« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月29日 (火)

9条の窮状

 結局、韓国は日本と戦争がしたいという事なのでしょうか?

 時事ドットコムの記事リンク
 「ラスク書簡」や、記事中にもある米国の政府機関が竹島の帰属先表記を変更した事などで、いよいよ化けの皮が剥がれてきた竹島問題。
 相変わらず「ウソの刷り込み」一辺倒の戦術な訳ですが…こうも堂々と「領土・領海侵犯」を宣言されて、黙っていて良いのか?日本政府&自衛隊。

 北方領土も竹島も尖閣諸島も拉致問題も、全ては「日本国憲法第九条」を盾に取られているが故。
 もう良い加減改憲しましょうよ?
別に他国に戦争に行けと言うのではない…ただ「自衛の権利」を明確にすれば良いだけなのである。
 ついでに言うなら、核兵器を保持する事の妥当性について議論を行うと宣言してくれたらなお良い。
注:議論を行うだけです、実際に持てとは一言も言ってません!
 私だって核兵器は根絶して欲しいぞ…しかし、現実に中国の核ミサイルは東京に照準を合わせている(北京五輪も関係なし)し、北朝鮮も韓国もやる気満々なのである。
 日本は戦争できません、アメリカ様助けてください…お前ら、それで本当に「独立国・日本」と言えると思うか!?

 現実の問題として、いくら九条を唱えたって、単にノーガードでやられ放題なだけなんですよ。
 日本が辛うじて守られているのは、憲法第九条のおかげではありません。
在日米軍の核の傘によって守られているに過ぎないんです。


 自分達の国なんだから、自分達で守るのが当然でしょ?
なぜ世界中で日本だけが、その権利を否定されなければならない??

2008年7月27日 (日)

たいへいようが、たいへんよう!


↑ アンタ誰よ…? (ノ∀`)アチャー

 昨日スーパーの警備から帰ったら、もうヴェネの皆さんは南米西岸到達してた…_| ̄|○ ハヤイヨ-

 一息ついて夏祭り警備に行き、帰ったらせっせと大航海です…まぁ普通に寝て回航ですが。
 珍しく今日日曜日の休み、カリブ発→セビリアで↑の珍事件に遭遇→ヴェネツィア帰投→国別イベント進行→ジュエルターバン抱えて定期船→ケープ経由ジャカルタ…と進みます。
 …はい、中南米西岸進入するのに太平洋横断します♪
 まぁついでに地理クエストやったし、ラパヌイ奥地の地図も消化したし。

 アカプルコから逆順で街発見、という算段だったのですが…何時の間に勅命クリアしたのか、某有名仏海賊に遭遇してしまいました∩(゚∀。)∩
 こちらも増減無し・急加速無しながらも、一応クリッパーですし、上納品も2桁は用意しているのですが…やっぱり怖いのでログアウト逃亡♪


 ちなみに今回のタイトル、出所は「Great Voyage SaGa」ゲーム内で、あるキャラのセリフと同一のものです。
 オマエは∩(゚∀。)∩俺かぁ〜っ!?

2008年7月24日 (木)

それいけ勅命


↑ いきなり吊り橋掛かってます、秘境絶景です。

 ヴェネツィア亡命して日も浅いですが、南米西岸進出のための勅命にチャレンジです。

 マゼラン海峡が海賊に封鎖されるのではないかという不安があり、遠回りしてドレイク海峡経由で現地へ向かいましたが、30%程度速度上昇しているようで、往復30日分位(リオ⇔南米南西岸)あれば物資は足りそうです。

 ソロ航海ですが、折角海域検索するのだから、海賊情報の提供くらいは…とヴェネツィア勅命艦隊のまとめ役にTellを入れたところ、即座にチャットルームに招待されました。
あんまり国に関わると後が大変なのですが…まあ、良いか♪
いずれは亡命するであろうけれど、その瞬間までは協力するに越したことはありませんから。

 地理クエスト→財宝鑑定クエストをクリアし、次は生物学でも…というところで海賊被害報告。
 ちょうど「シンデレラ・エクスプレスラシ」の時間も迫っていましたので、今夜はここでログアウト。


 どうせ土日も仕事なんだけどな…できる範囲で細々とやりますよ。

2008年7月22日 (火)

とっとと亡命


↑ さくっと亡命、敵対度80のオマケつき( ´・ω・`)

 チャプター4「インカ」を明日に控え、結局ヴェネツィア亡命を済ませる選択を。

 恐らくは、「南米西岸」到達&「パナマ運河」開削の、二段構え勅命が待っていると思います…これを敢えて、ヴェネツィア民の一員として挑戦することに決めた訳です。


 しかし…手乗りチャトランにもまだ到達していないのに、クスコだのマチュピチュだの無理ですよね( ´・ω・`)ショボーン

2008年7月20日 (日)

