« オークス… | メイン | 「Blog Pet」導入してみた »

2008年5月25日 (日)

琴欧州、優勝

 大相撲夏場所は、大関の琴欧州が2横綱を破るなど、14勝1敗の好成績で初優勝しました。

 ケガを乗り越えての初優勝に、まずは賛辞を贈ろう。
欧州圏からの幕内優勝力士はこれが初…大相撲の国際化を喜ばしく思う一方、日本人力士は一体どうしたのかと言いたくもある。

 横綱2人がいずれもモンゴル人、しかし日本人も同じく「モンゴリアン」の血を引いている訳だし、まだ見た目にはそんなに違和感も無かったかも知れない。
しかし、さすがに琴欧州はブルガリア人とあって、どう見ても欧州人…とうとう大相撲もここまで来たか、という思いは否めない。

 いやいや、大相撲の伝統や日本古来の文化を理解してくれるのであれば、なに人だって良いじゃないの?…そもそも「日本人」の定義って何なのよ?
 血より、魂ですよ…大和魂。
(大和魂って何なのよ?…以下、無限ループにつき略)

 朝青龍にもう少し謙虚さと可愛げが有ればなぁ…と思うのだが、先日同僚の一人が意外な発言を。
「朝青龍って可愛いよな♪」(*´Д`)
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
 …なるほど、見ようによっては「やんちゃ坊主」と取れるかも知れない。

 で、琴欧州に話を戻すと…横綱に推挙されるためには「二場所連続優勝、またはそれに準ずる成績」が必要とのこと。
 すでに2人横綱が居るので多少は厳しくなると思うが、次も優勝しちゃえば文句なし、欧州人初の横綱誕生ということになるだろう。


 喜ぶべきか、憂うべきか…え〜い、日本人力士で横綱張れそうな者は誰か居ないのか!?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18120088

琴欧州、優勝を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