雑談 Feed

2014年10月 5日 (日)

この「日本」で生きる=災害と向き合う

 今まさに台風接近中な宮崎です…何とか大きな被害が出ずにやり過ごせる事を願いつつ、その進路を見守っているところです。

 先日の御嶽山噴火にしろ、その前の広島土砂災害にしろ、行政側の不手際ばかりを論っても根本的な解決にはならないと思う。
 行政も立法も、そして何より国民全てが、今一度「安全とは何か?」「自然災害とどのように向き合うか」と云うことについて、しっかりとした考えを持たねば、何度でも悲劇は繰り返されるだろう。

 昔、ある工事現場の「安全訓練」にて、興味深い安全講話を聞かせて頂いた事がある。

 講師曰く、「安全とは『許容可能な危険』が存在する状態」を指すのだとか。
 完全に「危険がゼロ」になる事は、実は有り得ない…道を歩けば交通事故の可能性は少なからず存在するし、例え自分以外に誰も(人も車も)居なくとも、転んで怪我をする可能性はゼロではない。
 毎年、交通事故で何千人もの死者を出し、何十万人もの負傷者を出しながら、「自動車を廃止しろ」とはなりませんよね?
 「何人かの死者」を出した為に「こんにゃくゼリー」が規制されましたが、その何十倍も何百倍も殺してる「餅」を規制するって話にはなりませんよね?
 どの危険を「許容」し、どの危険を「排除」するか…それは我々一人一人が自分で決めなければなりません。

 同じ講話にて、「安全の確保」の方法と言うか、手順のようなものの説明もありました。

1.「計画」の見直し

 例えばある工事にて、「Aの方向から掘ったら危険」な場合、では「Bの方向から掘ったら」その危険が回避できるか、を考える。

2.「技術(手段)」の見直し

 例えば「油圧ショベル(ユンボとかバックホウとか)」で掘ったら地下埋設物を壊すんじゃね?という時に、じゃあ人力で掘ろうか?という具合。

3.注意喚起

 前2つまでで危険が排除しきれない(許容限度を超える危険が残る)場合、予め予想される危険の存在を知らせて注意させる。
 「ここにバナナの皮が落ちてるぞ」と言われて、わざわざ踏んで転ぶ人は、多分居ませんよね?

4.保護具の着用

 前3つ全てやって、どうしても危険度を下げきれない場合、ヘルメットや安全靴、プロテクター等で身を固めて被害を最小限度に抑える。
 工事現場は間違いなく「危険な場所」なので保護具を着用しますが、それ以外でもヘルメット一つで防げる危険、結構有るものです。

 最善を尽くして、それでも防げなかった事故や災害も確かに有ると思う…「助からなかった人」が全員残らず間抜けだとは到底思えないが、「生還した人」には必ずその理由が有るはずなのである、本人がそれを理解しているか否かに関わらず。

 与えられた「安全」に胡座をかくな!「何が何でも生き残る」その信念こそが、己を護る力となろう。

 最後に…「平成二十六年度下半期テーマソング」は、当初の予定通り
「3TO4 戦士のクローバー」に決定しました。
なお、「ゆきかぜのたからもの」については、「二十七年度上半期」にもう一度採用の可否を選考します…どうせ歌うなら冬より夏でしょ?

 さて、私の場合、「19年前の約束」になるんだろうな…答は、未だ分からず。

2014年7月20日 (日)

四十さぁ~ん∩(゚∀。)∩歳

 これと言ってネタも無いまま、43歳の誕生日を迎えました。

たまたま日曜日なので勘違いしそうになりますが、誰かさんの陰謀で召し上げられた「祝日」は 明日なんだよね…

 元々、旧「海の記念日」って、明治天皇を乗せた船が東北巡幸から横浜港に

無事に帰ってきた日なんですよね。

最初にこの話を知った時は「出発日とかじゃ無くて帰ってきた日かい!?」と、少々困惑したものですが、警備員やってる今なら良く分かりますよ。

出発するのは誰でも出来る、しかし、無事に帰ってくるのは全員とは限らない…ってね。

ガガーリンもそうだ、「はやぶさ」もそうだ、アイツらが凄いのはちゃんと帰ってきたからだ!

