« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

08九一駅伝・初日

王座奪回へ宮崎好発進! 約5分差の2位に地元長崎 福岡3位出遅れ 以下佐賀鹿児島沖縄山口熊本大分

 主力をずらりと揃えた宮崎が、まずは幸先の良いスタートを切ることに成功した。
 2位長崎も、宮崎から5分遅れたとは言え、まずまず良い滑り出しと言えるのでは無いだろうか。
 3位福岡、一人一人はそんなに負けていないはずなのだが、積み重なった結果が宮崎から7分半の遅れとなってしまった。
 注目はまず4位佐賀、2区平敏治と3区田中利弘がそれぞれ区間3位と4位の好走、その後も粘って4位を守ったのは立派。
 5位鹿児島に続いて6位で来たのがなんと沖縄、1区尾尻琢磨が4位に付け、その後も区間5〜8位で良く粘った結果の6位、良くやった。
 7位山口、誰かさんが4位予想した(俺、オレ!)熊本が8位、そして大分がまさかここまで落ちるか…の9位。

 とりあえず主力が一巡する3日目まで見てみない事には、簡単には力関係を推し量る事は出来ないが、福岡はまだ慌てる段階では無いと思うし、宮崎も到底楽観はできまい。
 一つだけはっきり言えそうなのは…杵築東芝の抜けた穴は余りにも大きかった、という事か。


 明日は2日目、お国入りの佐賀が明日も頑張るようだと、また楽しみが増えるというもの…あと沖縄も♪

2008年10月30日 (木)

開戦前夜

 いよいよ明日ですなぁ…見れないけど_| ̄|○

 明日スタートする「九州一周駅伝」、今夜は軽〜く順位予想とか展望のようなものを。

 ちなみに昨年の結果は「第56回大会(2007)」のとおりである。
 優勝した福岡と2位宮崎との差が8分5秒、それに遅れること18分58秒で3位長崎、それに続いたのが関東学連選抜というのは大健闘どころの騒ぎでは無い。

 順位予想としては、恐らく福岡の4連覇は堅いと思う。
希望的観測を多分に込めた意味で、宮崎が10分差の2位、長崎は更に20分位遅れて3位だろう…もう少し頑張って10分差以内で来てくれると面白いのですが。
 熊本と鹿児島の4位争いになると思いますが、どっちが上位かは正直読めません…とりあえず熊本を4位、5分差以内の5位鹿児島としておきましょう(長崎からは1時間以上離されるだろう)。
 なかなか上に上がれない佐賀と、カネボウ撤退で一からチーム作り直しの山口、そして杵築東芝撤退の大分が降りてきての6位争いになるものと予想。
 5位から1時間遅れて6位大分、7位山口、8位佐賀…この3チームが10分以内の争いになるんじゃないかな?
 そして9位沖縄、これはもう仕方が無い…経済格差、本土との距離等、あまりにも事情が特殊過ぎる。
8位から1時間半位は離されるだろう。

 各チームへの願望?要求?…まあ応援メッセージみたいなものを。
福岡県チームへ
 それぞれが本来の力を素直に出せば、4連覇は間違い無いだろう。
更に上を目指すならば、10日間完全勝利(日間首位独占)するくらいの勢いで走って欲しい。
宮崎県チームへ
 駅伝は何が起こるか分からない、自分達の走りに徹し、負けは最小限に抑え、勝てるときは最大限勝つ…1秒でも良い、福岡の前に立ってみろ!
長崎県チームへ
 まだまだ2強の一角を崩すのは難しいかも知れないが、不可能とも言えない位のところまでは来ている。
「マタハチ」と言われた頃を知る古い駅伝ファンの、目からウロコが落ちるくらいの激走を見せて欲しい。
熊本県チーム鹿児島県チ−ム
 どちらも、九州産交や京セラ国分が健在だった頃の勢いは無くなってしまったが、互いに競い合って少しでも上を目指して頑張って欲しい。
大分県チームへ
 今回、一番心配なのがこの大分がどこまで落ちるか、或いは踏み止まれるかである。
予想は下げさせて頂いたが、できれば4位争いに踏み止まって、この猫乃介めをギャフンと言わせて欲しい。
山口県チーム佐賀県チーム
 かつては優勝戦線の一員だった山口と、8位が定位置だった佐賀が分差の争いをする…景気の波の恐ろしさはここにも表れています。
厳しい戦いになるでしょうが、諦めずに最後まで走りぬいて下さい…1分でも、1秒でも前に進みましょう!
沖縄県チームへ
 チーム編成の苦労からして、計り知れないものがあろうかと思います。
しかし、貴方達が来てくれるからこその「九州一周駅伝」です。
他のチームに勝てなくても、「己に勝つ」事は誰にでも等しくチャンスがあります、まずは今年も「躍進賞」獲得目指して、昨年の自分達に勝つ走りを見せて下さい。
見る者全てに「諦めない」事の大切さを教えてやって下さい!


