警備 Feed

2010年12月20日 (月)

新田原航空祭(の警備)に行ってきました

 師走の宮崎県・新富町恒例の「新田原航空祭」の警備(駐車場誘導)に行ってきました。

 ちなみに、「新田原」は「にゅうた・ばる」と読みます。原をバルと読むのは宮崎では一般的ですが、新田と書いて「にゅうた」という読み方は相当珍しいと思います、ある意味難読地名かも知れません…まさか「ニュー(New)田」な訳は無いとは思いますが。

 私の部隊は高鍋町・小丸川(おまるがわ)の河川敷特設駐車場に展開、他の会場周辺駐車場が全て満車になった後の「最後の砦」であり、ここが埋まったらエライコッチャ状態になるという位置づけである。
 ただ、遠方から車中泊覚悟で来る猛者達は、最初からこの小丸川にやってくるようである(企業や公的施設の駐車場を借りた「特設駐車場」に夜中入るわけには行きませんよね)…更に今年は「東九州自動車道」が高鍋ICまで開通しており、早朝から続々と来場者が押し寄せる要因となったようである。

 以前、「来場者7万人」って聞いた記憶があったのだが、今回は「8万人」だったらしい…増えた1万人の大半が事前情報無しに「とりあえず会場を目指す」→「駐車券が無いと入れないと知らされる」→「最寄の特設駐車場を案内される」→「着いた頃には満車」→「他の駐車場を探す」…という状態に陥る可能性を考えると、事前広報(及び情報収集)って重要だなあって改めて思う。
 今後、東九州道が全線開通し、F4-EJ改の後継機が配備された暁には、来場者10万人突破も覚悟せねばなるまい…そうなると最早駐車場が足りないのであるが、さてどうしたものか?

 車のナンバー、九州各県はもちろん、覚えているだけで「練馬」「足立」「熊谷」「土浦」「会津」「仙台」はあった…一昨年は「旭川」も見ました、彼らの熱意には頭が下がります。

 さっそくスパムが来やがったので、「最新記事へのコメント禁止」措置を続行します、お手数をお掛けしますが、まともなコメントは「一つ前の記事」へお願い致します。

2010年12月 5日 (日)

猫乃介選「今年の(超個人的)10大ニュース」前編

 12月になり、今年も残りわずかとなりました…世間では色々と年末恒例行事が進行中ですが、当blog「NYAINCE-CAT」でも、今年の10大ニュースを選定してみようかな?ということになりもした。

 世間の出来事並べても10個以上ありそうですが、せっかくの個人blogですので、少しは個人的な出来事も混ぜ込んで、適当に(本当に適当です)順位つけて発表して参ります…本日はまず10位~4位まで。

第10位 猫乃介、「雑踏警備1級」合格

 平成13年夏の「明石花火大会雑踏事故」を受け、警備業界挙げて体制作りに邁進して参りました雑踏警備検定制度ですが、ようやく今年6月、検定合格者配置基準が本格始動しました。
それにぎりぎり間に合う形で、私も4月に講習を受けこれに合格しました。
…その後、宮崎県を襲う未曾有の大災害によって、我々警備員も翻弄されることになるのですが。

第9位 サッカーW杯南ア大会、日本代表大活躍

 開催地が超危険地帯と噂に名高い「ヨハネスブルグ」をはじめとする南アフリカ共和国の諸都市、更に日本代表と一次リーグで当たる3ヶ国の顔ぶれから、正直言って関心はあまり有りませんでした(そもそも当blogは「休止中」だったこともあり、記事書いてすらいない)。
 カメルーンとデンマークに勝利し、強豪オランダに0-1の惜敗、トーナメント1回戦でパラグアイに延長PK戦までもつれ込んでの敗戦となったが、実質2勝1敗1分、第9位相当の結果に日本国内から「岡田監督ごめんなさい」の大合唱となった、いや、正直すまんかった。

第8位 大航海時代Online、「朝鮮海表記問題」

 サービス開始から約5年、プレイヤー達がついにたどり着いた黄金の国ジパング…そこで待っていたのは、我らが日本海の変わり果てた姿だった。
 多くのプレイヤーがゲーム内外で抗議活動を起こすも、KOEIはこれを完全無視…だったのだが、産経新聞で記事にされてしまいあえなく方向転換、正式謝罪は無いものの問題となったOPムービーを差し替え、一応は決着。
 私も激怒して一旦休止→一度は復帰するものの現在また休止状態。

第7位 猫乃介、事務所要員に「昇格」?

