« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

「岬めぐり」幻の3番

 「夜勤のときは動画ネタ」…中途半端に余った時間で、ニコニコ巡りをしてしまうのもその一因らしい。

 つい最近、VOKALOIDの新型が出たそうで、早速オリジナル曲やらタコの被り物やら発表されている中、とりあえず既存曲のカバー動画を漁っていたところ、

さっ…3番があったのか~!? Σ (゚Д゚;)

 1,2番の歌詞が男性視点で描かれているのに対し、この「幻の3番」は女性視点です。
 70年代フォークでは、「本当は好きなのに別れてしまう」設定は良く見受けられます(まあタダの喧嘩別れだと歌にならんけどね)が、今まで「フラれたであろう男性」側の心情しか分からなかった「岬めぐり」の、相手の女性の心情が分かったというのはかなりの収穫でした。

 なかなか味わい深い、良く出来た歌詞だけに、幻となってしまったのが悔やまれるところですが…山本コータローがこれ全部歌うとなると、視点が180°変わってしまうだけに難しかったのかも。
 すっぱり諦めて現行の形で発表したのは、まあ無難というか堅いというか。
 コータローに女性の相方がいればなぁ…もったいない。

 検索を掛けてみたが、「幻」というだけあって情報が少ない…どうやら遅くとも昨年11月の時点でネット上にこの話題が出ていたらしい、ということしか分かりませんでした。

 今からでも男女デュオを捜してきて、カバーしてもらうって訳にはいかないのでしょうかねえ?
 いっそ、1,2番を「ボクっ娘」が歌っていたことにして…無理か、やっぱり。

2009年2月24日 (火)

WBC宮崎キャンプ

 宮崎市民・県民にとっては、まさに「嵐のように」駆け抜けた一週間だったのではないだろうか?
毎年のようにプロ野球やサッカーJリーグなど、多数の合宿・キャンプを受け入れてきた宮崎が、想定外の盛況ぶりに仰天しまっくった、そんな印象でした。

 2月のプロ野球キャンプは、最早宮崎の風物詩と言えよう…最も賑わうときでホークス+巨人+欽ちゃんで4万人位の観客だったと記憶している(もちろん休日)。
 当然、WBC日本代表を受け入れるにあたっては、それらを上回る観客が詰め掛けるであろうことは容易に想像が出来たであろう…が、
月曜日に4万人もの観客が来るなんて、一体誰が想像できるっちゅうねん!?!?!

 駐車場が足りるはずもなく、周辺道路の渋滞は5kmに及んだと聞く…真昼の国道で工事するとか、某行楽施設のオープン時にその位渋滞したかも知れないが、いずれも片側1車線かつ迂回路無しの話。
 片側2車線の宮崎南バイパスが5km渋滞、当然平行して走っている県道もそうだったのだろうから、もうこれは宮崎県政始まって以来の大渋滞だったに違いない。
 翌日からは周辺各地に臨時駐車場を設け、シャトルバスを走らせたそうだが…3万人収容のサンマンニンスタジアム、もとい「サンマリンスタジアム」に4万3千人(火曜)が来場したとか…いやもう凄いとしか言いようが無い。

 そして土日は練習試合、ここで県は運動公園の駐車場を封鎖、3箇所の臨時駐車場に観客の車両を集めてシャトル輸送する大勝負に出る。
 もう異例中の異例、これでもかって言うほどの重厚な布陣(その中に猫乃介も警備員として居た)で臨んだ一大決戦…が、現実は更にはるか上を行く衝撃的なものだった。
深夜2時に駐車場が満車って、どないせいちゅうねん!?!?!

 駐車場を求めて、深夜の宮崎を駆け抜ける数千台もの車両、氷点下近い寒空の下で毛布被って朝を待つ数万人の人々…彼らが観に来たものはオリンピックでもなければワールドカップでもない、いや確かにWBC自体は「ワールドカップ」なのだが、今回はその「練習試合」でしかない。
 それを観るために、日の丸を背負って戦いに行く戦士達の雄姿をただ一目拝まんがために、彼らは日本各地からここ宮崎に集結し、厳しい寒さを耐えている…この彼らの熱い想いを、いったいどう表現すれば良いというのだろうか?


 とにかく疲れたし、寒かったし眠かった…それでも、その場に居合わせることができた幸運に、感謝せずにはいられなかった。
 もしも彼らの想いが届いたのなら、どうか我等が「サムライジャパン」よ、精一杯の戦いを見せてくれ!

 勝てとは言っていない、ベストを尽くしてくれ byフィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(キューバ前議長)

2009年2月22日 (日)

ネコ・カップ2009結果&賞品発送事故?