 総勢216名のランナー達は、今年はどんな走りを見せてくれるのでしょうか…明日09:00、いよいよ号砲です。

2008年10月29日 (水)

号砲まであと2日

 当blogは本日より11/9(日)まで、九州一周駅伝特別体勢に入ります。

 その前に…まさかと思って例のWikipediaを見てみたら、やっぱりあったのね九州一周駅伝のページ。
Wikipedia-九州一周駅伝へのリンク
 さすがに何でも情報あるなぁ…簡単な概要・歴史が掲載されているので参考にされたし。

 さて、今日は簡単に、10日間のコースの見所・注目点等をご紹介してみたい。
 普通の駅伝が1日で勝負がつく(箱根駅伝は2日間の累計)のに対し、10日間もかけて九州を一周するこの駅伝、他チームとの戦い、コース(地形)との戦い、己との戦い…色々あるのである。

第1日 長崎市→佐世保市
 「1人が最高4回まで走られる」というルールのため、エース級の走者を1,4,7,10日目に走らせるのが定石である。
 更に、初日に良いスタートを切り、少しでも優位に立ちたいと考えるのは自然な流れ…故に、各チームの駆け引きや有力選手たちの仕上がり具合に注目したい。
 地元を走る長崎県チームの頑張りにも期待だ。

第2日 佐世保市→佐賀市
 6区間と短く、特に難所も無い日。
 初日の結果を踏まえて各チームがどう動くか、初日に続いての駆け引き、腹の探りあいが予想される。
 佐賀県チームにとっては「お国入り」となる…福岡に近過ぎる地理的条件故に、有力企業の「本拠地」が少なく、どうしても苦戦を否めないチーム事情だけに、沿道の声援で後押しして頂きたい。

第3日 佐賀市→熊本市
 中盤に20km区間が連続する、結構厳しい一日。
 ローテの谷間になり易い(ここで走ると4回出走は難しい)が、エース級でなければ20km区間は任せられない…選手層の厚さと監督の采配が試される。
 日曜日であり、大都市に近い所を走るので、沿道もにぎやかになるだろう。

第4日 熊本市→水俣市
 九州一周名物「三太郎峠」が後半に待つ難コース。
 初日に走ったメンバーの再戦が予想され、主力を投入する上位チームの戦いが熱い一日。
 熊本県チームの「お国入り」は3日目だが、個人的にはこの4日目の彼らに期待したい…「火の国ロード」で日間2位の激走、再現なるか?

第5日 水俣市→鹿児島市
 各区間の距離が平均して長めで、気の抜けない中日。
 各選手の調子を見ながら、やりくりに各チームが苦労するのもこの辺り(選手登録の入れ替えも有ったりする)。
 お国入りの鹿児島県チームはもちろん、地元に一番近い所を走る「準・お国入り」の沖縄県チームにとっても、一番の頑張りどころになるだろう。

第6日 鹿児島市→宮崎市
 ここからの2日間はまさに、九州一周駅伝の「天国と地獄」を堪能できるでしょう…まずはこの6日目、地獄の9区間戦をどうぞ。
 第3区には8%勾配が延々5kmも続く難所「亀割バイパス」が控え、その後も全体に山がちなコースとなる。
 度重なる繰上げスタート、乱れ飛ぶ白タスキ…タイム差計算で監督車が大わらわになる地獄絵巻。
 宮崎県チームの「お国入り」のはずだが、実はあまり重要視されていない…むしろ注目は次の日。

