« 球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・序盤戦 | メイン | 球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・終盤戦 »

2017年5月31日 (水)

球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・中盤戦

0931 人吉温泉行「8D」車内
 あさぎり駅から列車旅再開、今度は乗客も多めで私も他の乗客と並んで「丸テーブル付きの」ロングシートへ。
輸送力を要求される場面が少ないのかも知れないし、お年寄り向けに手すりの代用としても有効とも思えるし…所変われば品変わる、という事か。
 気軽に写真を撮る状況でも無くなり、どうにか「球磨川」の写真を1枚撮るのがやっと。

2017041609460000268

 「球磨川第四橋梁」から下流方向を撮ってみた…うん、これだけだと「ただの川」だ。
 やがて、列車は人吉市内へ…なのだが、終点の人吉温泉駅では無く、敢えて一つ手前の「相良藩願成寺」という駅で降りる事にする。

0952 相良藩願成寺駅

 名前の通りなお寺っぽい造りの駅舎な駅に降りる。

2017041609530000269

 …ここから徒歩で人吉城址を目指す。
雨だったら大人しく終点まで乗るつもりだったが、何とか曇りで持ちこたえているので城址行きを強行する事に。
尚、背中には5kgの米袋、手には降雨に備えた傘…どう見ても変なおじさん以外の何者でも無いな。
 途中、学校や水路(アヒルも居たが…逃げられた)の横を抜け、20分程歩いて球磨川に架かる橋を渡り、人吉城址へ。

2017041610140000270

1015 人吉城址公園

 取り敢えず上を目指そうと、大きめの石(岩?)で作られた急峻な階段やお世辞にも歩き易いとは言い難い坂道を上る…バリアフリー?なにそれ美味しいの??
そりゃ城ですもん、「城塞」ですもん、それ自体が「バリア」ですもん…誰だ、こんな所を「5kgの米袋」担いで登るアホは!?
わたしです。・゚・(ノД`)・゚・。
 結果、中腹(二の丸?)の東屋で力尽き、暫し休憩してさっさと退散_| ̄|○

2017041610240001

 気を取り直して人吉駅方面へ向かいます…途中、球磨川の支流と長櫓に行く手を阻まれ(要するに迷子)ながら、どうにか中心市街へ。

2017041610400000

1100 青井阿蘇神社

 大通りをてくてく歩いて、途中鍛冶屋の軒先の人だかり等を横目に、次の目的地「青井阿蘇神社」に到着。

2017041611010000


 普段からそうなのか偶々なのか、境内のあちこちで掃き掃除が行われ、多くの参拝客が行き交う中、私も参拝やら散策やら。
 ただもう既に疲労困憊で、ただ単に「来た」以上の何も出来なかった、というのが本当のところ…そのままふらふらと「お隣」へ移動することに。

1115 人吉温泉物産館

 ここまで来れば、人吉市内での残りの3時間は全て人吉駅の周囲で過ごすだけである…少し休みたい、冷たい物でも飲みながら暫く座りたい。
 この「物産館」には足湯が有り、タオルも販売してる…のだが、恐らくはそのタオル代が入湯料の代わりなのだろう。
実はタオル(大艇ちゃん)持ってきてたんですがね…タオル代払わずにタダで入って良いのか判断が付きかねた為、結局スルー(30分滞在したが利用者はゼロだった)。
 で、入り口付近で売ってた「スムージー」なるものを購入…シェイクだかシャーベットだかに太いパイプストローがぶっ差してあって、カチカチに凍ってて飲めないんだな、これが。
それこそ足湯に浸かって、融けるのを待ちながらゆっくりするには良いものなんだろうが、気が付いた頃には後の祭り。
 ここの郵便ポストに郵便物を投函すると願いが叶うとか何とか…2枚の「球磨ちゃん絵葉書」の1枚をここで投函(送り先は「自宅」)。
 会社用と我が家用のお土産(菓子類)を買い込み、頃合いとなった…さあ、人吉駅へ!

 やっと半分かよ…終わらないぞどうすんだこれ!?
続き、後半戦はまた後日な…

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/34059090

球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・中盤戦を参照しているブログ:

コメント

立派なブログだ。。。。

>マテ様
わざわざお運び頂き有難う御座います。
立派かどうかはさて置き、これだけ貯まれば一つの財産かと。
主に本人が読み返すだけのブログですが、
万が一、何かのお役に立てれば幸いです。

コメントを投稿