チベット問題 Feed

2008年11月14日 (金)

フリチベ流行語認定?

 気が付けば今年も1ヶ月半を残すのみ…そろそろいろんな「年末進行」が聞こえてきますね。

 もう一週間くらい前の話だっけ?2008年ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート60語が発表されたのって…
 必ずしも実情を反映しているとは言い難いものの、まあそれなりにはその年の世相を振り返るには、便利な企画ではあるか。

 「キターー!!(2ちゃんねるでは「キタ━(゚∀゚)━ !!!!!」)」なんて、2ちゃんねるではとっくの昔に市民権を得ている常用語なのだが…まあそのなんだ、TVと新聞しか情報源の無い「大衆」とやらは大変だな。
 「世界のナベアツ」、随分と図々しい芸名だと最初は思ったが、
サぁ〜ん!∩(゚∀。)∩
は結構重宝しているし(スレ杯でしか使わないが)、なかなか頭の体操になるので侮れない。
 「毒入り餃子」「事故米/汚染米」「メタミホドス」…今年を表す漢字一文字は「毒」と言いたい所だが、何年か前に使ったような気がするので、私としては「」を推す。

 そして中国と言えば忘れてはならない「フリーチベット」も、60語の中に入り込みました。
 一過性の流行、という捉えられ方をする事への懸念はあるものの、ある程度一般に認知された結果であると考えれば、一定の成果と喜ぶべきなのだろうか。
 もしも…まさか大賞は無いにしても、TOP10にでも残ることが出来れば、さらに一般への認知度が上がるであろう(ユーキャンにそんな度胸があるのかは知らんが)。


 私の車にはまだ「チベット国旗」貼ってあるぞ…社長は「中国人に石投げられても知らんぞ?」って笑ってたけどね。

2008年7月16日 (水)

糸島Free Tibet


↑ 福岡市(博多)から西の方角に有るようです。

 今度の三連休に行われる福岡地区のイベントに、フリーチベット福岡の面々がまた頑張るようです。

野外音楽イベントにてチベット問題を訴えるブースを出展することになりました。
日時:7/19(土)日没〜7/21(祭)日没
場所:キャデラックランチ(福岡県糸島郡志摩町)
出展内容:
・チベット問題を知ってもらうためのビラ配布
・パネル展示
・ダラムサラの子供たちの描いた絵(複製)の展示
・映画上映(ヒマラヤを越えて)※現在スクリーン等の機材手配中です
※注意
主催者側への入場料が発生します。
一日のみの参加:2000円
二日以上の参加:3000円


 地元福岡の人には良く知られた場所なのかも知れませんが、宮崎人の私には「島?志摩?どこ??」な状態でして…まぁ地図を調べれば分かるのですがね(便利だなあGoogleMap)。

 この「キャデラックランチ」というのはレストラン、もしくは「ビーチカフェ」というものだそうです。
 店の雰囲気はメキシコ、料理はタイを中心に幅広く、音楽はロックを軸に…一見バラバラですが、「自然との調和」という視点で見れば纏まるということでしょうか。
 そこの15周年イベントと「Free Tibet」の融合ですか…良いですねぇ♪
 美味い料理と楽しい音楽、そして平和への願い…いずれも、国境なんて関係ない、地球上の人類が一つになれるものばかりです。

 それにしても…最初は試行錯誤しながら、ビラ配ったり店を回って協力をお願いしていた彼らも、こういうイベントを企画できるまでになったのですねぇ。
 …ひょっとして、実はこの店のオーナーが「福岡フリーチベット」のメンバーだったり?
さすがにそれは話が上手過ぎるとしても、心強い協力者を得られて、本当にありがたい事です。


 ふぅ、また一つ「行ってみたい場所」が増えてしまった…今はそんな余裕無いけど、いつかは行きたいぞ、キャデラックランチ。

2008年7月 9日 (水)

忘れない、忘れさせない!


↑7/6に福岡・天神の警固公園にて行われたチベット問題啓発Offの模様

ワールド・チベット・デーで予告しました「チベット問題チラシ配布OFF」の報告動画がアップされました。

 この日、九州南部とともに九州北部も梅雨明け宣言が出され、福岡市の気温も相当上がったことと思う(アメダスの記録では33℃台)
 「2ちゃんねる」のスレッドで、暑さで人通りが少なかったような記述が見られたので、ちょっと心配していたのだが…動画を見る限りでは、展示を見に訪れた方はそこそこ居たように見受けられるし、反応も良かったように見える。
 「1回目」の時よりは、「する側」も「見る側」も幾らか慣れ・余裕が生まれたのではないか?…いずれはこの運動も「日常の風景」として天神の街に溶け込んで行くのではないだろうか、と期待をしている。
 「○○の聖地」とか、「○○のメッカ」という言い方があるが、「○○の事なら△△へ行け」とか、「○○の事なら××に聞け」といった感じに、万人から「定番」「常識」と認知されたものほど強いものは無い…この運動も、いずれそうなると思う。

