« 平成二十六年度上半期テーマソング選考会場 | メイン | 当司令部の戦力状況メモ 26年4月版 »

2014年3月19日 (水)

平成二十六年度上半期テーマソング・決定

 (前回の続きです)

 「東日本大震災」から丸三年が過ぎましたが、復興の目処という光明はなかなか見えそうで見えませんね。
…ということは、「九州新幹線(鹿児島ルート」全線開業から丸三年でもあります、何しろ、震災の翌日でしたから。
こちらは九州に光をもたらしてくれましたが、ルート上にない宮崎県からは溜息も聞こえましたね…まあ費用対効果考えたら宮崎に新幹線は有り得ないにしても、「せめて高速(道路)は…」という切実な思いはあります。
 そんな中、ついに先日宮崎~延岡間が高速道路で繋がりました!東九州道が北九州まで繋がるまであと一息、ようやく一筋の光明が見えてきた気がします。

 などと散々前振りして、次年度上半期テーマソングの発表となりました…こちらです。

SHO(キセノンP)feat.初音ミクV3ひかり(作詞・作曲:SHO(キセノンP))

 この人の曲(て言うか、「重金属英雄列伝」)使うの、これで何度目だっけ?…仕方ないがな、ヘビメタ分からんのを差し引いても、「重金属英雄列伝」には「日本の誇り」が沢山詰まってますので。
 ”開業以来、「新幹線に乗車中の乗客」の死傷者は累計で0人である”
という、驚愕の記録は今日も継続更新中である…50年もだよ!?
 東海道新幹線開業から、今年で丁度50年を迎えます…半世紀もの間、世界中のあらゆる乗り物よりも「速く、正確に、そして安全に」乗客を運び続けている新幹線こそ、我らが日本の誇りです。
 更には、「とき325号英雄伝説」から10年を迎えます、その教訓を最大限活かせたからこそ、「東日本大震災」で新幹線の脱線事故がただの1件も無かったのでしょう。

 おおう、もう一つ話があったのに忘れるところだった…実はこの「ひかり」という列車名、元々は九州内の急行列車の名称だったのですよ。
 新幹線に「ひかり」の名を付けるにあたり、元祖「ひかり」の代わりの列車名が必要になり…その名もにちりん、ええ、そのへん(日豊本線)走ってるアレです♪
 そう、「ひかり」とは、日輪より出づるものなり、なのです!
…そう考えると、戦艦に「敷島」「扶桑」「大和」と付けるのと殆ど同義、と言えるのかも?

 「新幹線」とは、車両のみを指す言葉ではありません…安全な運行に関わる「システム」全て揃ってはじめて「新幹線」たりうるのです。

叫ぼう、声張り上げ
僕らはまだ倒れない
まだ見ぬ壁の向こうへ
日の本はまた昇る

さあ、頑張るぞ、日本!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/32156435

平成二十六年度上半期テーマソング・決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