200万人提督さん達の大好きな「木村昌福」将軍も言ってましたやん、

「帰ろう、帰ればまた来られるからな」ってね。

2013年9月22日 (日)

平成二十五年度下半期テーマソング選考会場

 半期に一度のバーg…え、それはもういいって? とにかく毎度恒例のテーマソング選考の時期となりもした。

 夏の甲子園で我が県代表延岡学園が、実に48年ぶりとなる4強入り県勢初の決勝戦進出を果たし、惜しくも優勝はならなかったものの堂々の偉業、まだまだ宮崎∩(゚∀゚)∩始まった!状態に衰えの気配無し。
 という訳で当初の予定通りきんかんたまたm…いやその、「たま子のラブソング」で決定しようと思った矢先、偶然このような楽曲を↓

 

 

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 宮崎牛!宮崎牛!
  (  ⊂彡 

 これは燃えますね、萌えも必要だが燃えも必要、さて困った…

 他に、直近の話題といえば、「ななつ星in九州」と「艦これ」でしょうか…関連しそうな楽曲を探っておりますが、さすがにこれは難しいですね。
 まさか軍歌を、とも行きませんし(恐れ多い、と言うかそういう使い方するもんじゃない)。

 もうしばらく、継続審議です…金柑か牛か、どっちにしようかな?

2013年4月17日 (水)

現況報告(25年4月)

 年度が替わり、仕事も一段落…「41歳の春」を迎えました猫乃介です。
…落ち着いたのは良いんですが、毎年の事ながら一気に仕事が無くなり、
夢の週休∩(゚∀。)∩五日制状態!
というのは何とかならんもんかと。

 ようやく歯科医通いも一段落しました…丸1年強の歳月と10万円以上の自己負担の結果、下の前歯~犬歯7本を残して全て義歯に入れ替わりました。
上の歯は殆どが接着剤でくっつけているのですが、上下奥歯はブリッジ式で着脱可能なので、普段は外していることが多いです…入れ歯とは言え、異物を口に入れっ放しは辛いので。

 大きな変化がもう一つ…「大航海時代オンライン」5回目の休止に入りました。
年度末進行に目処が付いた3月上旬に復帰、そのままアップグレードも行ったばかりでしたが、今回の尻尾リビルd…違った、「シップリビルド」について行けそうに無かったので。
なんで月額料金払って、そーしゃるげーむと同じことせにゃならんのよ?

 それでも、大航海に代わるゲームなど無いのは周知の事実(だから結局また帰ってくることになる)…だったのだが、今回は少し状況が異なる。
実は、2月のある日、純国産ウォーシミュレーションゲームなる広告を目にしまして、始めてみたのが「星海」というブラウザゲーム。
 まあ極論すれば良くあるカードゲームと大差無いのですが(船長カードと艦船カードの組み合わせ)、取り扱う情報を絞り込んで、運・ランダム要素を強くして、単純ながら奥深いゲーム性を持った興味深いゲームになっているように思えます。

 ところで、ラフィール姫もジント君も、猫のディアーホも見当たらないのですが…えっ?
せいかい」じゃなくて「ほしうみ」って読むの??∩(゚∀。)∩どぼ~ん!

2013年3月10日 (日)

平成二十五年度上半期テーマソング選考会場

 ようやく、年度末進行の終わりが見えてきたかな~?という今日この頃、ここ最近は一日中列車を眺めて暮らしております。
…あ、いやその、列車見張員ですよ、仕事!仕事!

 建設作業員の人手不足が騒がれておりますが、我が宮崎においても…まあ、作業員の不足は年度末恒例ですが、以前にも増して交通誘導警備員の人手不足が深刻化しております。
 何せ、県の警備業協会に建設業者等からの問い合わせが殺到し、「人員に余裕が出たら連絡を~」的な、赤松口蹄疫以来の異例の通達が出されるほど。
 一種のインフレ状態な訳ですが、残念ながら警備料金ひいては警備員の賃金が直ちに上昇する、とは参りません。公共工事の「設計単価」は急には上がりませんので。

 さて、半期に一度のバーg…違った、テーマソング選考の時期となりましたが、今回は割りとすんなり決めてしまいました。

 昨秋の「宮崎牛連覇達成」に続き、暮れの総選挙では宮崎1区~3区自民党完勝+中山元文科相復活+上杉元自治相比例中国ブロック当選+東国原元知事も当選、更には記憶に新しい鵬翔高校サッカー部全国制覇…これはもう、

宮崎∩(゚∀゚)∩始まった!