第7日 宮崎市→延岡市
 打って変わってこの7日目、電撃の6区間戦である。
 ローテの都合と「旭化成の本拠地入り」という事情から、上位チームの頂上決戦が毎年のように展開される、至福の一日。
 旭化成陸上部を主力とする宮崎県チームにとって、絶対に負けられない日であり、毎年死闘を繰り広げてきた福岡県チームにとっても、勝って止めを刺したい日。

第8日 延岡市→大分市
 前2日の反動でどうしてもメンバーが落ちやすいが、難所の一つ「宗太郎峠」があるのでやっぱり厳しい日。
 そろそろ最後の出走を迎える選手も出始め、納戸賞(MVP)争いも熾烈になってくる。
 大分県チームにとっては待ちに待ったお国入りだ…今年は苦戦が予想されるだけに、沿道の声援が力になることだろう。

第9日 大分市→北九州市
 長かった駅伝もあと2日、最終日に向けて各チーム懸命の追い込みになる。
 福岡県チームにとっての「お国入り」の定義は実は私は良く知らないが、細かい話抜きに100万都市北九州が出迎えてくれるだろう。
 山口県チームにとっても、地元に一番近い所を走るこの日は「準・お国入り」だ…関門海峡を越えて声援が、て言うか普通に渡ってきて応援するんでしょうね、きっと。

最終日 北九州市→福岡市
 最後の難所「八木山峠」を越えた先に、栄光のゴールが待っています。
 10日間の戦いの果てにどんな結果が待っているのか…走ってみない事には誰にも分かりません。


 切り口が多過ぎて、どこからどう書いて良いのやら…誰か俺に時間と体力と文才をくれ〜∩(゚∀。)∩

2008年10月28日 (火)

間違い探し・回答編


↑ 「日南海岸」は宮崎県の南東部にあります。

 「間違い探し」の回答編です…皆さん、もちろん分かりましたよね?(不安)

 日南海岸というのは、だいたい宮崎市青島〜串間市都井岬までの海岸線の事…だと思っていましたら、調べたらちょっと違ってて今まさに慌ててている最中。

Wikipedia-日南海岸国定公園へのリンク

 とりあえず、先に回答を挙げてしまおう…元の写真は堀切峠付近(道の駅フェニックス付近)の海岸の写真なのだが、
東側に海があるのに、この写真が「夕日」なはずがない!という事だったのである。
 で、日南海岸に「志布志湾西岸」までが含まれることをたった今知ったため、実は「日南海岸の夕日」は有り得るのではないか?と心配になっているところ。
 志布志湾の東西幅は20kmくらいなので、大隈半島がジャマになって水平線に夕日は沈まないはずだが、都井岬からだとどうなるんだろう?


 いずれにしても、件の写真が「朝日」なのは間違いないんですけどね…なんとも不完全燃焼ですな_| ̄|○

2008年10月27日 (月)

間違い探し


↑ 問題です、この画像のなかの間違いをひとつ見つけなさい(クリックで拡大)。

 ある工事現場の看板の一部を撮影したものですが、この中にトンでもない間違いが含まれています。

 別に賞品は用意してませんが、とりあえずクイズにしてしまいましょう…正解は明日の20:00頃書き込みますので、わかった〜♪って方はコメント投稿するなりモニタの向こうでニヤニヤするなり、お任せします。


 念のため、画像下部の黄色の文字は、「日南海岸の夕日」と書かれています…読みにくいかもですが。

2008年10月26日 (日)

コンビニ

 ♪帰り道のコンビニには なんでもそろってるけど〜♪ …って歌がありましたねぇ。

 2月から通っている現場に向かう途中、とあるコンビニに立ち寄るのが日課と化しています。
 自家用車にしろ社有車にしろ、何人かで乗り合わせになるので、誰かが大抵弁当や飲み物を買いますし、私もコーヒーや携帯食(おやつ)が必要なので。

