« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

高岡蒼甫氏発言問題

 最初に断っておくが、私は今回の騒動まで、「高岡蒼甫」という名前に全く覚えが無かった。
ついでに言えばその妻「宮崎あおい」(崎、という字が違うらしいのだが変換できない)も知らん。
 …だって「篤姫」観なかったもん、そもそも大河観なくなって久しいし、それ以前にTV観なくなったし。

 「8は今、マジで見ない。韓国のテレビ局かと思うこともしばしば。 うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど」

 この発言が、「騒動」の発端だそうだ。
 宮崎県では「8」と言うとNHK総合を指すが、首都圏ではフジテレビの事を言うのだとか…そう言えば「エイトマン」「みなしごハッチ」「ロボット8ちゃん」は全部フジだよなぁ、だからどうしたと言われても困るが。
 この人の発言のポイントは、「韓流」をゴリ押しするマスゴミに対して「気持ち悪い」と言っているのであって、韓流そのものや韓国それ自体を非難しているわけでは無い点、それなのに「韓流や韓国を侮辱するとは何事か!?」という流れで非難殺到、挙句には「自主退社」(どう見ても詰め腹切らされたとしか思えん)…ここは一体ドコの国ですか?

 自分達に都合の悪い発言をする者に対しては、あらゆる手段を使って「抹殺」するその手法に対し、「君子危うきに近寄らず」「触らぬ神に祟り無し」という防衛手段を思いつく人は多いだろう…もう、そんなTV、そんなブーム、そんな国に「関わり合いたく無い」、と。

 別に、他人が何観ようが何食べようが知らないし、関係ない…但し、ウチは間に合ってる、目の前に持ってくるな!

 このままでは、そう遠くない未来、↑の歌と同じことになるだろう…いや、もう手遅れなのかも知れないが。

 記事の内容から、スパム来襲が予想されますので、例のアレ(最新記事のみコメント禁止)を再発動させて頂きます、悪しからず。

2011年7月20日 (水)

猫乃介、40歳

 とりあえず時限式で、日付が変わった瞬間から公開されることになりますので、もしかしたらもしかするかもですが、一応「40歳」になりました~…の予定。

 何も変わらないです、「40年間生存しました」という実績だけです。
論語では40歳を「不惑」と言いますが、未だに毎日大根Run!…じゃ無くて大混乱です。
迷ってばっかり、全然決断力無いままこの歳になってしまいました。

 まあ、頑張って生きるしかありません。
こんな私でも、誰かの、何かの役に立っているということであれば、いずれは何かが見えてくるのでしょう…

 泣いても笑っても、一度っきりの人生です、精一杯頑張って生きましょう。

2011年7月 7日 (木)

九州電力よ、お前もか…?

 私が現在利用しているインターネット回線「BBIQ」は、QTNet(九州通信ネットワーク株式会社)が運営しており、このQTNetは九州電力のグループ会社である。
 そのBBIQブログで、九電の不祥事について書くのもどうかと思うが…まあ、とにかく非常に困惑しております。

 福島原発の事故、及びその後の対応を苦々しく見ながら、それでも私は九州電力については楽観していました…「東電だけがバカなのであって、我が九電はあんなことしないに決まっている」という、根拠の無い変な自信を持っていた。
 で、今回の「やらせメール」問題である。
 そもそも、「原発の安全性について説明する番組」とやらで、住民側代表として出演した面々が、公平に選抜されたのかどうか?という点についても疑問符が付いていたのに、追い討ちを掛けるが如くのこの始末、施設そのものの安全性と直結するかは何とも言えないが、地域住民はもちろん国民全体に対して、不信感を増大させてしまったのは間違いあるまい。

 ただでさえ電力事情は逼迫しており、原発は簡単に再稼動できない、火力発電に頼ろうにも燃料の確保という高い壁が立ちはだかる…いよいよ九州も「計画停電」秒読みか?

 このタイミングで、小丸川発電所の運転開始が間に合った。
 電気新聞記事へのリンク
 世の中にはいろんな業界紙があるのだなあ…それはともかく、この「最大出力120万kw(4基合計で)」って、結構大きいですよ。
 宮崎県でこれまで最大の水力発電所だった「一ツ瀬発電所」が最大出力18万kwでしたし、県内既存の水力発電所の総合計に匹敵する発電力を、ここ1ヶ所で叩き出す計算になります。
 ただし、「揚水式」なので、電力の余っている時間帯に予め汲み上げて、電力逼迫時に発電することになるので、その点は注意が必要ですが。

 猛暑突入は目前、電力事情待ったなし…果たして九州電力は信頼を回復できるのか?そして我々九州人の運命やいかに??
 誰かさんのせいで、「九州人(と、B型の人)は、日常的に恫喝まがいの発言をする」と誤解されているのではないかと不安ですが…。