« 「中山先生を囲むOFF」 | メイン | インターネット大勝利!? »

2010年10月29日 (金)

最後の「九州一周駅伝」

 どんな旅にも終わりは訪れる…それは分かっているつもりだったが、いざ目の前に突きつけられてみると、やっぱり寂しい。

http://www.nishinippon.co.jp/nsp/ekiden/2010/all/kiji/20101029/20101029_0001.shtml

 別に、大会そのものが消滅するって話では無い、ただ、本当の意味での「九州一周」ではなくなる、ということなのだ。
 実際、「九州一周」という名称そのものは残るのだが、現在のような10日間72区間が1本の線で繋がったものではなくなり、独立した駅伝大会が8日連続で行われるようなものになってしまうらしい。
 カットされる主な区間が、「鹿児島県の一部」や「宮崎・大分県境の山岳部」というから、亀割バイパスや宗太郎峠が消え、平地主体のコースになるのであろう。
 主な理由が「選手の負担軽減」とあるが、恐らくは交通事情の悪さ(迂回路・バイパス又は高速道路未整備)も理由の一つなのでは無かろうか。

 悪い話ばかりでも無い…「沖縄ステージ」がもしも新設されるとすれば、これまで毎年のように「超アウェー戦」を強いられてきた沖縄県チームが、ついに「お国入り」を果たすことになる。
 もちろん、これまでも沿道の観衆の多くは、地元チームの応援だけでなく、最後の走者が通過するまで暖かい声援を送り続けてきたであろうが、それでもやはり「地元の声援」の有り難さは、何物にも代えがたいのではないだろうか。

 えっ、山口県?…う~ん、西日本新聞社と交渉してみて下さい。
いっそのこと、関門橋をコースに入れてみるとか?…高速道路だけど。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/25321207

最後の「九州一周駅伝」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