数々の偉人を育てたであろう。
厳しい島の自然は、世界一大きな「桜島大根」と、世界一小さい「桜島小みかん」を生み出した。
3.競走馬「サクラスターオー」〜1987年(昭和62年)二冠馬〜
 生みの親サクラスマイル、育ての親スターロッチが共に急逝、自らも皐月賞優勝後に繋靱帯炎を発症し、復帰して菊花賞に勝利し二冠馬となるも暮れの有馬記念で競争中止、半年近い闘病生活のすえに安楽死処分。
杉本清アナの名実況「菊の季節にサクラが満開」は菊花賞勝利時のもの。
4.サッカーチーム「セレッソ大阪」〜勝利の女神に翻弄され続けるイレブン〜
 1993年(平成5年)釜本邦茂らを擁した名門チーム「ヤンマーディーゼル」サッカー部を母体として発足。
1995年(平成7年)Jリーグ参戦以降、数々のタイトルを掴みかけるも届かず、2006年(平成18年)まさかのJ2降格。
(注:「セレッソ」はスペイン語で桜の意味)
5.エビ目(十脚目)サクラエビ科「サクラエビ」〜とっても美味しい海の幸〜
 主に駿河湾で獲れる体長4cm程度の小型エビ、生の状態だと透き通ったピンク色をしている。
お好み焼きや掻き揚げに混ぜると美味しい。
生で食べたい人は静岡県中部「由比漁港」「大井川漁港」へGO!

 え〜、意図的に外した選択肢があったりしますが(「○○大戦」とか「カードキャプター○○」とか)…まぁお察し下さい _| ̄|○


 ホント、いろんな所に「サクラ」って有るんですねぇ♪
日本人と桜、切っても切れない関係なのでしょう。