« 敗戦、一夜明けて… | メイン | 民主党とマスゴミの情報操作 »

2009年9月 7日 (月)

母をたずねて「3里」

 え?桁が間違ってるって?…いえいえ、今回の話はこれで合ってます。

河北新報の記事へのリンク

 毎日エサもらって、ぬくぬく生きてきたネコにとって、ある日突然「エサくれる人達」が一斉に居なくなる…そりゃさぞかし災難だったろうな。
 ネコにとっては「エサをねだる」という行為も、生きていくための「ハンティング」の一種なのかも知れない、その事でネコを責めるつもりは毛頭ない。
 問題なのはやはり人間側である、可愛いから、と安易に野良猫にエサを与えることは、私は正しいとは思わない。
 エサをやる、イコール、その「命」に対する責任を持つこと…そうでなくてはならない。
 今回の「ダム」君の場合は、なんとか「安住の地」に辿り着けたから「美談」で済むだろうが、もしかしたらその途上で野垂れ死にしたかも知れない、そう考えると私は怖い、怖くて簡単に野良猫にエサなんてやれない(実際、やらないことに決めています)。

 などとエラそうな事を言ってみたとて、やはりネコは可愛い、私も「猫乃介」なんて名乗っている位だから当然ネコ大好きな訳で…はぁ~困った困った♪

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/21430165

母をたずねて「3里」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