 と言っても良いくらいの快進撃状態、それならばと満を持して選出しましたのがこの曲です。

キナコ「ゆるゆるみやざき☆ポップ☆」(作詞:みやざきアピル隊/作曲:キナコ/編曲:tamaライス)

 これでもかと詰め込まれた「宮崎の魅力」と「自虐ネタ」、前知事の人気だけに頼ってきた以前と違い、「自分達で頑張るぞ~…明日から♪」的なパワーに溢れた衝撃もとい笑撃の一作です。

 かなり気が早い話ですが、「下半期」候補にはこちらを↓

きんかんたまたま∩(゚∀。)∩略し隊!

2012年12月27日 (木)

猫乃介選「平成24年(超個人的)10大ニュース」前編

 いよいよ今年も残り僅か、諸般の事情(?)により選考が遅れに遅れた10大ニュースですが、どうにかこうにか発表にこぎつけたと言うかこじつけたと言うか…

 例によって、選考基準はひたすら個人的です。

第10位 猫乃介、事務所要員から降りる

昨年11月末、前任者の電撃辞職(?)を受け、猛烈な年末&年度末進行の中で人員配置その他業務に当たりましたが、心身共に深刻な状態に陥るに至り、その職を辞する事になりました。
 現在はそれ以前同様に、交通誘導をはじめとする各種現場での業務、及び必要に応じて新任・現任教育等の業務に就いております。

第9位 大活躍?大混乱?ロンドン五輪

前回がアレだったので、非常に期待していたオリンピックであったが、運営には疑問符ばかりが目立った。
 商業化が進んだ結果故なのか、「すし屋なのに醤油も山葵も提供できない」「某炭酸飲料のTシャツを着ていたら競技場に入れない」「精神集中用のヘッドホンの使用を禁じられた」等々、呆れ返る情報ばかり。
 誤審関係のトラブルも多発したし、日本選手団が開会式から締め出される信じられない出来事もあった…大英帝国の面目、丸潰れ。
 そんな中、日本選手団の各競技での健闘振りには救われた思いがした…初めて獲れた団体戦メダルも有ったし、競泳・松田団長の「お前ドコの西堀栄三郎やねん!?」的な名言も聞けたし。
 ぜひ2020年は日本でやって欲しいと思った…日本の為と言うより、世界中のオリンピック愛好者の為に、「これぞオリンピック」という完璧な運営というものを、今一度世界に知らしめる必要があるから。

第8位 猫乃介、「安全・安心パトロール隊」参戦

と言っても、欠員補充で最後の二週間だけだったのですが、警備員の身で在りながら警察官の業務(もちろん非常に簡略化されてますが)に携わる事ができるという栄誉に与りました。
 主に盗難自転車の防止・及び発見を主任務とした巡回業務でしたが、所謂「警ら業務」の重要性というものを直に感じる非常に貴重な体験をさせて頂きました。
 要するに「割れ窓理論」という事です…人の目が有る事、毎日巡回に来る人が居る事、ただそれだけで、どれほど犯罪抑止効果が有るか、心強いと感じてくれる人が居るか、たった二週間で山ほど思い知らされました。

第7位 北朝鮮、事実上の「弾道ミサイル」発射

 「南朝鮮」が借り物ロケットすらまともに打ち上げられない中、着々と技術を高めつつある北朝鮮。
 とうとう「何らかの物体を衛星軌道上に投入」するに至り、これはもしかすると地球上のどこでも攻撃可能なのか?とも思える局面に入った。
 一旦は「打ち上げ延期」との報道が一転、不意打ちとも思える発射に至った真相はどうやら、米軍からの情報を韓国軍が漏洩しまくった事に怒った米軍が、韓国向けの情報のみ遮断(だから日本政府は正しい情報を得ていたらしい)した結果、韓国が振りまいたガセネタを「マスゴミ」が報道した、という事らしい…まったくもう、アホかと、バカかと。

第6位 韓国(当時)大統領、竹島侵入他

 本来であれば国家間の関係を揺るがす大事件なのですが、正直「またか」と言う思いしか有りません…それが良くないのでしょうけど、今年はそれがどうでも良くなる位重大事件が多過ぎるんですよ。
 中々簡単には解決できないでしょうけど、そろそろ反撃体勢にもって行きたいところです。