 寝ぼけててSS取り忘れました…
222
…が、うさだヒカル?様よりSSのご提供を頂きました、有難うございます。∩(゚∀゚)∩

 良くも悪くも日曜日の開催、しかも通常スレ杯より早い時刻、ついでに「本スレ」への告知無し(だってコテ嫌われるんだもん)…開始時刻に4人揃わないというまさかの展開に愕然となるが、
「あと5分待って~」という書き込みがあったと報せが入り、待ってみる事に。

 その後いろいろあって、最終的に6名での開催となり、ある意味「猫杯常連」となった感のある方が見事優勝&「本賞2」のダブル受賞に成功(2を4個揃えた)。
 果敢に「本賞1」「本賞2」のダブル獲得を狙った「スレ杯常連」でしたが…調整に失敗したほうの「本賞1」を受賞(9が2個)。

 他の3名も無事に18H回り終え、その全員に「愛のチョコレート」が贈られることになったのでしたが…1名だけ記録した名前が「存在しないニックネームです」となってしまい発送事故になってしまいました。
 3文字目の平仮名が「濁点無し」と思っていたのですが、「濁点有り」であれば存在する名前になるという事で、とりあえずその名前に発送…既にログアウトしたのか他のサーバーに移動したのか追尾不能になってしまい、成否は先方の連絡を待つよりほかない状況です。
無事届いたとの連絡を大会スレに頂きました、お騒がせしました&有難うございました。

 やはり解像度800×600では苦しい…一応「次」は無い予定ですが、やっぱり気になるのでした。

2009年2月15日 (日)

ネコ・カップ2009告知

Pny1
まさかの「コンドル」達成の瞬間(2月5日スレ杯)

 今年も2月22日「猫の日」が近づいてまいりました…もうそろそろ終わりにしようと思いつつ、今回も開催してしまいます。
 丁度良いことに「二千く~年」ということで公式イベント開催中なので、これに便乗することにしましょう♪

  • 大会名(部屋名):ネコ・カップ2009
  • 開催日時:2月22日() 21:00スタート(部屋作成20:50頃予定)
  • 入室pass:222(半角)
  • 使用サーバー:ケンの広場「みんなで大会2」…「スレ杯」と同じサーバーです
  • コース:PWに決定しました(LSは昨年のネコ・カップで使用したので)
  • 条件:18Hストローク、シャッフル、45分

 問題は賞品&受賞条件なのですが…実は今回、予算が150CPしかありません。
理由はズバリ、「猫乃介がFEZに手を出したから」ですぅ。
同じGamepotの2ゲーム同時に課金するのは無理がありますので…今度こそ「猫杯」終了の予感。

  • 全ての受賞前提条件(猫杯恒例):大会終了時点で12位以内(回線落ち救済不可)
  • 優勝者:ガチャポンタ引換券1枚
  • 本賞1:「順位」「スコア」「獲得PP」に9(く~)を最も多く出した方1名に
    クーのセメントb…じゃなかった、「クーのセレクトボックス」1個
  • 本賞2:「順位」「スコア」「獲得PP」に2を最も多く出した方1名に
    ガチャポンタ引換券1枚
  • 上記3賞に漏れた方のうち、大会終了時点で12位以内だった全員に
    「愛のチョコレート」1セット

 本賞1について補足…9を出した数が同数で並んだ場合、PPが999の方が1人居ればその方が受賞、2人以上居た場合はその中で最も順位が上の方が受賞、それ以外の場合も該当者中最上位の方が受賞。
 本賞2について補足…2を出した数が同数で並んだ場合、PPが222の方が1人居ればその方が受賞、2人以上居た場合はその中で最も順位が上の方が受賞、居なければPP2222について同様に判定、それ以外の場合は該当者中最上位の方が受賞。
 もし参加者が「主催者除いて8名以下」の場合、本賞2の賞品を「クーのセレクトボックス」に変更(予算の都合)。

 日曜だから大丈夫だと思うんですがね(もちろん仕事はある)、不測の事態が発生しないことを祈りつつ…何かありましたら「大会スレッド」に速報しますので、宜しくお願いします。

2009年2月14日 (土)

春一番

 え~と、確か今日は「チョコレートの配給がもらえる日」だったっけ?
…勤務明けでひたすら寝てたからワカリマセーン♪

 昨夜は「泊りがけの勤務」だったのですが、いやもう異常に眠くって。
春一番の影響で一気に気温が上がったからかな~?

