« 糸島Free Tibet | メイン | ネ兄って♪ ∩(゚∀゚)∩ »

2008年7月18日 (金)

竹島問題を考える


↑ 抗議と称してキジを殴り殺す韓国人達…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 4年後の教科書から「竹島」についての記述が変更されるとか。

 さすがに「わが国固有の領土」という表現は避けたようですが、少なくとも「日本と韓国で論争になっている」程度の記述はされるようで、まぁ多少ながら前進したのかな?
 で、早速韓国では官民挙げて反日感情ヒートアップ、↑のような有様になっているようで。

 正直なところ、私個人としては「竹島」が領土に編入された現場を目撃した訳では無いので、本当のところは良く分からん。
 ただ、普段の言動と言うか、日頃の行いを見聞する限りでは、どう考えても日本側の言い分の方が正しい可能性が極めて高い、と言わざるを得ない…とでもしておくか。
 まぁ、文句が有るなら国際法廷に出て来いや〜!?に尽きますな。

 これに関連して、面白いものが見つかりまして。
日韓リアルタイム翻訳掲示板のとあるスレッド
アメリカが「竹島は日本領」と、韓国大使に最終回答
ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。

 早い話、韓国政府が戦後のドサクサに紛れて「竹島」を掠め取ろうと画策したものの、アメリカからダメ出し喰らった…という事ですね。
 結局、これを無視して翌年1952年(昭和27年)1月18日、勝手に「李承晩ライン」引いて、軍隊だか武装警察だかを駐留させて実効支配→現在に至る訳で。

 あれほど外国に対して弱腰な福田政権が、なぜ急に竹島問題を浮上させたのか疑問ですが(もちろん良い事だとは思う)、もしかして早晩韓国経済が破綻する事を見越して…いやまさかそんな先読み能力があるとは思えないが♪


 ようやく大塚製薬の不買が解けそう(まだ分からんよ?)…ポカリ解禁が待ち遠しいです。
まあ当面はサッポロの「イオンチャージウォーター」で代用しますが。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18120398

竹島問題を考えるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