 毎日新聞問題をはじめ、次から次へと降りかかってくる大問題の数々…確かに、チベット問題「だけ」取り扱う余裕は無いのが実情ではある。
 だからといって、この問題を今ここで投げ出すわけにはいかない…それはきっと分かってもらえると思う。
 福岡に行けば、天神に行けば、チベットの問題を忘れないで考え続けている人たちが居る…その事を、今度は我々が「忘れないでいる」ことが必要だ。


 忘れるものか、忘れさせるものか…皆が忘れてしまった懐古ネタを引っ張り出してズッコケさせるのは、得意中の得意だからな♪

2008年6月28日 (土)

ワールド・チベット・デー


 7月6日は「ワールド・チベット・デー」なのだそうで、例の福岡の有志もまた活動を予定しているようです。

■7月6日(ワールドチベットデー)
チベット問題啓発ビラ配りオフ其の2

場所:中央区警固公園
時間:14時〜19時
内容:チベット問題への関心を深めるチラシ配布・パネル展示
   ダラムサラの子供たちの絵の展示
   チベットへの思いを込めて七夕の笹に短冊を飾る(来てくれた方々に書いてもらう)


 このところ、チベット関連の情報がまるっきり途絶え、このままオリンピックが過ぎてしまえば、全世界の関心がチベットから離れてしまうのではないか、という危惧の念はぬぐえません。
 「フリー・チベット」の掛け声を一過性のブームで終わらせるわけにはいきません…それこそは中国当局の思う壺であり、その先に待っているのはこれまで以上の大虐殺以外に考えられません。
 この問題を継続して考えていくためにも、更なる啓蒙活動が必要と考えるのは当然であり、であるからこそ「もう一回ビラ配り」なのであろう。

 今回は1回目とは違う…「次こそは参加しよう」と機会を待っていた人も居るだろうし、「今度見かけたら話を聞いてみよう」と思っていた人も居ると思うから。
 一期一会、と言うのは簡単だが、いざとなると中々簡単には踏み出せないものである。
迷い、戸惑い、あと少しの勇気が足りなかったばかりに機会を逃した人に、「もう一度」のチャンス…
伝えたい人と受け取りたい人の想いが、今度こそ繋がる、そういう機会をつくり、前進するための彼らの「もう一度」を、陰ながら見守りたいと思う。


 そりゃ出来るならば私も行きたいですけどね…仕事が仕事ですから、たとえ宮崎でやったとしても参加は厳しいでしょうね。
 だから、私は私に出来ることをやる…それだけです。

2008年6月13日 (金)

西から吹く「風」


↑ 去る6月7日に行われた「福岡キャンドルライティング」の模様

 【福岡】キャンドルライティング【告知】でご紹介しました、彼らの「2歩目」の様子を綴った動画が発表されましたので、ここにご紹介させて頂きます。


 人間、何かをやろうと決意して、「1歩目」を踏み出すのは大変な努力とエネルギーを要する…それはそれは大変なことなのだ。
 だが、それを「2歩目」に繋げていく事は、その何倍も大変なことなのではないだろうか?
 簡単な例で言うと、「日記」「禁煙」「ダイエット」…とりあえず始めたは良いが、その大変さに投げ出す「三日坊主」がどれほど多いか、想像してもらえれば分かりやすいのではないかと。

 福岡の若者達は、見事にこれをやってのけた…そして、右も左も分からない、正に手探りの状態から作り上げたと言うのが信じ難いほどに、素晴らしいものが出来たようである。

 日本全体から見れば、福岡というのはいわゆる「地方都市」のひとつに過ぎないかも知れない。
が、仮にも政令指定都市である、九州島第一の大都市である。
 そりゃ確かに、東京や大阪に比べれば、出来る事に限りがあるのかも知れないが、「福岡じゃなきゃ出来ない事」だってあるはずだし、あって良いと思う…それを彼らは証明して見せた、そう思う。


 太陽は東から昇る…しかし、「風」は西から吹かせるもの。
 彼らの吹かせた「風」が、一人でも多くの人に届きますように♪

2008年6月 5日 (木)

自由の無い国

 インターネットで中国の実態を知ってる人からは、「行かなきゃ良いのに…」なんて声が聞かれそうですね。

 YOMIURI ONLINEの記事リンク
 荷物の中に入っていたバッジを取り上げた上、拘束して「教育」して、「間違いを認めさせた」んだってさ。
 銃砲刀剣の類や、麻薬類を持ち込もうとしたのならともかく、「チベットを救え」と書いてある、ただそれだけのバッジ…それが荷物に入っていただけでこの有様である。
 当然、「教育」が何を意味するかはお分かりだろう…まぁ、よくぞ生き残った、よくぞ帰ってきた。
 さぞかし悔しい思いをしたに違いないが、そんな所で殺されてしまっては元も子も無い…まずは生き残る事が第一で、それから反撃の機会を待てば良い。

 …あ、しまった。
そこら中に中共のスパイがごろごろしてるから、うかつに「本当のこと」を話したら…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


 何度でも言うが…本当にこんな国でオリンピックやるのかい?