 私が思うに、コンビニの売り物は「利便性」、言い換えれば「時間」を売っているお店がコンビニであると考えます。
 基本的に値引きは無いし、種類が豊富という訳でもない…しかし「今すぐ欲しい物」「今すぐ必要な物」がそこにはある。
 私のような警備員は、普通のスーパーに行くのは時間的に難しいし、銀行に行くのはもっと難しい…そういう意味でも24時間営業のコンビニの存在は有り難いものである。

 その、(毎日のように立ち寄る)コンビニで、少々面白い現象というか、店員とのやり取りが交わされている。
 私と言うより、同じ制服を着た同僚達が、すっかり「顔馴染み」になってしまい、まるで八百屋か魚屋かと思うような店員との会話が交わされるのだ。
 確かに、前年度の別の現場の頃から丸1年以上、同じ制服着た連中が毎日のようにドヤドヤと買い物していれば、そりゃ覚えられるのも当然なのですが…コンビニの店員も殆どはアルバイトですから、同じ人が客の顔を覚えるほど長く居るのも難しい訳でして。

 ド田舎宮崎だからなのか、都会のコンビニでも同じことがあり得るのか、それとも「彼」だけが特別な存在なのか…良く分からないが、奇妙な、かつ幸運な事だと思う。
 商品をレジ袋に入れようとして、慌てて袋を引っ込めながら「すいません、ついノリで〜」なんて謝ったり、試しに買った新商品(?)に「良く見てらっしゃいますね〜、今度感想聞かせて下さいよ〜」なんて話したり…学生さんなのかフリーターなのか知らないが、コンビニのアルバイトを悪く言いたくは無いが、才能に見合う待遇が必要でしょうに。


 ラム酒の香りがするという缶コーヒーと、蜂蜜入りの羊羹…さて、どう感想を伝えたら良いのだろう。

2008年10月25日 (土)

出遅れの秋…菊花賞

 気が付いたらもう秋G�ふたつ終わってましたか…出遅れスタート猫乃介号、巻き返しなるか?

 なんじゃこりゃ?ダービー馬も皐月賞馬も居なけりゃ、関西トライアル神戸新聞杯の連対馬も居ない…
どうすれ∩(゚∀。)∩バインダー!?

 前走が条件戦勝ちの5頭のうち、その前がダービー10着のアグネススターチと、セントライト16着のドットコムの2頭は消し。
 スマートギアとシゲルフセルトはとりあえずキープ、て言うかシゲルはステゴの仔ではないか…印は厚くできないけど無理にでもねじ込む。
 ダイシンプランは…戦歴が厳しいうえに中1週、これは外すしかないな。

 後は、ダービー2着のスマイルジャックと、セントライト1〜3着のダイワワイルドボア、マイネルチャールズ、ノットアローン…これで6頭、問題は印の順番か。

 ◎ 9 マイネルチャールズ
 ○ 10 スマイルジャック
 ▲ 18 ダイワワイルドボア
 △ 13 シゲルフセルト
 × 8 スマートギア
 注 □2 ノットアローン

 あえてダービー2着のスマイルではなく、比較的戦績が安定しているように見えるマイネルを本命に推す。
 とは言え、どれも横一線…軸に据えられる程信頼感は無い、よって

 馬連BOX 8・9・10・13・18 …やべ、10点では多過ぎた!やり直し。
 馬連流し 軸13→相手9・10・18
ワイド流し 軸13→相手8・2
 よ〜し5点に収まった、これで買います。


 明日は久々に休みなので、NHKで観戦ダ〜∩(゚∀゚)∩

2008年10月23日 (木)

さあ今年も「九一駅伝」

 気が付けば、来週の金曜日には「九州一周駅伝」がスタートではないか!

