俺的テーマソング Feed

2014年3月13日 (木)

平成二十六年度上半期テーマソング選考会場

 猛烈な年度末進行がフッと和らぎ、気が付けばもう一週間もすれば、桜開花の声も聞こえそうな時期となりました。

 そんなこんなで半期毎のテーマソング選考を…今回もまた、非常に難航しました。

 消費税増税を目前に正念場を迎える「アベノミクス」、TPPやら歴史問題やら領土問題等々熾烈を極める「日本包囲網」、そして「震災復興」更には「豚流行性下痢」…光が見えそうな、見えなさそうな、そんなやきもき状態が続く那珂、じゃなくて中、テーマソングに相応しい楽曲はどれなのか?

 まずは、驀進止まらぬ「艦これ」関連から

)

Gun-SEKI恋の2-4-11(作詞・作曲:Gun-SEKI)
という楽曲です…いやもうビックリしました、ネタ全開の電波ソングかと恐る恐るクリックしたら、ネタ全開なのに見事に普通のアイドルソング(ラブソング)やんこれ!?
 「燃料」を「ごはん」と読ませるのはまあ分からなくも無いが、「弾薬」を「みりょく」と読ませた例は恐らく皆無なのではないだろうか??て言うか、
愛の砲雷撃戦って何だよそれ!?!?!∩(゚∀。)∩
 とまあ、大変魅力的な楽曲なのですが、如何せん自分用の「テーマソング」にするには、内容が合わないようで。

 もう一つ、艦これ関連楽曲から

Hina(禁パチP)feat初音ミクstarting over(作詞・作曲:Hina(禁パチP))

 曲が先か動画が先かは分かりませんが(殆ど動画に目を奪われるんでしょうけど)、到底単なる添え物として創られたとは思えない、しっかり創られた楽曲です。
鈍(にび)に塗られた海と世界…」なんて、随分難しい日本語色彩表現を持ってくるあたり、かなりの「艦これ」世界への傾倒振りを伺わせます。
 とは言うものの、聞くには良くとも「テーマソング」とは違うかなあ…。

 艦船もの、と同時に「労働歌」的なものを模索するうち、「あれ、この曲使えるんじゃね?」と思ったのが

軍歌月月火水木金金(作詞:高橋俊策/作曲:江口夜詩)
1番の歌詞しか知らなかった時点では、勤務地が軍隊(海軍)なだけで、内容的には労働歌なのでは?と思ったのですが…全部聴いたら確かに軍歌でした。
 決して軍隊・軍歌を否定するつもりはありません(むしろその逆)、平時にましてや軍人・兵士でもないのに、「テーマソング」に出来るわけ無い、との考えです。
…必要な時が来れば(来ないことを願いますが)、歌います。

 というような選考過程の末、つい先日ようやくある楽曲に決定したのですが、その直後にまたしても↓

)

金元寿子・一般女性・自衛隊の中の人3TO4 戦士のクローバー(作詞・作曲:buzzG)
…演奏者の表記はこれで良いのだろうか(汗)
 歌詞中の「9年前」というのが、何か特定の事件・事故を指しているのかと捜索してみましたが、特に「9.11同時多発テロ」や「東日本大震災」のような象徴的な事柄は見当たりませんでした、「JR西・福知山線脱線事故」は確かに日本鉄道史最悪の事故ですが、自衛隊との関連性は無さそうですし。
 もっと単純に、「誕生日前の高校3年生(17歳)」の9年後なら26歳なので、任期制の一般自衛官を目指す場合の「ラストチャンス」の年、という設定で書かれた楽曲、と考えたほうが適切かも知れません。
 そもそも、自衛官募集の為の組織である「地方協力本部」が採用する楽曲ですから。

 …アカン、猫乃介もう42歳やし。

 今回も素晴らしい楽曲達に出会えて幸せです…しかしながら次の半期テーマソングに決めたのはこの中のいずれでもありませんでした。
 少々長くなりすぎたので、その楽曲については次回ご紹介します。

2013年9月22日 (日)

