« 南号作戦~観光特急海幸山幸で行く日南市日帰り観光~ 復路編(と、感想戦) | メイン

2018年9月30日 (日)

平成三十年度下半期テーマソング選考会場

 台風最接近中の宮崎です…まあ、停電2回食らった以外直接の被害は(ウチには)ありませんが。
 明日から平成最後の下半期ですが、取り敢えずはいつも通り、今半期のテーマソングを選定します。

 この夏に47歳になり、以前にも増して物忘れやうっかりミス、体力や視力の低下等々…どうしても老化を感じずにはいられません。
 そして歳を取ると、周囲の方々や有名人などの「訃報」も聞こえてくるようになります…歌丸師匠みたいにそれなりの御歳ならともかく、西城秀樹ってまだ60代だったでしょうに!?早すぎんだよバーロー。・゚・(ノД`)・゚・。
…まあ脳梗塞やってたら仕方ないか、良く頑張ったと言うべきなのか?せめてもの救いは、「ヒデキ、還暦!」のネタは回収されたっぽい事か。

 これらの状況を勘案して結果…この曲に決定しました。

 西城秀樹「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」(原作詞:Henri Belolo・Victor Wills/日本語訳詞:あまがいりゅうじ/作曲:Jacques Morali/編曲:大谷和夫)

 もう説明の必要が無い位、当時の国民に愛され今なお語り継がれる大ヒット曲ですね。
 勿論元歌がしっかり作られたものである事が大前提ですが、元ネタ完無視の超野心的なあまがい氏の訳詞、更にアップテンポにカッコ良く仕上げた大谷氏の編曲、そして何よりヒデキの若さと情熱の溢れ出る熱演っぷり、これら全てが起こした奇蹟…それがこの「ヤングマン」です。

 ところで…今年度上半期の訃報の中に、「ちびまる子ちゃん」の作者「さくらももこ」氏も居ましたねえ…そしてこの歌もまた注目される事に。

 西城秀樹「走れ正直者」(作詞:さくらももこ/作曲・編曲:織田哲郎)

 はっきり言って酷い歌詞ですが(よくこんなのヒデキに歌わせようとしたものだ…)、これを全力で歌ってしまえる辺りが西城秀樹の凄さなんでしょうねえ…いや曲書いた織田さんも凄いけど。
 正真正銘、全力全開で走り続けた「正直者」…それが西城秀樹だったのである。

 私はとてもあんなには走れない…せめて、せめて正直でありたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394904/34145849

平成三十年度下半期テーマソング選考会場を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