 昨年は丁度事務所勤めで死にそうになってて、おまけに駅伝開催が繰り上がってブログどころでは無かった…今年こそはしっかり全行程を記録に残していきたいと思う。

西日本新聞・九州一周駅伝特設ページへのリンク
 既に全チームの陣容は出揃っているようで、ざっと目を通してみると…
ワンジルどこ行った〜?(゚Д゚≡゚Д゚)?(福岡)
杵築東芝どこ行った〜?(゚Д゚≡゚Д゚)?(大分)
入船弟キタ━∩(゚∀゚)∩━ !!!!!
佐々木先生監督就任ですか〜?( ゚∀゚)
(元日立電線の)森下どこ行った〜?(゚Д゚≡゚Д゚)?
(宮崎)
 …いろいろ大変みたいですね。

 まあ福岡は磐石で、それぞれがきちんと自分の仕事をすれば、まず4連覇は堅いのではないか。
 追う宮崎、故障からの復帰組や新人、そして入船弟の加入もあって、結構面白い事になりそうな予感はする。
 2強を追う長崎、三菱重工長崎とサムコテクシヴの2枚看板を軸に分厚い布陣で、どこまで迫れるか見物である。
 心配なのは大分、近年の躍進を支えてきた杵築東芝が今年3月に廃部、大幅な戦力ダウンは避けられない。
 ホンダとNECを軸に据える熊本、市民ランナーと自衛隊中心になりそうな鹿児島・佐賀・山口、大学生中心にならざるを得ない沖縄…それぞれの事情を抱えながら、それでも彼らは「九州路」にやってくる!


 注目のスタートは10月31日09:00、長崎の平和記念像前です。
 彼らの10日間、72区間1056.2kmの熱い走りに期待しましょう♪

2008年10月21日 (火)

運転適正テスト


↑ 運転適正度2…_| ̄|○

 現在勤務している現場の「安全教育」の一環で、運転適正テストなるものを以前受けまして。

 株式会社電脳の「OD式安全性テスト企業版」というものなのですが…いや〜、なんとも笑えない結果がでて困っております。

運転適正度:2 安全適正度:C
注意力:A 判断力:B 柔軟性:C 決断力:-D
綿密性:B 動作の安定性:C 適応性:B (ここまで5段階評価)

(ここから3段階評価)身体的健康度:C 精神的健康度:C
社会的成熟度:B 情緒不安定性:B 衝迫性・暴発性:B
自己中心性:B 神経質・過敏性:C 虚飾性:B
運転マナー:B

 ちなみに決断力の「-D」は、慎重すぎて決断力に欠けることを表すのだとか。

 ↑の画像の下の部分に、総合診断として文章が書かれているのですが、
あなたの性格はいろいろな特徴をもっていて、普通の人に比べて少し複雑です。
という書き出しに始まり、スペース一杯にこれでもかと文字が書かれているあたり、相当評価に困る被験者だったらしい♪
変態! ∩(゚∀。)∩ 変態!

 これでも一応、15年無事故無違反継続中なんですけどね…まぁ、ある程度自分の欠点・弱点を知っているからこそ、無理せず安全かつ尊法遵守で運転している「つもり」なんですが。


 この結果(5人分)を見たウチの上司が、「お前らには会社の車は運転させられ〜ん!」とお怒りです。
(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)ジェットストリームアチャー

2008年10月17日 (金)

とりあえず再開?

 はて、何日ブログ書いて無かったっけ?…とりあえず再開しますね。

 このところの無茶勤務から、やっと「通常勤務」に戻った感あり…しばらくダメージ引きずりそうですが。

 10年来の「相棒」が、車検&整備から帰ってきました。
 平成5年式ミニカトッポ、5年落ちの中古で買ってから10年間、実に14万km近くを共に走ってきました。
 ドライブシャフト2本交換したりして、車検代込みで約13万円の出費でしたが、買い換える余裕など全く無いので贅沢は敵なのです。
 あと10万kmは走ってもらわないとね…シャフト新品なんだし。
 エンジン弱ってるみたいだし車体だって傷んでるだろうし、いずれは廃車せざるを得ないんだろうけどね

 いつかは巡ってくる「別れの瞬間」、↓こんな歌↓が脳裏を過ぎることになるのだろうか…?

 名古屋鉄道なんて縁もゆかりも無い宮崎人なのに、熱いものがこみ上げてくるのはなぜだろう?


 明日はスーパーの駐車場、明後日は小学校の運動会…休むどころかめっちゃ過酷な現場でんがな、まったくもう。