2008年5月22日 (木)

【福岡】キャンドルライティング【告知】


↑ 6月7日福岡キャンドルライティング告知動画(You Tube版)

 福岡、最初の一歩でご紹介した福岡の若者達が、さっそく「二歩目」を記そうとしております。


 まぁ、今の私にゃ出来ることに限りがあるからさ…とりあえず貼ってみる。

 チベット大虐殺だけでなく、ミャンマーのサイクロン及び四川大震災の犠牲者も追悼の対象になっています。
 まぁ色々思うこともあるのですが、死者を悼む気持ちに国境なんか無い、という事なんじゃないかな?
人間としての原点に立ち返るこれこそが、山積する問題の解決の第一歩なんだろうと、そんな事を感じた次第です。


 …毎日、モアイ像のすぐ近くまで仕事に行くわけだし、明日からは手を合わせるくらいしてみようかな?
 無神論者だけど、そのくらいは構わないだろ?

2008年5月10日 (土)

福岡、最初の一歩


↑5月6日福岡チベットオフ(The Tibetan problem)の様子だそうです。

 福岡天神でFree Tibet!の続報ということになりますね。
 当該スレッドは2スレ目に入りました→【福岡】天神でフリーチベットを叫ぶ2【九州】
 いわゆる「素人」の集団が、皆で知恵と力を出し合って、紆余曲折しながら作り上げた、「手作りの啓蒙活動」は、確かな一歩を記したようです。

 念のため、ニコニコ動画の同じ動画も貼っておこうっと。

 他所で行われた大規模な「抗議デモ」と違うのは、彼らが
まずは問題の「存在」を知らせねばならないと感じたが故だろう。
 なにせ、学生のおよそ半数が、宮崎県がドコに在るかも知らないご時勢、チベットという国(地図上は「自治区」だが)の存在すら知らない人が少なくないだろう事は、想像に難くない。

 当日、「警固公園」を訪れた人の多くが、少なくとも
今、チベットで「何か」が起きていることに気付いただろう。
 それは、小さな一歩かも知れない…しかし、その最初の一歩が踏み出されなければ、「チベット解放」という遠い遠いゴールへたどり着くことは無い。


 彼らは既に「二歩目」を目指して行動を開始している…その歩みに期待しつつ、私も自分に出来ることをしよう。
 …たとえ小さくとも、ね。

2008年4月28日 (月)

ある戦士の記録

 現場に行った者しか分からない事がある…以下の文章も、そういう「記録」です。

124 エージェント・774 sage New! 2008/04/28(月) 12:32:50 ID:BsEW7KAC
Mixiのアリ@freetibetさんの日記の転載

世界最低の国、日本
2008年04月27日00:39
聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子

この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。


125 日記続き sage New! 2008/04/28(月) 12:33:44 ID:BsEW7KAC
交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。


街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり)

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。



126 日記続き sage New! 2008/04/28(月) 12:34:38 ID:BsEW7KAC
雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。



チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。


127 日記続き sage New! 2008/04/28(月) 12:42:14 ID:BsEW7KAC
あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。


警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。


これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。


追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!



 もうこの国は助からないのかも知れない…しかし、同じ死ぬなら、同じ殺されるなら、精一杯戦って、誇りを持って逝きたい。

福岡天神でFree Tibet!

 ついに福岡が、九州が動き出す!

[大規模OFF]【福岡】天神でフリーチベットを叫ぶ【九州】

1 FREE TIBET@代理人 sage 2008/04/27(日) 20:23:58 ID:GAjY9UmC
【福岡】天神でフリーチベットを叫ぶ【九州】

代理で立ててみました。皆さん語ってください。


約200万人の見物客が見込まれる5月3日、4日のどんたく祭りの前後で
平和的にチベット旗を振らないか?


 私も出来ることなら行きたい、参加したい。
…が、どう考えても連休一杯仕事、連休明けたらまた仕事。
運良く休みと「決行日」が重なったとして、それが判明するのは前日夕方。
 当然高速バスは使えない(予約制だから)、JR使う金は無い、天神まで軽自動車ぶっ飛ばして、高速料金と燃料代考えるのも恐ろしい(あと所要時間も)…99.99%参加不可能だが、下手をすると一生に一度最大最後の大チャンす打線かも知れん。

 だから私に出来ること…このblogにスレッドへのリンクを貼ってみた。
 幸か不幸か、この「Q-ring」は九州電力QT-Netグループであり、当然にして利用者の多くは九州在住であると考えられる。
 「NYAINCE-CAT」に訪れる方が何人居るかは正直分からん…が、誰か一人の目に止まれば、そこから次につながる可能性はある。
それが、インターネットの可能性…「ネットの力」
 他力本願は百も承知…だが、最初から諦めて不貞寝してても、未来は変わらない。


 ヒマと金と体力、全部足りないもんなぁ…( ´・ω・`)ショボーン