平成二十五年度下半期テーマソング選考会場

 半期に一度のバーg…え、それはもういいって? とにかく毎度恒例のテーマソング選考の時期となりもした。

 夏の甲子園で我が県代表延岡学園が、実に48年ぶりとなる4強入り県勢初の決勝戦進出を果たし、惜しくも優勝はならなかったものの堂々の偉業、まだまだ宮崎∩(゚∀゚)∩始まった!状態に衰えの気配無し。
 という訳で当初の予定通りきんかんたまたm…いやその、「たま子のラブソング」で決定しようと思った矢先、偶然このような楽曲を↓

 

 

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 宮崎牛!宮崎牛!
  (  ⊂彡 

 これは燃えますね、萌えも必要だが燃えも必要、さて困った…

 他に、直近の話題といえば、「ななつ星in九州」と「艦これ」でしょうか…関連しそうな楽曲を探っておりますが、さすがにこれは難しいですね。
 まさか軍歌を、とも行きませんし(恐れ多い、と言うかそういう使い方するもんじゃない)。

 もうしばらく、継続審議です…金柑か牛か、どっちにしようかな?

2013年3月10日 (日)

平成二十五年度上半期テーマソング選考会場

 ようやく、年度末進行の終わりが見えてきたかな~?という今日この頃、ここ最近は一日中列車を眺めて暮らしております。
…あ、いやその、列車見張員ですよ、仕事!仕事!

 建設作業員の人手不足が騒がれておりますが、我が宮崎においても…まあ、作業員の不足は年度末恒例ですが、以前にも増して交通誘導警備員の人手不足が深刻化しております。
 何せ、県の警備業協会に建設業者等からの問い合わせが殺到し、「人員に余裕が出たら連絡を~」的な、赤松口蹄疫以来の異例の通達が出されるほど。
 一種のインフレ状態な訳ですが、残念ながら警備料金ひいては警備員の賃金が直ちに上昇する、とは参りません。公共工事の「設計単価」は急には上がりませんので。

 さて、半期に一度のバーg…違った、テーマソング選考の時期となりましたが、今回は割りとすんなり決めてしまいました。

 昨秋の「宮崎牛連覇達成」に続き、暮れの総選挙では宮崎1区~3区自民党完勝+中山元文科相復活+上杉元自治相比例中国ブロック当選+東国原元知事も当選、更には記憶に新しい鵬翔高校サッカー部全国制覇…これはもう、

宮崎∩(゚∀゚)∩始まった!

 と言っても良いくらいの快進撃状態、それならばと満を持して選出しましたのがこの曲です。

キナコ「ゆるゆるみやざき☆ポップ☆」(作詞:みやざきアピル隊/作曲:キナコ/編曲:tamaライス)

 これでもかと詰め込まれた「宮崎の魅力」と「自虐ネタ」、前知事の人気だけに頼ってきた以前と違い、「自分達で頑張るぞ~…明日から♪」的なパワーに溢れた衝撃もとい笑撃の一作です。

 かなり気が早い話ですが、「下半期」候補にはこちらを↓

きんかんたまたま∩(゚∀。)∩略し隊!

2012年9月23日 (日)

平成二十四年度下半期テーマソング選考会場

 最近、心身共に疲れてるなあ、って気がします。
 ブログや「my日本」から遠ざかってるのみならず、ゲームすらやる気が起きないとかもう…疲労とストレスが溜まってるらしく、全身が痒い(とりあえず帯状疱疹では無い)。
 …まあでも、最近は少しですが「歌える」ようにはなったので、いくらかマシになって来てるようにも思う。

 そんな訳で、半期毎の「テーマソング」を決める時期が巡ってきました。
 竹島に尖閣、もう「最悪の事態」を覚悟すべき昨今の情勢を鑑みるに、「戦時モード」の勇壮なテーマソングが必要なのかも?とも思うのであるが…目ぼしい曲はとっくに使ってしまって残っておらぬ(別に「再使用」でも良いのだろうが)。

 民主党の代表選は、例によって茶番劇でしか無かったのであるが、自民党の総裁選はどうなるのであろうか…今回の候補の中では、唯一マトモなデフレ対策を宣言している安倍元総理に期待したいが、私の本命は今でも「麻生太郎」元総理である。

