« 日食 | メイン | 迷走・どうなる宮崎? »

2009年7月25日 (土)

(今更)ベルベと商大と副官料理

Uki
 完全に船尾が浮いてます…タスケテ~∩(゚∀。)∩ ボスケテ~

 いろいろ冒険してきて、疲れたような飽きたような気がしてきたので、心機一転お金稼ぎに勤しむことにしてみました。
 カテ3が300枚以上溜まっていたので、紡績商→仕立師と転職し、今更ながらベルベット織りで一山当てようという算段です。
 ついでにガルシアのPFでヒツジを生産、ポンディシェリでも買い付けられるように家畜取引スキルも取り、トルコ絨毯でも稼げるように(ゴブラン織も作れる)。
 欧州への帰り荷はもちろんインド宝石(香辛料スキルはとうの昔に捨てた)、インドへの往路はカテ3補充のクエをこなし万全の体制。

 そんなこんなでついに交易レベルも64に到達…となると、やっぱり欲しくなるのが「商用大型クリッパー」ですね。
 以前は、「65までしかレベル上がらないのに、そんなでかい船で何を運べと?」というような考え方だったのですがね…しかし、クリッパー級の速度と大型ガレオン級の輸送力を兼ね備えた船、それが目の前(リスボン港前バザー)にあったのです。
Let's ∩(゚∀゚)∩ 衝動買い♪
 いや~、-18%☆3で60Mならお買い得っしょ?

 それと平行して、一気に副官2名交代!
残したのが史学家ダヴィデと生物学者ソニア(主に言語重視)、ダヴィデと交代で降ろす予定だった考古学者フィルマンと、何か壮大な勘違いをして船大工イゴールと交代させた守備衛生隊チェスターを解雇。
 鋳造+造船持ち、なおかつイスパニア交信可能な戦術家ヴィクトル(イスパ領での交易狙いと、イスパ亡命の可能性への布石)がまず決定し、あと1枠。
 紡績商シャルロットと仕立師フランシーヌの2択になり、悩んだ末にシャルロットに決定。
ベルベット織り+副官料理で、フォアグラの如く高速育成中だったりします。

 そういえば、Extra Chapter「Expedition」既に始まってますねぇ…当分手が出せませんけどね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/20647545

(今更)ベルベと商大と副官料理を参照しているブログ:

» 大航海時代 PS3 (大航海時代 PS3)
大航海時代 PS3の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「大航海時代 PS3」へ! [続きを読む]

コメント

前にどなたかのブログを見た限りでは
大型クリッパー→クリッパー→商用大型クリッパー→商用クリッパー
の順に速かったはず
積荷積まなければ無論速いよ
+○○%だったとしても

私の商大クリは無論+18%だが
基本的に旋回-1の帆作成用だったりする
フルリグドセイル?だったかな
1年近く離れると 生産品ですら薄い記憶しかないもので・・・。

>グラップラー様
 毎度有難う御座います。
 5本マストの推進力は伊達ではないようで、遠距離航海では大型クリッパー級の最高速度性能が活きてくるようですね。
 とは言え、近距離での取り回しはクリッパー級のほうが勝手が良いので、船員定数を揃えて頻繁に乗り換えてますが。

 さて、ついに今年の暮れにはジパングですよ~、エル・オリエンテ来ましたですよ~♪

>大航海時代 PS3様
 いらっしゃいませ。
実際に御サイトを拝見しまして、真っ当なサイトであることが確認できましたので、トラックバック承認させて頂きます。
 家庭用ゲーム機に、月額課金オンラインゲームはそぐわないようにも思いますが、一人でも多くの航海者達がジパングに辿り着くことを期待しております。

コメントを投稿