 警備会社に勤めて15年、いろいろ違うこともやったけど基本的には交通誘導主体で現場に立って参りました…が、今年8月から事務所に入ってサポート側に回ることになりまして。
 環境が激変した結果、心身共に大変な状態になったりもしましたが、最近では少しずつですが前に進み始めたかな~?って感覚ですね。
 高校中退してから20年以上、盆も正月も関係ねぇ~!って生活を続けてきたのですが、ほぼ「カレンダー通りに休めるようになった」という点も、大きな変化と言えるでしょうね。

第6位 猫乃介、「my日本」参加

 昨年夏の衆院選以降、日本がおかしくなるのをひしひしと感じています。
元々は「2ちゃんねる」などから情報を仕入れ、時として発信も行ってきたわけですが、昨今の情報統制の影響なのか、アクセス自体が困難になりつつある事に不安を覚え、新たな「根拠地」を探す必要を感じていた矢先、「my日本」と出会い、参加を決意致しました。
 現在では「宮崎県コミュニティ」の管理者に任命され、少しでも参加者の情報交換を手助けできればと努力しているところです。

第5位 木村拓也氏、急逝

 昨年までプロ野球選手として活躍し、今シーズンより巨人軍コーチとして後進の指導に当たっていた木村拓也氏が、くも膜下出血の為37歳の若さで逝去した。
 あらゆる事態を想定し、それに備える…言うのは簡単だが実際にやるのは本当に大変なのである。
 警備員としても彼はお手本であるし、宮崎県民としても誇るべき逸材であるが、中退したとは言え同じ高校出身であり、返す返すも残念でならない。

第4位 南海の死闘、尖閣諸島衝突問題

 漁船(?)船長の逮捕から釈放、および「映像流出」など一連の問題ひっくるめて、一つのニュースとしてこの位置での扱いです。
 普通の「10大ニュース」なら間違いなく今年の第1位に選ばれるであろう事を重々承知の上で、どうしても伝えたいニュースが他にありますよ、という意味を込めて、敢えて第4位とさせて頂きました…念のために言っておくが、私は芸能人の不祥事とやらをこの場で取り上げるつもりは毛頭無いので、そっちの心配はご無用です。

…おっと、紹介すべき動画を間違えてしまったようだ♪
↓本物はこっち↓

 本当は、「逮捕の瞬間」も含めて数時間分とも10時間以上分とも言われる映像が撮影されたとも言われている…
いいから早く見せろ!

 後編、TOP3の発表は、多分次の日曜くらいです。
既報の通り、最新記事へのコメントは現在受け付けておりませんのでご了承願います(過去記事へは可)

2010年4月16日 (金)

雑踏警備1級講習

 いよいよ、明日17日・明後日18日に、「雑踏警備1級特別講習」を受けることになった猫乃介です。

 (狭義の)「雑踏警備業務」というのは、祭りや興行などに伴う「群集」の安全を守るためのもので、平成13年7月21日の「明石花火大会歩道橋事故」を受けて、同じ悲劇を繰り返さない事を目標に、雑踏警備業務の1級・2級検定制度が創設されました。

Wikipedia-明石花火大会歩道橋事故へのリンク

 私は既に雑踏警備2級を持っているわけですが(そうでないと1級は受けられません)、さすがに段違いに難しいです(当たり前だ!)。
 そもそも1級とか2級とかって何なの?って話になるのですが、軍隊に例えると2級は下士官(伍長とか軍曹とか)、1級は士官(少尉以上)でしょうかね…2級合格者に求められるのが「その現場のリーダー」で、1級合格者に求められるのは、現場全体の掌握能力や隊員への指導力、発注者や関係機関との折衝能力などを含めた「統括責任者」としての立場ということになっています。