 年齢的な問題(自民党内の定年制度)もあるので、再登板の実現は難しそうである…となると、安倍ちゃんに長期政権を期待するのが現実的かも知れん。

 これ(太郎ラリアット)で決めようと思ったところに、またしても唐突な出会いが…
 なんとなく「九州新幹線CM」動画が観たくなり、ついでにこんな動画も見つけてしまったのであったが↓

 技術的な事はサッパリ分からんが、あのCMの雰囲気を3D動画でここまで再現(?)するのは、並々ならぬ労力が必要だったに違いない…それは同時に、あのCMが如何に素晴らしいものだったか、という反証でもあるのだが。
 ここから、「九州新幹線」タグをクリックしたところ、「おや?」と思う何かが目に付いた。

 穂歌ソラ・波音リツ・香味ギター(UTAU)「つばめ」(作詞・作曲:イトザキイト)です。
 最初は可愛らしい、柔らかく温かみの有る絵柄に目を奪われる動画ですが、じっくり聴くほどに詩も曲も、絵に勝るとも劣らない、どこか「浪漫鉄道」にも通ずる世界観すら感じられる。
 鉄道が運ぶのは、なにも「人や貨物」といった物理的なモノばかりではない。
 「愛とか、勇気とか、見えないものも乗せている」「夢とか、希望とか、見えないものも乗せている」(いずれも作者は仲畑貴志)というキャッチコピーにもあるように、毎日の暮らし、笑顔、人の命、人生…実に様々なものを乗せて走っている。そしてそれらは、警備員として「護りたいもの」にも通ずる。
 人は、「護りたいもの」が有るから戦う、いや「戦える」のである…家族、絆、風景、文化、そして「思い出」、それらを護って行くために、人は戦うのである。
 そして、今その時は、恐らく目前に迫っているのであろう、だからこそ今回、私が「護りたいもの」を的確に表現し、思い出させてくれたこの曲を、今年度下半期のテーマソングとして選定させていただきます。

 多く見積もっても、この曲に辿り着けたのは数百人か…もったいないのう、これほどの曲に「出会えなかった」人々がどれほど居るのかと思うと、残念である。

2012年3月29日 (木)

平成二十四年度上半期テーマソング選考会場

 ぅぉ、気が付けば丸々2ヶ月もblog更新してなかった…すんません一応生きてました!
忙しかったり身体壊したりで死にそうだったのは確かですが。

 事務所勤務でストレス掛かりまくって、一般隊員への降格願い出て、後任(スーパーな同僚、て言うか上官)との引継ぎが済んだようなそうでも無いような…そんな中、突然の
「安全・安心パトロール隊」への出向辞令が来ちゃったり。
 前も後ろも日程混み込みな中、唯一と言って良かった休暇が、これまたよりにもよって
3月11日だったり。

201203111431000

 と、言うわけでビラ配ってきた…初ポスティングだったが、仲間達のサポートも有って難なく終了、勿論14:46の黙祷も無事実施。

Rock

 「安全・安心パトロール隊」とは、極論すると「盗難・放置自転車対策専従班」みたいなもの(本当は振り込め詐欺や万引きの防止等、広範な任務を抱えている)です…彼らの活躍ぶりや、そこから見えた問題・課題等については、また機会を改めて書かせて頂きます。

 さて、本日の本題…えらいこっちゃ、あと数日で年度が替わるぞテーマソング決めなきゃ!
…ごめんもう決定済みです。

 前回(2ヶ月前ですが)の「You can fly」(今気づいたがスペルミスって「You can fry」になってた、から揚げでも食うつもりか俺?)にてご紹介しました、いきものがかり「いつだって僕らは」で決定しました。

 えっ、「ひまわり」はどうするのかって?
この曲については、半年限定テーマソングではなく、「震災復興テーマソング」として選定し、恐らく数十年規模の長い期間、私の頭の中で流れ続ける事になろうかと思います。
 残念ながら、福島原発に関しては、早期の復旧は見込めないであろうと言わざるを得ない状況ですし、東海・南海地震が発生すれば私とて何時「被災者」になるか分からない状況にあります。
 大自然の脅威の前に、それでも人間として生きていく為に、これらの困難を乗り越えて行くということ…そのために必要な楽曲として、私はこの「ひまわり」を選んだ次第です。

