« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月11日 (日)

「警備員の世界」1.警備員・警備業とは?

 さて、「警備員」「警備業」とは一体何なのか?というところから始めましょう。
…皆さん、警備員って、見たこと有ります?
そして、その警備員はどんな仕事をしていましたか?
 建物の入り口で見張りをしていたり、工事現場で旗(又は棒状の何か)を振っていたり、
現金輸送車で現金を運んでいたり、イベント会場で大勢立っていたり…普段目につきやすいのはこのあたりでしょうか。
勿論他にも様々な場所で、色んな仕事をしています。

 我々警備員は、「他人の需要に」応じて、その当該他人の「生命・身体・財産」を守る仕事をしています。
そして、警備活動を行って、その対価を得る営業活動が「警備業」です。
その「警備業」を行う事業者を「警備業者」と呼ぶわけです。
 警備員は「公務員」とは違いますし、「ボランティア」とも違います。
契約によって依頼主の為に仕事して、警備料金を頂く「商売」です。
サービス業、若しくは代行業の一種だと考えて良いでしょう。
アナタが飯食ったり、外出で留守したり、寝ている間、アナタの代わりにアナタの「生命・身体・財産」を守りますよ♪
…って訳です、勿論お金取りますよ、そういう商売ですから。
ファンタジー世界で例えるなら「傭兵」かな…まあ、武器は持てませんが。
 そしてここが肝心なのですが、我々警備員には「特別な権限」は一切有りません。
あくまでも一般国民が、「通常取り得る限りの行為」の範囲内でしか活動できません。
目的達成の為に必要な「知識と技能」は持ってますが、それ以上の特別なものは何も無いんです。
 業務内容によっては「護身用具」を携帯している場合が有りますが、あれも実は「特別な権限」では無く、「正当な業務の為に必要だから持っている」、という解釈になります。

 逆に言えば一般の国民が当たり前に持っている権利・権限は、当然我々警備員も同じように行使できます。
…何か、「警備員は権限ゼロ」って変な誤解をした方が、酷い態度を取ることが有りますが(有ります)、
「特別な」権限が無いだけです、おイタは大概にしないとどうなっても知らないのです

 まとめますと、
1.契約に基づいて、対象者の生命・身体・財産を守る
2.特別な権限は一切無い
3.その為に必要な知識・技能・装備を持っている
4.料金はきちんと頂きます♪

 という訳で始まりました「警備員の世界」
たったこれだけの文章を書くのに何週間掛かっているんだ俺!?
そして終わらせるのに一体何年掛かるのやら??
開けちゃったパンドラの箱はもう閉まらない…