ネ兄って♪ ∩(゚∀゚)∩

 本日、私「猫乃介」は37歳の誕生日を迎えました。

 まぁ、何も変わりません。
36歳になりましたの回に書いた以上のものは何もありません。
 また1年、生存実績を伸ばした…その事実が全てです。

 この1年、無事に生きてこれた事に感謝すると共に、次の1年無事に過ごせるように頑張ろう!という思いを新たにしましょう。

 それにしても…今日が祝日で明日が振替休日じゃないのか!?
…はいはい、ハッピーマンデー法ですかそうですか_| ̄|○


 来年は20日が月曜日です…国を挙げて以下略が楽しみです♪

2008年7月18日 (金)

竹島問題を考える


↑ 抗議と称してキジを殴り殺す韓国人達…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 4年後の教科書から「竹島」についての記述が変更されるとか。

 さすがに「わが国固有の領土」という表現は避けたようですが、少なくとも「日本と韓国で論争になっている」程度の記述はされるようで、まぁ多少ながら前進したのかな?
 で、早速韓国では官民挙げて反日感情ヒートアップ、↑のような有様になっているようで。

 正直なところ、私個人としては「竹島」が領土に編入された現場を目撃した訳では無いので、本当のところは良く分からん。
 ただ、普段の言動と言うか、日頃の行いを見聞する限りでは、どう考えても日本側の言い分の方が正しい可能性が極めて高い、と言わざるを得ない…とでもしておくか。
 まぁ、文句が有るなら国際法廷に出て来いや〜!?に尽きますな。

 これに関連して、面白いものが見つかりまして。
日韓リアルタイム翻訳掲示板のとあるスレッド
アメリカが「竹島は日本領」と、韓国大使に最終回答
ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。

 早い話、韓国政府が戦後のドサクサに紛れて「竹島」を掠め取ろうと画策したものの、アメリカからダメ出し喰らった…という事ですね。
 結局、これを無視して翌年1952年(昭和27年)1月18日、勝手に「李承晩ライン」引いて、軍隊だか武装警察だかを駐留させて実効支配→現在に至る訳で。

 あれほど外国に対して弱腰な福田政権が、なぜ急に竹島問題を浮上させたのか疑問ですが(もちろん良い事だとは思う)、もしかして早晩韓国経済が破綻する事を見越して…いやまさかそんな先読み能力があるとは思えないが♪


 ようやく大塚製薬の不買が解けそう(まだ分からんよ?)…ポカリ解禁が待ち遠しいです。
まあ当面はサッポロの「イオンチャージウォーター」で代用しますが。

2008年7月16日 (水)

糸島Free Tibet


↑ 福岡市(博多)から西の方角に有るようです。

 今度の三連休に行われる福岡地区のイベントに、フリーチベット福岡の面々がまた頑張るようです。

野外音楽イベントにてチベット問題を訴えるブースを出展することになりました。
日時:7/19(土)日没〜7/21(祭)日没
場所:キャデラックランチ(福岡県糸島郡志摩町)
出展内容:
・チベット問題を知ってもらうためのビラ配布
・パネル展示
・ダラムサラの子供たちの描いた絵(複製)の展示
・映画上映(ヒマラヤを越えて)※現在スクリーン等の機材手配中です
※注意
主催者側への入場料が発生します。
一日のみの参加:2000円
二日以上の参加:3000円


 地元福岡の人には良く知られた場所なのかも知れませんが、宮崎人の私には「島?志摩?どこ??」な状態でして…まぁ地図を調べれば分かるのですがね(便利だなあGoogleMap)。

 この「キャデラックランチ」というのはレストラン、もしくは「ビーチカフェ」というものだそうです。
 店の雰囲気はメキシコ、料理はタイを中心に幅広く、音楽はロックを軸に…一見バラバラですが、「自然との調和」という視点で見れば纏まるということでしょうか。
 そこの15周年イベントと「Free Tibet」の融合ですか…良いですねぇ♪
 美味い料理と楽しい音楽、そして平和への願い…いずれも、国境なんて関係ない、地球上の人類が一つになれるものばかりです。

 それにしても…最初は試行錯誤しながら、ビラ配ったり店を回って協力をお願いしていた彼らも、こういうイベントを企画できるまでになったのですねぇ。
 …ひょっとして、実はこの店のオーナーが「福岡フリーチベット」のメンバーだったり?
さすがにそれは話が上手過ぎるとしても、心強い協力者を得られて、本当にありがたい事です。


 ふぅ、また一つ「行ってみたい場所」が増えてしまった…今はそんな余裕無いけど、いつかは行きたいぞ、キャデラックランチ。

2008年7月15日 (火)

