« 球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・中盤戦 | メイン | 球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・撤退戦 »

2017年7月 2日 (日)

球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・終盤戦

1150 人吉駅

2017041611540000

 「SL人吉」の到着時刻が迫り、動いている蒸気機関車を生で見る人生初の瞬間が訪れようとしていた。
 水を沸騰させて、蒸気でタービンを回して何か機械を動かす原理は、鋼鉄艦も原発も、そして「陸蒸気」もほぼ同じ、という「知識」はあるのですが、
百聞は一見に如かず
とは良く言ったものです…。
 そして正午を7分程過ぎる頃、それはやって来ました!

2017041612070000

 そして私は気が付きました…自分は「撮り鉄」には向いていない、と。
だって写真撮るのに必死で、ゆっくりこの目で見る暇が無いじゃないか!!!
私が欲しいのは写真じゃ無い…この目で見たという事実、記憶、思い出である。
…動いている物を無理して撮影するのは金輪際止めよう。

 次の標的(?)が来るまでに、跨線橋を渡って駅の北側へ…っと、その跨線橋内でどこかで見たようなイラストを見掛けた。

2017041612440000

 市房山は流石に無理だが、湯前駅近郊の里宮なら帰りに寄れるかも。

1220 人吉鉄道事業部

 普通に考えたら「部外者立入禁止」でもおかしく無い所なのだろうが、「石造機関庫」や「転車台」を見物できるように一般公開されている。
…念の為補足しておくが、事業部の敷地内に入れるだけであって、機関庫や線路内には当然入れないぞ?柵の外から眺めるだけだぞ?
ついでに言うと事業部の建屋内に「投炭練習機」も有ったのだが…背中の米袋で一杯一杯ですので辞退。

2017041612310000

2017041612350000

 転車台は昔、南延岡で見たなあ…扇状の機関庫も。

1255 人吉駅(再)

 1300に到着する「かわせみ・やませみ」と、1305に到着する「いさぶろう・しんぺい」を同時に見る事ができるとあって、「SL人吉」にも負けない程に観客多数。

2017041613070000

 両者が止まっている所を落ち着いて跨線橋上から撮ってみた。
まあ、ガワはどちらもキハ40と大して変わらんがな…やっぱ乗ってナンボでしょ、「観光特急」は。
一度は乗りたいぞ海幸山幸。・゚・(ノД`)・゚・。

1315 人吉駅弁やまぐち

 人吉なのに山口かよ?まあ確かにどちらもSL走ってるよなあ…などとボケをかます余裕も無く、待望の「駅弁」を喰らうべく駅前の弁当屋に突入。
もうホームで買って列車内で食べるのは諦めた、せめて駅弁を食ったという実績が欲しい!と考えた結果、お手頃価格な普通の行楽弁当を横目に、レジ横に鎮座する「鮎ずし」を購入。

2017041613150000

 頭も骨もしっかり有るので、慣れてないと難しいと思う…良いんだ、それでも俺は鮎ずしが食べたかったんだ。

 この後、やはり駅前の土産物店にて、球磨焼酎やキジ馬などの土産物を買い込み、帰りの列車に乗るべく「人吉温泉駅」へ向かいます…その「撤退戦」の模様はまた後日ということで。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/34065174

球磨旅~くま川鉄道で行く人吉盆地の旅・終盤戦を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