« 08九一駅伝・六日目 | メイン | 08九一駅伝・八日目 »

2008年11月 6日 (木)

08九一駅伝・七日目

宮崎2度目の日間首位 4分2秒差で福岡2位 3位長崎今日も安定 4位大分5位鹿児島6位佐賀大接戦 以下熊本山口沖縄の順

 流石に今日だけは負けられない宮崎、2区でトップに立つと後は万全のレース。
 福岡の連勝は5でストップ、2区戸村将幸が3分以上遅れて区間4位だったのが響いた。
 長崎は今日も3位だったが、森勇気にようやく区間賞が出た。
 激しい4位争い、先着したのは大分…杵築東芝の穴は大きかったが、まだまだ残り3日間での逆転総合4位へ、諦めてはいけない。
 鹿児島にとっても4位奪還は譲れない、今日は5位だったが累計ではまだ(5位大分に対して)12分リードがあり、残り3日をしっかり走りたいところ。
 6位以下は累計順位通りの着順になったが、5〜7位はまだ近接しており、最後まで気を抜けない。

 まだ3日間残しているが、大野龍二(宮崎)が3連続区間賞、区間新記録2つとして納戸賞争いの最有力かと。
 恐らく最終日にもう1回走るだろうから、そこで区間賞を奪えればほぼ確実ではないだろうか。


 いろいろな楽しみを抱えながら、九州路の秋は深まっていきます…あと3日、皆頑張れ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18120924

08九一駅伝・七日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