第5位 迫り来るインフラ寿命…笹子トンネル天井板落下

 事故そのものも勿論衝撃ですが、これによって全国津々浦々のトンネルや橋、高架橋などが「何時壊れても不思議ではない」という現実を改めて思い知らされた事が重要でしょう。
 かつて、「コンクリートから人へ」などと世迷い事を吹聴したバカ共が居ましたが、コンクリートこそが人々の暮らしを支え、命を護って来たのです!
 そういう意味でも、麻生太郎閣下が「セメント屋」だったのは、やっぱり何かの縁とか運命とかあるのかも知れない。

第4位 猫乃介、41歳にして擬歯入れる

 いや~、当初は痛む歯数本、チョイチョイと治して終わりの予定だったのですが、見事に歯科医の誘導に嵌り(注:感謝しています)、15本もの抜歯を経て上下の大半が入れ歯になりもした。
 まともに食べ物が噛めるって、素晴らしい事ですねえ…いかんせん治療費が高くつきましたが、後々の事を考えるとここで思い切って対処してもらって正解だったのだろうと思います。

 今回は、トップ3に個人ネタを突っ込む余裕が有りませんでしたので、多分まともな上位3ニュースが入ってると思います。
 代わりに、本来なら入るべき重大ニュースが多数脱落していますが、仕様です。

 後編、何とか今年中に…

2012年11月13日 (火)

続 アンタが歯医者(略)

 今年の二月に始まった歯医者通い、実はまだまだ続いてます。

 「次回は1~2時間程空けておいて下さい」と言われ、会社と相談して何とか今日の午後半休にしてもらい、一応それなりの覚悟をして本日の治療に向かったのであったが…

 掛かった時間、3時間半…まあ、これは仕方が無い、ある程度予測できたし、だからこそ半休取ったのだし。
 問題は、費用…保険診療7千円+保険外2万3千円∩(゚∀。)∩うひょ~ん

 「仮歯」が入ったのですよ、待ちに待った上の歯11本分まとめて。
これが1本2千円するんだってさ…。・゚・(ノД`)・゚・。

 で、ここからまだ先が長くて、歪みまくった噛み合わせの矯正(仮歯の主目的はこれ)に、3ヶ月~半年を要するとの事、これが成されて初めて本来の「入れ歯」が収まると言うのである。

 皆さん、歯は大切に!!∩(゚∀。)∩

2012年11月 4日 (日)

「みかんちぎり大会」

 「みかん狩り」じゃなかとです、「みかんちぎり大会」です。

 仕事が仕事だけに、先の予定など立った試しが無く、度々頂いていた「松下新平応援団」の行事を全てスルーしてきたのですが、会社とも相談した結果、当日の都合が付きそうだったので、思い切って参加してきました。∩(゚∀゚)∩

 集合場所である「月知梅公園駐車場」を目指すと、交差点にてスタッフらしき方が幟を持って誘導してたので、ごく自然に交差点を折れると、道沿いに幟が点在。誘導の見事さに感心しつつ山間へ…あれ?
 月知梅公園?(゚∀゚ ≡ ゚∀゚)ドコー?
 結果としてはこのまま行ってしまってOKだったようなのですが、初参加という事もあり、慎重を期して一旦逆走、先刻の誘導員の困惑を尻目に月知梅公園駐車場へ、既に知ってしまった「道順」の説明を受け、件の誘導員に「今度こそ行ってきます~♪」と残していざ鎌倉、じゃなくて松下農園へ。

 受付にて参加料支払いと、食事引換券と蜜柑を入れる「網」を受け取り、写真撮影用(?)メッセージカードに名前と「一言」記入。一瞬、「気付いたらmy日本」とか書いてやろうかとも思ったが(江藤代議士あたりの催しならあり得るかな?)、自重して「日本の農業を護ろう!」って書いときました。
 「守ろう」じゃなかとです、「護ろう」です…特に意味は有りませんが、何となく。

