« 水平線の彼方へ | メイン | 猫乃介と「無神論」 »

2009年12月16日 (水)

「El Oriente」開幕

Kaikoku
「カイコクシテクダサーイ!」

 そんな訳で開幕した「El Oriente」ですが、いきなり騒動になってますねぇ…ええ、私も大変遺憾に思っています

 昨年の「4.26長野騒動(聖火リレー)」もそうですが、我々日本人が「抑え込みやすい」と思われている証拠でしょうね、今回の「朝鮮海表記問題」も。
 私も警備員やってるから、昨年の長野県警にしろ今回のKOEIにしろ、そうせざるを得なかったと考えること自体は理解できるのですよ。
 「一般市民の生命・財産への被害を最小限に」と考えれば、暴れまくる中国人達を放置してでも、「チベット支援側」を抑え込もうとしたのはある意味仕方ないとは思っている…だからと言って明らかな暴力行為に及んだ中国人を逮捕しないのは言語道断だったが。
 今回のKOEIにしても、もろ「日本海表記」すれば南北朝鮮人がどんな破壊活動をするか知れたものではない…ならば「朝鮮海表記」にして、「比較的大人しい」日本人を抑え込む方向で考えるのは、営利企業のリスク管理としては仕方ないかも知れない。
 分かっている、分かってはいるのである…しかし悔しい
…「東海」で無いだけまだマシなのかも知れない、考えたくもないが。

 我慢して続けるか、怒って止めるか…その判断をするためにも、まずは勅命達成して日本上陸を果たさねばなるまい。
 いくつかの冒険(地理調査)勅命をこなし、商人勅命もやってみたが、やはり軍人の力が大きく影響するのは、新大陸に始まる過去の勅命と共通しているようで…さすがに準備してないので洋上戦は無理だが、陸戦ならもしかしてできるかも?と、ありあわせの装備で突撃してみた。

Yatta
日本…もとい、「フランスのために、やりました!
 目をグルグル回しながらも、1vs1なら何とか勝てるようです…時間がかなり掛かるので、効率の面から言うと微妙ですがね。

 …まあ、艦隊組んでやるべきなんですがね、本来は。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/22624075

「El Oriente」開幕を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