« 英国発「死ぬ権利」 | メイン | 国籍法改正(悪)案可決 »

2008年11月14日 (金)

フリチベ流行語認定?

 気が付けば今年も1ヶ月半を残すのみ…そろそろいろんな「年末進行」が聞こえてきますね。

 もう一週間くらい前の話だっけ?2008年ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート60語が発表されたのって…
 必ずしも実情を反映しているとは言い難いものの、まあそれなりにはその年の世相を振り返るには、便利な企画ではあるか。

 「キターー!!(2ちゃんねるでは「キタ━(゚∀゚)━ !!!!!」)」なんて、2ちゃんねるではとっくの昔に市民権を得ている常用語なのだが…まあそのなんだ、TVと新聞しか情報源の無い「大衆」とやらは大変だな。
 「世界のナベアツ」、随分と図々しい芸名だと最初は思ったが、
サぁ〜ん!∩(゚∀。)∩
は結構重宝しているし(スレ杯でしか使わないが)、なかなか頭の体操になるので侮れない。
 「毒入り餃子」「事故米/汚染米」「メタミホドス」…今年を表す漢字一文字は「毒」と言いたい所だが、何年か前に使ったような気がするので、私としては「」を推す。

 そして中国と言えば忘れてはならない「フリーチベット」も、60語の中に入り込みました。
 一過性の流行、という捉えられ方をする事への懸念はあるものの、ある程度一般に認知された結果であると考えれば、一定の成果と喜ぶべきなのだろうか。
 もしも…まさか大賞は無いにしても、TOP10にでも残ることが出来れば、さらに一般への認知度が上がるであろう(ユーキャンにそんな度胸があるのかは知らんが)。


 私の車にはまだ「チベット国旗」貼ってあるぞ…社長は「中国人に石投げられても知らんぞ?」って笑ってたけどね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/18120966

フリチベ流行語認定?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