 はっきり言って不安です、私は自分と言う人間をそれほど信用してません、評価してません。
今現在持っている「警備員指導教育者」という資格だって、私には重いと思っています、他に適任者が居るのなら、今すぐにでも代わって欲しいです。
 でもね…資格取った以上、合格しちゃった以上、私には出来ません代わって下さい、って言う訳にはいかないのですよ、それが私の役目であり、任務であり、使命であるのですから。
 今度の雑踏1級もそう、「できるかな?」じゃなく、やるんです。
私は何も作れませんし、何も壊せません…私には「守る」ことしか他に無いんですよ。

 とは言え、怖いもんは怖いんです…こういう時は「自己暗示」を掛けるのが効果的です。
…実はつい最近、良い曲を教えて頂いたのですよ♪

 武装錬金?偽装年金?…あいにくそんなアニメは観た事が無いのですが、大切なものを守るんだっ!!っていう気持ちのこもった、実に良い曲です。
 「my日本」や、新党「たちあがれ日本」のテーマソングにうってつけのように思われます…そして、自衛隊や我々「警備業」にもね。

2009年4月24日 (金)

エコバッグって難しいよね

 これは本来、「警備」カテゴリに入れるべきなのでしょうが…未だ復旧の目処が立ってませんので、「雑談」で。

 HBC NEWSi記事へのリンク
 環境問題(CO2削減)の為にと推奨されてきた「エコバッグ(マイバッグ)」持参運動ですが、ここへきて大きな壁にぶち当たった感じです。
 そもそも「レジ袋」は、会計済み商品の識別を容易にするためのものなのに、万引き対策が進まないうちにこれを廃止したらどうなるか…その実例が上記の記事ですね。

 私もエコバッグを「たまに」使うが、正直気を使う…警備員たる者、万が一にも万引き犯だと疑われるようなことがあっては大変ですから。
 持ち込むバッグは当然空の状態にするが、畳んで握るなり胸ポケットに突っ込むなりして、誰が見ても空だと分かるようにしているし、レジで「これを使います」とバッグを見せる際にも、空であることが分かるように気をつけている。

 もし自分が店内保安(万引き防止)をするとしたら、と考えると頭が痛くなる…客のバッグの中身が、「会計済み」「未会計」「外部からの持ち込み品」のいずれであるかを、一体どうやって判別しろというのだろうか(もちろん正しい対応方法があるのだろうが…)?

 コンビニで1個2個の買い物だったら、袋断って商品裸で持ち出すだけなのだが、スーパーだとそうもいかない…ちなみにスーパーでもコンビニでも
「しるしで良いですか?」
って言われることは有りますよ、稀にですが、確かに。

2009年3月20日 (金)

死者への礼

 今朝聴いたラジオで、武田鉄矢”先生”が話していた事…警備員にとっても他人事じゃ無いような気がしたので、ちょっと書き留めておこうと思う。

 と言っても、頭も尻も切れた中間部分しか聴いていないのだが…昨年の「四川大震災」の際、日本から向かった救援部隊の話。
(そもそもこの問題、人民解放軍の面子だの何だの、派遣前から問題山積みだったが)
 懸命の捜索活動の結果、2遺体を収容するのだが、このとき彼ら救援部隊が「遺体」に対して取った一連の行動が、回りで見ていた現地住民の「日本・日本人に対する感情」に大きく影響を与えたのだという。

 隊長の号令一発、遺体に「礼」、「黙祷」を捧げ、車両に乗せられるまで「挙手礼」…我々日本人にとっては常識の範囲内だが、現地住民にはかなりの衝撃を与えたらしい。
 その行動様式は極めて軍隊的であるのにも関わらず、その光景を目の当たりにした人々からは、ごく自然に嗚咽が漏れ出したというのだ…「軍国主義の象徴だ~!日本人は鬼子だ~!」などと騒ぎになるどころか、「死者に対してそこまでやってくれるのか!?」という感謝、あるいは「畏敬の念」とでも言えば良いのか、そういう感情を持たれたようだ。