亡命から2ヶ月…


↑ ネーデルイベント最終盤の激闘

 イングランド→ネーデルラント亡命からおよそ2ヶ月が過ぎました。

 以前からアムステルダム前では、頻繁にイベント戦闘が繰り広げられているのを目撃していたのですが…いやぁ〜強いねぇ、海の旅団。
 ↑の画像では敵10隻vs味方4隻か5隻でしたが、私はひたすら修理外科連発しながら逃げ回る→囲まれて白兵フルボッコ→混乱もう∩(゚∀。)∩だめぽ→奇跡的に脱出…と何やってたのかさっぱりなのでしたが、味方の奮戦によって何とか勝利。
 続く「最終決戦」では、いきなり味方が1隻沈む厳しい展開も、逃げ回るうちになぜか形勢逆転、辛くも勝利を収めたのでした。

 さて、となるといよいよ「次の亡命」を考える時期に来たわけですが…間も無く「チャプター4」開幕となる運びでして。
 このままネーデル民として「勅命達成」を目指したほうが良いのか、とっとと次の亡命をしてから事に当たるべきか、悩みどころですね。


 ちなみに「次」はヴェネツィアの予定です…その後フランスに再々亡命してそこで隠居(?)する算段ですが。

2008年7月12日 (土)

地方局の良心


↑ 上から3番目、私の投稿です。

 MRT宮崎放送の「イブニングニュース」では、視聴者の意見を募集しちょります。

 まぁ、仕事の都合で通常観る事ができない(18:16から放送)のですが、たまたま連休頂いてなんとなくTV観てたら、
今、アナタが怒っている事はなんですか?
というテーマでアンケート取ってたので、重い腰を上げて意見書き込んでみたのですよ。

 実のところ、本当に例の毎日新聞問題をMRTが全く扱っていないのかどうかは、殆どTVを観ない私には分かりません。
現実の問題として、宮崎で全く騒ぎになっていないことからの推測で、「MRTを含む」とまで書いてます。
 画面には表示されませんが、電話番号とペンネーム(猫乃介)、居住地区も入力必須ですので、もしかしたら「いや〜ウチはちゃんと取り上げてますよ?」って抗議が来ないかな?と期待したのですが。
 投稿163件中、この問題に触れたのは私1人のみ…これをもって、残念ながら私の推測は正しかったのだろうと考えざるを得ない、と判断します。

 それでも、私はMRTに期待している、「地方局の良心」に期待しているのである。
 だから敢えて「MRTを含む」と書いた、そして彼らは、それをそのままHP上に載せた、一言一句削らず全部載せたその誠意に期待しているのである(単にナメてるだけだったのなら泣くぞ?)。
 系列とかクロスネットとか、色々事情は有るとは思うけど、関西や福岡の局が「長野騒動」で頑張ったように、MRTだって「やればできる子」であるところを見せて欲しいとぞ思う。
 もう一つMRTに期待する理由に、「タケ坊」こと川野武文アナの存在がある。
 ♪テロ、イチ、ニー、テロ ボムはマイニチのゴミボマー事件(アンマン国際空港のクラスター子爆弾爆発事件)の時、殆どのマスコミ関係が緘口令でも布かれたのかの如く、ちっとも言及しようとしない中…さすがにいつものタケ坊節の歯切れ良さは無かったものの、言葉を選びながら、言いにくそうにしながらも、タケ坊は五味カメラマンを非難するコメントを発した(ラジオで)。
 きっと今回も、タケ坊ならやってくれる…そう信じてる。
きっと↑の投稿を見てくれて、何か一言でもラジオででも語ってくれる…そう信じてる。


 そう言えば、UMKには巨典クンが居るわけだが…こっちを動かせれば結構「全国区」なんだけどなぁ。

2008年7月10日 (木)

夏バテ?熱中症?

 大事を取って「明日まで休め」との指示…その分週末は頑張らないと。

 梅雨明け宣言こそ7/6だったものの、実際には更に一週間前から真夏の暑さが続いてまして。
 一番堪えたのは「夜眠っても疲れが取れない」ということで、朝起きるのが辛かった→疲労感を抱えたまま仕事に行く、の連続でした。
 眠れない、というわけでは無かったようです…どちらかというと「気を失ってた」に近いような気もしますけど。

 休んで、寝てても改善するとは思えないので、何か対策を考えないといけないのですが…どうやら致命的に「腸が弱い」ので、ただ食べたり飲んだりしても、栄養が吸収されなければ話にならないんですよねぇ(身長165cmに対して体重が48kgしか無いのはこのためです)。

 ドラッグストアの薬コーナー見ても、胃薬と大腸の薬しかない…ワシの欲しいのは「小腸の薬」なのだが。
まあ金無いし、出来る範囲でどうにかするしかあるまい…適当な栄養剤と水筒、あと「霧吹き」を購入してみた。
 霧吹き、良いよ〜♪…部屋に霧吹いて回って、気化熱で室温が下がる(はず)。
なんせ我が家はクーラーがありませんので
扇風機はあるけど、本人より「PC様」に優先的に使ってます…


 しかしどうやったら体質改善できるのやら…しゃあない、酢でも飲むか?