200902100806000 もう桜も咲いてます(染井吉野じゃないけど)

 今春の卒業ソングというか桜ソングというか…実はもう昨秋から私の心を捉えて離さない曲がありまして。

 私は高校を中退してますので、自身の「卒業」に関しては感覚が全く無い(小中学校の時は「いじめからの解放」以外何も無い)のですが、その私が聴いても非常に感慨深い…帰らざる日々への切ない想いのようなものを感じます。

 で、この曲に辿り着くまでの過程がこれまた…

  1. 2ちゃんねるで「パノラマカー全廃」の話題を見かける
  2. その中で「どけよホーン」のネタを見かける
  3. 「ニコニコ動画」で検索する
  4. 上に挙げた「さよならパノラマカー(DC版)」を見つける
  5. BGMに使われている曲の良さに気が付く
  6. 「きっとこの場所で」に辿り着き、現在に至る

 「もじぴったん」を発端にTERRAZINE経由でニコニコ動画を知り、それからというもの幸運な偶然の連続で沢山の素晴らしい曲に出会うことができた…どれもこれも既存のメディアでは到底流れないであろう曲ばかりであることを思うと、本当にこの「偶然」に感謝が絶えない。
(そういう意味では、大航海時代Onlineの「ZENG-IRC」と、そのマスコットキャラ的存在かつ「もじぴったん」の情報提供者となった「と●ん」氏にこそ感謝しないとね)

 ああそうだ、折角トイトルが「春一番」なんだから、春一番の動画を貼らなくてどうする!?

…しまった、これは「歌い出しが『春一番』」だった。
まぁ、適切なリンクを辿れば本家版でもVOCALOID版でも見つかると思いますんで、どうしても聴きたい方は探してちょ♪

2009年2月11日 (水)

建国記念「の」日

 本日2月11日は、建国記念日です…「建国記念日」ではありませんのでご注意願います。

Wikipedia-建国記念の日へのリンク

 どこの国でも、「その国が誕生した記念日」というものは、何がしか存在し祝うものだろうと思う(「建国記念日」「独立記念日」「革命記念日」などいろいろあるでしょうけど)。
 この「日本」という国が生まれたのが何時なのか、という問題を考えるとき、ひとつ気になるのは、現在の「日本国」と戦前・戦中の「大日本帝国」を同一の国家として考えるべきなのか否なのか?ということ。
 ついでに言えば大政奉還以前の江戸幕府、室町幕府や鎌倉幕府、大和朝廷などなどを全部同じとして考えるのか別国家扱いなのか?という点。
 恐らくは、「天皇」という存在がその血筋を絶やさず、(影響力の大小はあったにせよ)最高権力者として君臨し続けてきた…その事を根拠として「同一の国家である」という結論が出ているのでしょうけど。

 紀元前600年の2月11日に神武天皇が即位した、というのが本当か嘘かなんて私にはわからん、そもそもドコまでが神話でドコからが事実なのか、その境目もサッパリわからん…が、他に「この国の誕生日」に相応しい日が有るとも思えないですし、余程なにか新事実でも見つからない限りは、「建国記念の日」は2月11日で良いのではないでしょうか?

 折角なので、『現在の「日本国」と戦前・戦中の「大日本帝国」を別々の国家』だと仮定した場合、では何月何日が「建国記念日」なのか?を考えてみますか。
 …う~ん、わからん!
上記リンク先に当時の世論調査の結果が記載されていますが、これでいくと5月3日「憲法記念日」が有力なようですね。
 確かに、「日本国憲法」が発効することによって、「大日本帝国」から「日本国」に生まれ変わったその最初の日、と言うべき日なのかも知れません。

 以上、猫乃介の無学を晒すだけに終わってしまった感のある「建国記念の日」考察でした…すんませんもうやりません。

2009年2月 8日 (日)

再び参戦、FEZ

Fe200902082023227029625 3rdキャラ「日之影千穂」~王城前にて

 以前、「MMOつまみ食い」にて一度は「撤退」したはずの「Fantasy Earth Zero」を、急にやりたくなったので再び参戦しております。

 当時と違い、物理メモリを倍の1.5GBに増量したものの、グラフィックボードとCPUが最低動作保障ぎりぎり一杯…まあ、なんとか動いています。
 今回はちゃんとWikiも探し出し、しっかり内容は把握…しきれません。・゚・(ノД`)・゚・。
 豊富なアクション要素、めまぐるしく動き続ける戦況…その中で実に多くの判断を瞬時に求められます。
無理じゃあああああああ~っ。・゚・(ノД`)・゚・。

 やめときゃ良かった、などと言っても後の祭り…実は「初心者マーク」つけてウロウロしてる間に、何人もの親切な先輩方から講義や支援を山のように受けちゃいまして、いまさら引っ込み付かんのですよ。
 何とか少しでも役に立ちたい、恩返しがしたいのですよ。

