« もう8月ですか… | メイン | うさぎ台風の爪あと »

2007年8月 2日 (木)

大航海やるならこれを聴け♪最終回♪


↑ JR九州社歌「浪漫鉄道」より…船と列車の違いはあれ、良い曲には違いない。

 どんな旅でも、いつかは終わりがやってきます…貴方が望もうと望むまいと。

 すでに開始から2年半を経過しようとし、さらに舞台を広げようとしている「大航海時代Online」ですが、私も含めたプレイヤー全員にとって、何らかの形で訪れる「旅の終わり」は、決して回避する事はできないのです。
 この先何十年もサービス継続するとは思えませんし、仮に続いたとして、プレイヤー自身に寿命がある以上、やっぱり何がしかの終幕は有るわけで。
 「これ聴け」最終回は、いつか訪れるであろう「旅の終わり(=新たな旅の始まり)」に聴きたい曲を集めてみました。

 まずは、我が愛しの若大将楽曲から、
海 その愛」(作詞:岩谷時子/作曲:弾厚作/編曲:森岡賢一郎)
フェアウェル(今は別れの時)」(作詞:岩谷時子/作曲:弾厚作/編曲:前田憲男)
時を越えて」(作詞:岩谷時子/作曲:弾厚作/編曲:船山基紀)
 の3曲を推薦しておきます…良い曲が多過ぎてとても紹介しきれん!
 「サライ」くらいしか聴いた事ね〜よ!って方も、ぜひ機会を見つけて若大将楽曲に触れて頂きたいものである…400曲以上あるらしいけど(私も半分以上知らないと思う)、どれもこれも後世に残したい名曲揃いですよ。

 ポピュラー楽曲でいうと、他には
フランク・シナトラ「My Way」(作詞:ポール・アンカ/作曲:ジャック・ルヴォー&クロード・フランソワ)とか、
中島みゆき「ヘッドライト・テールライト」(作詞・作曲:中島みゆき/編曲:瀬尾一三)などが思い浮かびます。
 「ヘッドライト〜」と、両A面扱いの「地上の星」、そして「プロジェクトX」…世のオジサン達の心を鷲掴みにして離さなかった黄金のトライアングルです♪

 これは本来「ゲームミュージック」なのですが、「アニメソング」として認識されているかも知れませんね。
団時朗「この道 わが旅(My Road,My Journey)」(作詞:藤公之介/作曲:すぎやまこういち)
 元々は「ドラゴンクエスト�〜悪霊の神々〜」というファミコンソフトのエンディング曲だったのですが、後に「ドラゴンクエスト〜ダイの大冒険〜」というアニメのエンディングで唄入りで使われました。
 今でもゲーム内容・音楽共に、強烈な印象が頭に焼き付いて離れません…「LoveSong探して」「果てしなき世界」などなど、名曲揃いの傑作RPGでした。

 ゲーム音楽からもう1点、
帝国歌劇団「夢のつづき」(作詞:広井王子/作曲:田中公平/編曲:根岸貴幸)
 「サクラ大戦2」というセガサターンソフトのエンディング曲です、ミュージカルを意識した作品なだけあって、大団円に相応しい豪華な、それでいてホロリと泣かせる名曲です。
 なお、「さよならは言わないの また会えるから」というくだりがありますが、私自身は「さよならを言う派」ですね…往々にして「さよならは言わない」とする場面って、結局今生の別れになるのが殆どですから、私は「さよならは(中略)又会う日までの遠い約束」説の信者です♪

 さて…最後の〆はやはりこの曲を取り上げねばならないでしょう。
佐野公美「SENEN SEAS〜七つの海へ〜」(作詞:霜月智恵子/作曲・編曲:菅野よう子)
 元々は「大航海時代(1作目)」のエンディングでサビだけ流れていた(この時点でフルバージョンが作られていたのかは私には分かりませんでした)もの。
 「大航海時代Online」でカリブの街に行くと流れているBGMは、どうやらSENEN SEAS(のサビ部分)のリメイクのようですね…ちょっとだけイスパニアに亡命を考えたのは内緒です。
 やがていつか たどり着くさ ただ一人 お前の岸辺へ…
 貴方の船が向かう先には、どんな岸辺が待っているのでしょうか…?


 ふぅ…最初はこんな大層なシリーズ物にするつもりは無かったんですけどね、やってるうちに落としどころが分からなくなっちゃって、何とか〆ることができたかな?というところです。
 歌は人を育てます、歌は組織を強くします…良い歌を一つでも多く後世に遺して行けるように、私にもなにかできると…いいな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18118768

大航海やるならこれを聴け♪最終回♪を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