 なんだか朝から変に頭が痛い…まさか「くも膜」やってないだろうな?
言われるほど無茶苦茶痛いわけじゃ無いから違うとは思うが。

2012年1月28日 (土)

「You can fry!」

 最近、会社の事務所内ではFMラジオが流れっ放しになっている…殺伐とした雰囲気を改善するためなのだが、どうも私はこれが苦手だ。
 なにせFM宮崎=テレビ宮崎=フジ系列なもんで、露骨な韓国推しとK-poopと韓国語講座と低俗な雑談垂れ流しを除くと、聴く価値のある放送が絶望的に少ない、はっきり言って思考妨害にしかならない、これならAMで青果物市況でも聴いているほうが余程精神衛生上宜しい。

 そんな中、これは!と思える楽曲2つ…ひとつは福山雅治「家族になろうよ(作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:福山雅治、井上鑑)」
 東日本大震災によって、家族の「絆」が再認識されつつある中、こういう曲が創られ、支持されるのはある意味当然の成り行きか。
 国家、地方自治体、地域社会、職場、学校…そういった集団、組織というようなものの基礎とも言うべきもの、それが「家族」とするならば、それを蔑ろにするような者に国を動かすなんてことは出来るはず無いし、させてはならない。

 そしてもうひとつ…私の心を鷲掴みにして離さない楽曲がこれだ。

いきものがかり「いつだって僕らは(作詞・作曲:山下穂尊 / 編曲:田中ユウスケ、近藤隆史)」です。

 最初に聴いたときは、「早口(歌詞の文字数が多すぎる)だなあ…」というような印象だったのですが、何回か聴いているうちに、この疾走感が心地良く感じられるようになりました。
 「08年度下半期(中略)選考会場」にて、「身体が欲している物を食べると「美味しい」と感じるように、心が欲している曲を聴くとそれに似た「美味しさ」のようなものを感じる」と書きましたが、正にその状態。
 「大切な存在に気付いたのならば、人は何時でも空を翔べる」(注:実際の歌詞とは若干違います)って、格好良い事言うなあ~♪
 これは是非「鳥人間コンテスト」のテーマソングに採用して頂きたい。
 回れ!∩(゚∀。)∩回らんかあああぁぁぁあああ!!!

 …まあ鳥人間は置いておくにしても、来春のセンバツで使えるだろこれ?
(つい数年前に同ユニットの楽曲使ったらしいけど)
 いずれにしても、俺的「平成二十四年度上半期テーマソング」最有力候補として、選考対象になると思います。
 このところ、音楽といえば「ニコニコ動画」でボカロ曲ばかり聴いていたので、ここらでひとつJ-popへの回帰というのも良いかも知れない。

 余談ですが、通信教育のステマをやるつもりは毛頭無いですよ?…世の中が不景気になるほど繁盛する連中の肩持つほど、私は裕福ではありませんので。
 て言うか、「流行語大賞」がどう見てもステマ。

2011年12月18日 (日)

猫乃介選「平成23年(超個人的)10大ニュース」前編

 最近、すっかりblog更新頻度が落ちてしまった猫乃介です…やっとこさ生きてる状態ですが、せめて「今年の10大ニュース」くらい書いておかないと寂しいかな~なんて思いまして。

 昨年同様、判断基準は思いッきり個人的です。

第10位 猫乃介40歳、節目の年&伏目の年

 本年7月20日、私猫乃介は40歳の誕生日を迎えました。
節目の年と言うことで、本来ならば大きく飛躍を目指すところなのですが、やってる事と言えば
http://necomaru16th.blog.bbiq.jp/blog/2011/08/post-b363.html ←この有様。
これじゃ「節目」じゃなくて「伏目」じゃねえか…トホホ。

第9位 霧島新燃岳噴火被害

 私が直接的に受けた被害(?)は、1月26日深夜~翌27日未明に掛けての「空振」くらいのものであったが、それだけでも自然の驚異(脅威?)を思い知らされるのに十分だった。
まだまだ予断を許さないとの見解もあり、注意深く推移を見守っていこうと思う。