 来賓代表(長峰元参議、武井県議)挨拶の後、農園主(松下参議の兄)の挨拶がこれまた…「46年間新平の兄やらせて頂いてます」で笑いを取り、野生動物の「食害」の話題にて「野生動物の世界も最近は情報化が進みまして(中略)ツイッターやら何やら(以下省略)」で再び笑いを取り、もう参った、腹痛い∩(゚∀。)∩あはは
 ようやく新平ちゃんの出番、ご挨拶やら「みかんちぎり大会」の軌跡やらの後、国政報告というか状況説明、「あまり報じられていない事ですが…」と自民党の今国会における姿勢についての説明。「報道に踊らされませんように」と語り、マスコミの偏向報道に対する怒り・不満を滲ませていた。

 そして「みかんちぎり」へ…当然にして「出荷」が済んだ(はず)の蜜柑畑なので、品質については推して知るべしなはずですが、公称「蜜柑嫌い」な猫乃介(猫ですから♪)が普通に食べられる美味しさだったと証言させて頂きます。

Mikan

↑俺じゃねえよ、多分カラスだ…美味さの証左になると思って、敢えて撮ってみた。

 この後全体での記念撮影、昼食会と進み、程無くして閉会。

 松下参議本人も終始笑顔を絶やさなかったし、周りのスタッフも、参加者も、何より子供たちの笑顔に溢れた名古屋かな、もとい和やかなひと時を過ごさせて頂いた…長峰基元参議が言うように、「誰にでも好かれる」というのは大きな武器かも知れない。

Koutaisi

↑松下農園へ向かう途中の神社で見つけた石碑…昭和三十四年で「皇太子殿下」ってことはつまり「今上天皇陛下」って事ですよね。
 高木兼寛将軍を輩出した城下町・高岡だけに、特別何かあったのかも知れないし、単に国民的お祝い事ってことで記念したのかも知れないし…機会を見て調べてみたいものである。

 さて困った…今回の事で武井県議の評価を上方修正(少なくとも国防と農業に対する意欲が有るのが判ったので)したいのだが、次の選挙では中山元文科相を優先したいんですよね、個人的には。

2012年8月17日 (金)

バカ発見器を導入しました

 ACTA批准反対!インターネットの自由とジェネリック医薬品を護ろう!

 なんかね、「ACTA」ってとんでもねえ条約が、国民が全く知らないうちに参議院で可決、衆議院通過を待つだけ…って状況らしい。
 元々は、中国の海賊版・模造品を取り締まる為の条約をつくるはずだったのに、ドコでどう間違ったのかインターネット検閲強化だの、ジェネリック医薬品流通・輸入の規制だの、恐ろしい話が飛び交ってる。
 見事なまでの情報遮断によって、我々国民が全く知らないまま条約発効直前までもっていかれ、ウィキリークスの暴露によって欧州中心に(日本以外の)全世界で反対運動勃発、署名済ませたEUではこれを受けて議会が否決するも、EU抜きでも6カ国の批准で発効するという正に崖っぷち状態。

 時間も無いが情報も無い、他人に説明しようにも内容が良く分からない(デマも混ざってる危険あり)、そもそも殆どの国民が「ACTA」という単語すら聞いた事が無い…とりあえず「ACTA」の4文字だけでも周知しない事には話にならぬ。
 で、無い知恵振り絞ってたどり着いたのがTwitter、通称「バカ発見器」である。
 もうこれ以上、余計なものに手を出す余裕が無いので、今まで全く使うつもりが無かったのであるが、最早、背に腹は代えられぬ…別に自称「有名人」のつぶやきとやらに興味は無いが、とにかく「ACTA」の4文字をバラ撒くのに使わせてもらう。

2012年7月20日 (金)

41歳なのだ

 41歳の誕生日を迎えることに、多分なったと思う(日付が変わったら自動UPしますので、この瞬間に私が生きているかは確約できません)猫乃介です。

 何が変わるとかいう話では無いですが、私が何となく生きてる今日という日は、誰かが生きたくても生きられなかった明日かも知れません…まあ、他人の人生まで背負えるほど気力も体力も有りませんがね。

 大津の事件も西都の事件も、考えるだけで腹が立つが、それを思えばまだ私などマシな方かも知れない。
 とりあえず生きてる、まだ生きてる…14~5歳くらいで死んでても何の不思議も無かった私だが、こうして生きてる日々が「生き恥」なのか「ボーナスステージ」なのかは分からんが、とにかくまだ生きている。

 まだ死ぬわけにはいかない。
いずれ、泣いても喚いても「最後の瞬間」は訪れるのだろうが、その瞬間まで、精一杯、全力で…生きようとぞ思う。