« コミンテルンの陰謀 | メイン | MPJ始動 »

2010年2月26日 (金)

第一次宇宙戦争「俺の飯が無い!」

 女子フィギュアに限らず、日本人選手が五輪で(競技以外の部分で)煮え湯を飲まされるのは毎度のことなので、放っておいて別の話を。

 asahi.com 2/23日付記事へのリンク

 とりあえずは「笑い話」で済んだようですが、場所が場所なだけに、一つ間違えれば生命の危険にも繋がりかねない問題であり、宇宙機構の担当者が「肝を冷やした」と言うのももっともな話である。
 サバの味噌煮を白人連中が「喜んで食べる」なんて、ちょっと意外な感じですが…食べることくらいしか楽しみが無い閉鎖空間での生活ですから、何でもチャレンジするのかも知れませんね。
 日本人の「食へのこだわり」や、日本という国の「食品加工技術」を考えれば、まあこういう事も有り得るのかな、と…とは言え、
人類選りすぐりのエリートである「宇宙飛行士」が、そんなおバカ連中で良いのか~!?
総理大臣が漢字を読み間違うのとは訳が違うのだぞ、まったくもう。

 このニュースが伝えられた「2ちゃんねる」のスレッドで、こんな話が紹介されていた↓
(誤字・脱字もそのまま訂正なしでコピー&ペースト)

**引用ここから**
・インド人と羊羹
印「小腹減ったなぁ・・・夜食までは必要ないんだけど。」
俺「確かに、腹減ったなぁ」
印「チョコバーでも買ってくるかなぁ・・・でも太るし、買いに行くの面倒。」
俺「なら、これ食う?」<糖分補給に愛用している、コンビニで買った50円の小さな羊羹を差し出す。
印「何これ?(・~・)モグモグ・・・ウマー!もう一個頂戴!」
俺「いいよ、ほら・・・」
この流れを3回繰り返す。印度人羊羹の虜に。
この事が切欠で、開発が羊羹に侵食する事に・・・
 以下、この半年のうちの開発の羊羹史
翌週、この印度人が羊羹箱買いし、会社の冷蔵庫の一角を占拠。上司の怒られる(つД`)
2週間後、印度人が他のスタッフに夜食羊羹について熱弁する。
3週間後、印度人の買い置きの羊羹が、他の外国人スタッフ多数に食われ(つД`)になる
一ヶ月後、うちの開発スタッフ過半数の簡易夜食用常備食が羊羹となる。
二ヵ月後、開発スタッフのなかで、羊羹がこし餡派と粒餡派で大論争になる、決着は着かず。
三ヶ月後、開発部の冷蔵庫の一角に羊羹(つぶ餡&濃し餡)が常備されているのが普通になる。
四ヶ月後、納期間際でスタッフ全員が徹夜になり、羊羹が切れて大問題になる。
      深夜、俺が大量の羊羹を買いにコンビニを走り回る羽目に(つД`)
五ヵ月後、午後三時の休憩にも、一部スタッフが羊羹を食べる様になる。
半年後の現在、三時のの休憩に羊羹が「おやつ」として定着。
 最近では、外国人スタッフも含め、お取り寄せ羊羹の試食会までするようにまでに。
ある欧州人スタッフ曰く、「羊羹は最高のガソリン」とまで断言する奴までいるし。
何はともあれ、この半年でうちの開発スタッフは羊羹に侵食された模様ですw

**引用ここまで**

 このインド人が面白いのはともかく、「羊羹」が携帯食として優秀なのは私も同感です。
保存・保管が比較的容易であること、単位量当りのカロリーが高いことを考えれば、米軍のレーションで言うところの「チョコバー」に匹敵する高い機能性を備えていると思います。
 まあ、後は好みの問題のような気もしますが、毎日食べても飽きないほど美味かったっけ?…上品な羊羹なら、あるいはその域に達するのかも知れない。

 そうそう、「日本人と食」と言えば、こんなコピペもよく見かけます↓

**引用ここから**
日本 「すまん。トイレ逝ってくる」
米露韓中北「いってらー」

中国  「(ヒソヒソ)日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に
      入っても怒らない」
韓国  「独島を占拠しても怒らない」
ロシア 「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
米国  「よせ、それはもうおれがやってみた」

米露韓中北  「一体どうすれば…(途方にくれる)」

中・韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、
      逆にビザ免除に動いてくれてるし‥」
北・露  「ふーむ…」

米国   「・・・あ、でも、牛肉に脊柱にいれたら、
       日本国民が激怒したな‥」
露韓中北 「それは、おまい怒るよ」

中国「野菜に毒(農薬?)盛ったら怒ったぞ?」
韓国「生ゴミ餃子も怒った」
米国「寄生虫の卵を食い物に入れて輸出しあってる奴はちょっと黙れ」

ロシア「あいつ、食い物以外じゃ怒らねーんじゃねーの?」

米韓中北 「あ!」
**引用ここまで**

 一種のブラックジョークでしょうけれど、事実のようにしか見えません。
確かに、「食べる事は生きる事」ですから、他の事はどんなに我慢を強いられても、食べ物の安全だけは何が何でも守らなくてはなりません。
 本音を言えば、いい加減土下座外交やめにして、憲法第9条改正して自衛戦力整備して、「普通の国」になるべきだと思うんですがねぇ…とりあえず食料自給率だけでも何とかしてくれ。

 さて、ニコニコ動画で悪いけど(youTubeはIOCが必死で消しまくってるらしいので)、件の検証動画置いておきますね…

 結局、フィギュアスケートって競技が、その程度だっていう事ですよ…ふっ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/23441981

第一次宇宙戦争「俺の飯が無い!」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