第8位 大阪ダブル選、橋本新党大勝利

 「改革・変革」への安直な期待は、「民主党」という悲劇を生んだ。
これを繰り返さない為の注意は勿論必要ではあるが、今のところは(大阪については)良い方向に進んでいるように見える、是非頑張って頂きたい。

第7位 「なでしこジャパン」世界を制す

 個人的には、「全日本撫子蹴球団」とでも書いたほうが好みなのだが…まあ良いか。
正直、「勝てる訳無いだろ…」という思いと、「何が起こるか分からないのがサッカー」という思いが交錯する中観ていた決勝戦、最後は「大和撫子」という言葉の意味を改めて思い知る事となった…いや、天晴。

第6位 九州新幹線全線開業

 「新幹線」という名のレールで、鹿児島から青森まで一本で繋がった記念すべき日…となるはずであった3月12日、よりにもよってその前日があの大震災である。
全線開業ムードは震災によって消し飛んだが、その震災の影響でその価値が見直されたものもまた九州新幹線…のCMだったりする。

第5位 フジテレビ抗議デモ

 度重なる「偏向報道」への不満が高まり続ける中、異を唱えた一人の俳優と、彼への「処分」が引き金となる形で、「フジテレビ」及びその有力スポンサーの一つである「花王」への大規模デモが敢行(慣行?)され、現在では「電通」「朝日新聞」「共同通信」等数々のマスコミ・関連企業へと波及、又はその準備中との情報がある。
 フジテレビの悪行については枚挙に暇が無いが、そう言えば昨年の口蹄疫騒動でも、「関係者の制止を無視し、消毒もせず被害地域へ取材立ち入り」という事案もありましたねぇ…
 まあ「嫌なら見るな」って言ってるくらいですし、勝手に潰れてください売国テレビ局さん。

第4位 東日本大震災

 想像を絶するその威力と被害、恐らく9割方の日本人がこのニュースを「一番」に挙げるのを重々承知で、敢えてこの位置での紹介とさせて頂く。
 今回最も頭を悩ませたのが、「福島第一原発事故」をこの震災被害に含めるか切り離すか、という問題…当然、一連の事件・事故として取り扱うならば間違いなく第一位に選ばれるべきであり、それどころか100年、1000年単位の人類史に残るであろう大災害である。
 当blogの結論として、「原発事故はあくまでも人災」として、地震・津波による直接の被害とは別のものであるとして取り扱うことにした次第です。
 それでも4位とは評価低過ぎるだろ?というご意見はごもっともですが、私猫乃介に対する「直接的な影響度」を基準の一つとした結果です。

 今、宮崎市内のあちこちに、「ここは海抜○○メートルです」というような掲示物が貼られています。
泣いてもわめいても、亡くなった命は還らない…ならば、生き残った者が為すべきは、その教訓を決して無駄にしない、という事に他ならない。

 多分、「後編」は次の日曜あたりに何とか…多分。

2011年9月 5日 (月)

平成二十三年度下半期テーマソング選考会場

 書く事が無いわけじゃないのですが…体力がすっかり無くなってしまって(最近胃カメラ飲んだり)、blogどころじゃ無いんですよね、トホホ。

 だからというわけでも無いのですが、今回は早めに「テーマソング」選考という事にしようかと。
…と言うか、7月末の時点で内定出ちゃったんですよ。

 高岡蒼甫氏発言問題の記事中でご紹介しました↓この曲です。

 我々「日本人」にとっての最大の敵、それはやっぱり「マスコミ」なんだろうと、今更ながらに思う。

 ついでに…ものすご~く気の早い話でアレですが、「二十四年度上半期」の有力候補をひとつご紹介させて頂きます。
ホント言うと、これこそ「二十三年度上半期」で使うべき曲だったのでしょうけれど…つい先日まで知らなかったものですから。

 ヘビメタ解さないはずのこの私に、3曲も掴ませるこの作者、只者ではない…。

2011年3月20日 (日)

平成二十三年度上半期テーマソング選考会場

 震災から10日…これ以降当blogでは、気象庁発表の正式名称「東北地方太平洋沖地震」ではなく、略称(?)の「東日本大震災」の方を使うことにします。
…べ、別に茨城県民に気兼ねした訳ではないんだからっ!

