« 08九一駅伝・七日目 | メイン | 08九一駅伝・九日目 »

2008年11月 7日 (金)

08九一駅伝・八日目

福岡最終区で逆転 宮崎アンカーに故障悔し2位 前半引っ張るも長崎最後は3位 以下は鹿児島佐賀大分山口熊本沖縄の順

 長崎が序盤飛び出し、宮崎の猛追にも互角の走りで4区終了まで逃げ粘る。
 5区で先頭を奪った宮崎、6区終わって2位に上がってきた福岡との差は1分39秒、福岡アンカー三津谷祐の追撃を宮崎アンカー土橋啓太が振り切れるか?
 …しかし、土橋の脚にけいれん発生、結局三津谷に遅れること3分25秒、区間4位で逆転負けを喫することになった。
 (宮崎にとっては)残念だが、それもまた駅伝なのである。
 鹿児島のキラグが4区に登場、2つめの区間賞を獲得(残念ながら区間記録の更新ならず)したのだが、同じ区間の2位が「都城自衛隊」の脇田進(宮崎)…これはお見事。
 まあ、脇田に5秒負けた福岡の井手上隼人は初出場の18歳(トヨタ自動車九州)だから仕方ないか…監督の森下に喝!


 あと2日、このまま決まるのかもうひと波乱あるのか…最後まで、頑張れ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18120930

08九一駅伝・八日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