 そう思って、人手不足で大募集中の「片手ウォリアー」と「氷ソーサラー」を急遽投入(上の画像は「氷ソーサラー」)しました。
 …が、キャラ性能以前に、「中の人の性能」が著しく不足しており(主に情報処理能力)、何やっても鳴かず飛ばず。

 ところで、先行していた弓兵(弓スカウト)「TearnaValk」、2キャラ目の片手ウォリアー「猫乃介」はともかく、3キャラ目に付ける名前の当てが無く(NYAINCE-CATは元々女性キャラの名前ストックが皆無)、しかたなく別の作品世界(と言っても構想だけ、全く作品化されていない)から流用しました。
 見ての通り、宮崎県北部の地名「日之影」「高千穂」が由来になっています。
…え?男性キャラで出れば良いじゃないかって?
男見てても楽しく無いもん♪( ゚∀゚)
「猫乃介」は本人の分身みたいなものだからともかく、最も長い時間画面の中央を占拠している「自キャラ」ですから、どうせなら可愛いほうが良いではないか♪

 …とても私にゃ歩兵戦は無理だ、決して満足な働きが出来るわけでは無いが、まだナイトで出たほうがマシだろう。
 個人のスコアなんて二の次三の次でいいからさ、とにかくチームの勝利に貢献してみたいものだ。

2009年2月 4日 (水)

人事院とマスコミの癒着

 霞ヶ関の黒幕はコイツだったのか…人事院総裁「谷公士」を相手に、この国を国民の手に取り戻すための戦いが始まった。

 MSN産経ニュース記事へのリンク

 また、昭和28年以降、人事官3人のうち1人は報道機関の幹部経験者の指定ポストで
毎日、朝日、読売、NHK、日経の退職幹部が歴任してきた。
閣僚経験者は「報道機関が人事院を批判できるわけがない」と打ち明ける。

 言わば、マスコミから人事院への天下りならぬ「天上り」が行われてきた訳だ…はて、「税金の無駄遣い」として「天下り」を批判し続けてきたのはドコのどなたでしたっけ??

 要するに、人事院の「院政」を打破するべく、先の「政令」が出されたのであって、それを必死になって叩いていた人達はつまり…そういうことなのですよ。
 自分達に都合の悪い「改革」に対し、官僚とマスコミと民主党が結託して妨害している訳だ…なるほど、行政組織と政党と報道機関がグルになれば、何でもできるってことですか。

ふざけんな~!!!!!(#゚Д゚)ゴルァ!!

 ここは何としても麻生内閣に頑張ってもらわねばなるまい…この日本国を、我ら日本国民の手に取り戻すために。

2009年2月 2日 (月)

新平ちゃん、壇上に立つ

 普段なら仕事してるか、夜勤明けで寝てるか、休みであればゲームしてる時間帯なんですけどね。
 新平ちゃん(松下新平参議)が、初めてテレビ中継のある中で代表質問を行うという事で事前にご案内を頂き、幸いに勤務明けで在宅しており、観る事が出来ました。
…ええまあ、一応年会費払って「応援団」入ってますので、葉書で通知が来てましたもんで。

 いかんせん、改革クラブは「5議席」しか無いので、質問時間が短い(5分?)。
本人及び改革クラブの「決意表明」と、「国会のあり方」について大雑把な質問しかできなかったようですが、「2ちゃんねる」の実況chの当該スレの反応も、概ね好感を持たれた様で何よりである。

 郷土の英雄高木兼寛の言葉「病気を診ずして病人を診よ」を例えに挙げ、政局争いに終始する与野党の有様を批判し、国家の一大事に党派を超えた結束が必要との認識を示した…全くもって同感である。
 これを受けた麻生総理の答弁の冒頭が、何とも痛快であった…新平ちゃんの質問の最中、ガヤガヤザワザワと妨害し続けた連中(どういう人達かは分かりますよね?)に向かって
「折角若い人が初めてしゃべるんですから、静かに聴いてやったらどうですか?」とザックリ。
 …全くだ、お前ら国民の血税使って運営している議会なのに、発言の妨害するとか居眠りするとか、審議拒否で空転させるとか引き伸ばし工作するとか、自分達が一番(時間と金を)無駄遣いしてるじゃないか!?
 ついでに言うなら「雑音」が酷くて発言が良く聞き取れないという事がもしあるならば、国会中継を見ている視聴者、日本国民への「知る権利」に対する重大な侵害行為であるとも考えられるのですがねえ…そこらへんどうなのよ?

 脱線しちゃいましたが…新平ちゃんには、これからも右とか左とかでは無しに、ど真ん中を堂々と進んで欲しいものである。