 …という様な話を、武田先生は「アグネス・チャン」から聞いたのだそうだ。
(アグネスについては「チベット大虐殺」に対する声明以来、全く信用していないが、今回の件については震災直後の2ちゃんねるにも同様のニュースがあり、一応害の無いものとして捉えている)

 ここから先、ラジオの話を離れます…死者を弔うこと、死者に対する礼というのは、形としては死者に対して行っていることですが、本当は生き残った自分達の気持ちを整理するために行っている行為と考えるべきなのではないか、と。
 こういう言い方をすると宗教関係者からお叱りを受けそうですが、私、猫乃介は無神論者ですので、こう考えるほうが分かり易いのですよ。
 「死者への礼」…その行為の客体は、死者よりむしろ行為者本人を含む、その場に居合わせた全員なのではないか、と。

 で、これのどこが「警備員にとっても他人事じゃ無い」のかと言いますと、例えば車両の誘導をする際、少し似たような事を意識して行っている気がしたものでして。
 一例として、駐車場の入口で、駐車場へ進入する車両の誘導をするとしましょう。
当然、その進入車両に対して誘導を行うのですが、それと同時に周囲の交通(特に後続車両)に対して、「進入車両に対して誘導を行っている」ことに気が付いてもらう、それによって追突の危険を減らすとか、入口を見落として入り損ねる(≒お客を逃す?)危険を減らすとか、実は色々考えたりもするんですよ。
 直接の相手より、回りで見ている人達に与える印象や影響力…まあ警備に限ったことでもないのでしょうけど、「誰が見ているか分からない」という意識は大切です。

 ああ、昔の人は巧い表現をしてましたねえ…お天道様はちゃんと見ているって。

2007年10月 8日 (月)

「体育の日」

 連休も結構ですが、「体育の日」は変動制にして欲しく無かったな、個人的には。

 例によって…Wikipedia-体育の日へのリンク
 そもそも「体育の日」は、1964年の東京オリンピック開催を記念して、その開会式の行われた10月10日を祝日としたものである。
 1945年の太平洋戦争終戦(敗戦)から19年、一面の焼け野原だった日本が、オリンピックという世界的なイベントを開催できるほどに立ち直った、その記念すべき日を祝日としたのに、なんで変えてしまうわけ!?

 もう一つ、個人的にと言うか「警備員の一人として」変えて欲しく無かった理由がある。
 我が日本における「警備業」の歴史は、1962年(昭和37年)の日本警備保障(現:SECOM)の設立に始まるのだが、彼らが世に認められるきっかけとなったのが、東京オリンピック選手村建設に関わる、一年間の警備活動だったと言われている。
 この事は、警備員教育の現場において絶対に外す事ができない…自分達の携わる「警備業」の歴史を語る上で、まず最初に出てくるのが東京オリンピックだと言っても過言ではないからだ。
 1964年10月10日は、確かに「警備開始」の日でも「警備終了」の日でも無いだろうが、それでも彼らが守り抜いた「オリンピック」という一大プロジェクトが、無事開幕を迎えた記念すべき日…それは警備業に携わる者全てにとって、やはり記念すべき日に違いない(と私は信じている)。


♪世界中に定められた どんな記念日なんかより
♪貴方が生きている「今日」は どんなに素晴らしいだろう

 THE BLUE HEARTS「TRAIN-TRAIN」(作詞・作曲:真島昌利/編曲:THE BLUE HEARTS)にはこんな一節が有る…私の大好きな曲の一つです。
 分かってはいる、分かってはいるのだ、が…

2007年3月22日 (木)