 地震に津波、そして福島原発…思考停止しそうになる程な有様ですが、それを理由にこちらの仕事や生活を放り出す訳にも参りません。
 日々の暮らしは、嫌でも巡って来るんです…静かに笑ってしまえるかどうかは別にして。

 結局のところ、極力「普段通りの生活」をするより他ありません。
その上で、余力があれば何らかの支援に回す、ということになるかと思います。

 そして、半年に一度の恒例行事「俺的テーマソング」選定の時期がやってきました。
そもそも口蹄疫からの復興だってこれからなのに、鳥インフルエンザと新燃岳噴火がこれに重なって、そこへ今回の「東日本大震災」ですよ…福島原発がこのまま抑え込めたとしても、大津波によって破壊された多くの街、がれきの山々を「復旧」するのに一体どれほどの年月が必要なのだろう?
 逼迫する電力事情、不足する物資、失われた多くの人命と、未だ見つからぬ多数の行方不明者…これはもう「国家総力戦」であり、西日本に住む者にとっても他人事では無い。
 この状況下において「テーマソング」に選定できるような曲目なんて、そうそう無いのであるが…どう考えても「ガンパレ」以外に無いぞ?二十年度上半期に使っちゃいましたけど。

 破壊と再生…不死鳥(フェニックス)…おっと、昨年、全世界を感動の渦に巻き込んだ「フェニックス」が居ましたねえ。
 第20号科学衛星MUSES-C「はやぶさ」が。

 「にわか」な私は昨年、そうでない人達は7年間、彼(彼女?)に「諦めない魂」を教わったはずである。
 「大東亜戦争」敗戦復興以来の、長く険しい道程を、私はこの曲に託してみたい。

 先日、全線開通した東北新幹線の新型が「はやぶさ」なのも、もしかしたら何らかの…いやまあ分からんけど。
 同じ新幹線なら「とき325号」という英雄も居るけどね。

 「東日本大震災」の復興が完了するとき、私は多分定年間近(もしかすると定年後かも)の爺さんになっているのだろうなあ…それまで生きていられるかも怪しいが。

2010年9月26日 (日)

平成二十二年度下半期テーマソング選考会場

 ここ数日、一気に涼しくなって参りましたね…上半期最後の日曜日、となると、下半期のテーマソングを選定しなくては。

 前回までは西暦表記でしたが、心境の変化とでも言いましょうか、年号表記に改めることにしました…3分くらい前に電撃的に(ぇ-?)。

 我が宮崎県は、先月下旬にようやく「(口蹄疫)終息宣言」を発表することができ、復興への歩みを始めたばかりです。
 これから、長い長い復興への戦いが待ち受けているのです…失われた29万頭の命、2350億円とも言われる(宮崎日日新聞9/23紙面より)被害、種牛の血統再構築、そして風評被害、さらには無策な政府などなど。
 尖閣諸島問題で揺れまくる日中関係、このタイミングでよもやの「観光特区構想」…九州限定で中国人に5年間無制限出入国って、気でも狂ったんじゃないかと思うような話も聞こえてきました。
 …我々は、如何にしてこの故郷を守って行けば良いのでしょうか?

 この5月には、「雑踏警備1級」に合格し、つい先日は3日連続千葉滋賀佐賀…じゃなかった、3日連続イベント警備に就くなどしました。
 他の警備業者との打ち合わせ、主催者側との打ち合わせ、そして警察機関との関わり…もう本人の意思とか能力とかって話じゃ無く、この宮崎の安全を守っていく大きな「システム」の一員として、組み込まれてしまったのだという事を、その責任を強く感じ始めた今日この頃です。

 と言うような情勢から、もうこの曲しか無いだろう!?というくらいピッタリな曲を用意しました。
雑踏警備1級講習」でご紹介しました、この曲です。
(↑本家歌詞入りYouTube版は上記記事からどうぞ)

 福山芳樹「真赤な誓い(作詞:福山恭子 作曲・編曲:福山芳樹)」です。

 今はわからない事ばかりです…しかし、信じるこの道を進むだけなのさ!