« 08九一駅伝・四日目 | メイン | 08九一駅伝・六日目 »

2008年11月 4日 (火)

08九一駅伝・五日目

福岡が着実に4連覇へ前進 前半先行した長崎惜しくも2位 宮崎3位に沈む 以下佐賀山口大分鹿児島沖縄熊本の順

 今日もトップは福岡、中盤ややもたつく場面があったものの、最後にはきちんと合わせてくるあたり、王者の風格が出てきたように思われる。
 前半頑張った長崎が今日の2位、終盤2区間で福岡に力負けしたものの、5区までは会心のタスキリレーだっただけに、残り5日間のどこで日間首位を奪えるか、大変楽しみである。
 宮崎は2区の遅れが致命傷になった形で、アンカー堀端宏行が区間新の力走を見せるも時既に遅し…しかも福岡アンカー竹内健二も区間新(こちらが区間賞)ではどうしようも無かった。
 5位以下が目まぐるしく順位が入れ替わる中、終始4位を守り通したのは佐賀だった…2区以降は区間6〜8位だったものの、大きく崩れなかったのが良かった。
 以下は山口、大分が続き、お国入りの鹿児島は序盤の出遅れを挽回できず7位、一時5位まで上がった沖縄が8位、出遅れた熊本が最後まで9位のままゴール。

 5日間累計では首位福岡と2位宮崎の差が、4分51秒まで拡大した…宮崎は昨年累計から20分24秒短縮し、躍進賞争いでもトップに立ったが、福岡も昨年から8分25秒短縮し、万全の逃げ切り体勢である。
 累計9位の沖縄も、昨年から20分13秒短縮し、宮崎との躍進賞争いが面白い事になっている…しかも今後の展開次第では最下位返上も起こり得るタイム差で来ており、その意味でも一層の奮起を期待せずには居られない。


 さて明日は宮崎入りか…モアイ像の下で旗振りながら祈ってますね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18120912

08九一駅伝・五日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