「安全」の値段


↑ 「安全帽着用ヨ〜シ!」…ってそれお椀_| ̄|○

 ブログ更新が止まってる間に起きた、「金塊強奪事件」の話を少し…

「YOMIURI ONLINE」の記事リンク
 確かに客の少ない時期で、しかも100kgの金塊ってそう簡単に運び出せるはずも無いんですが…だからといって余りにもガードが甘すぎでは無いか?
客が直に金塊を触れる展示なのに、館内に女性従業員数名だけ…いくらカメラがあるっていっても、
どうぞ持っていって下さいと言わんばかりではないか(´・ω・`)

 良くも悪くも、「水と安全はタダ」って意識が、まだ我々日本人の中に根強く残っているように思えてならない。
残念ながら、もはや以前のような安全な国では無くなっている(勿論、世界全体から見れば驚異的に治安の良い国ではあるが)ことを、肝に銘じて欲しいものである。

 また、世の中がやたらと効率ばかりを追求するのにも、問題の一端があるように思う。
例えば、警備員を一人、対象物の警備に張り付けておくとして、仮にその費用が100万円掛かったとしよう。
もし何事も無く期間が終了したときに、「その100万円は無駄だった」と考える人は居ないだろうか?
 言ってみれば掛け捨ての保険のようなもので、安全に掛かるコストというものは、どうしても軽視されがちに私には見える。
安全に掛かる費用・投資というものは、直接には利益を生み出さない…だから、真っ先にコストダウンの標的にされてしまう。
「何事も起きなければ」「バレなければ」仮に安全費ゼロでも差し支えない、という考え方だ。
そういう横着者は、最終的に桁違いの損害を食らう事になる…最近の例で言えば不二家なんかが挙げられるだろう。
「バレなかったら」内部管理がズタボロでも売り上げに影響は無かったろう…が、結果はバレて大損害。
 今回の金塊事件だって、常識的な管理体制なら防げた事件だったろう…人件費、とりわけ「安全費」をケチった結果がこの大損害なのである。


 生活が厳しくなると、まず最初に保険料の滞納・解約を考えるそうですが、だったらなおのこと保険は切るべきではないだろう。
もしもの時に、どうやって医療費捻出するんだい?
…ホントは、そんな時に助けてくれてこその「国」だと思うのですがねぇ(´・ω・`)ショボーン

2007年2月16日 (金)

Eメールって難しいよね(マテ?)

 昨日の話なのですが…お昼食べながら聞いていたラジオ(MRT)に、とある警備員からの投稿があったようで。

 その内容というのが、
「自分は(プロ野球の)キャンプの警備をしています、選手にサインをねだるファンの粗暴な言動に困っています」
というような趣旨のものでした。
 その投稿によると、選手の練習中はサインは禁止らしいのですが、サインが欲しい「ファン」達の中には立ち入り禁止区域に侵入したり、警備員に暴力を振るう者まで居るのだそうで…酷い話ですね。
 その投稿文の最後は、
「私達は、あなた方の大好きな選手達の安全を守っているのです!」
というようなものだったと記憶している…
えらい!。・゚・(ノД`)・゚・。よくぞ言った!
 早速私は、携帯でEメールを番組宛に送信した…のだが、アドレスを間違えたらしく跳ね返ってきた、「アットマーク」以前をよく確認せよ!との警告付きで。
 カボチャ、って「kabocha」じゃダメなのか?が、「cabocha」「kabotya」でも全部ダメ…もうだめぽ。

 ふと思いついて、MRTの携帯サイトを見てみる…番組宛のEメールアドレス一覧が載っているのだが、困った事に「日向カボチャでこんにちは」が無い。
…と、ここである事に気が付いた。
アットマーク「以後」を間違えてやがった〜∩(゚∀。)∩

 せっかく、猫も杓子もEメール打ちやすいように、
mrt.co.jp → mrt.jp
って変更してくれたのに、わざわざ昔の長い方を打っちゃダメでしょう〜
_| ̄|○


 サインなんてそんなに欲しいものですかねぇ?…選手が無事に一年活躍してくれる事のほうが、ずっと大切な事でしょうに。