FEZ Feed

2009年5月13日 (水)

ねんがんの ちゅうぶたいふくを てにいれたぞ!

Tyuu1 Tyuu2

 先のイベントで獲得リング(経験値も)が1.5倍になったのと、オーブ(有料のゲーム内通貨)購入に伴う「獲得リング5倍書」の相乗効果により、「猫乃介」と「日之影千穂」の部隊ポイントが100を突破、ようやく「中部隊服」を獲得することができました。

 …よ、弱い!
流石は某巨大掲示板(早い話が「2ちゃんねる」)で、「豚衣服」と揶揄されるだけあるわぃ。
 折角、国家別のカラー(…だよね?)でデザインもなかなかなのに、性能イマイチな上に強化することもできない。

 まあ、もしかしたらそのうち、もっと強力な「大部隊服」とか、「ロイヤルガード専用服」とか作ってくれるかも知れない…わからんけど。

2009年4月 3日 (金)

フェンサーってなんなのさ~?

Fe2009033021255313813578
 「ハーピーの風切り羽」争奪戦会場

 そもそも、「フェンシングする人だからフェンサー」というのが、真っ当な英語なのかどうかすら知らなかった猫乃介です…高校中退な上、英語は赤点常習犯でしたもので。
 調べてみると、「剣闘士」という意味の立派な英語です…いや~、ウォリアーとかファイターとかソードマンとかなら聞いたことあったんですがね。

 この件に関して、所属の「部隊員」との会話が、ちょっと面白いことになってしまいまして。

猫乃介:フェンサーって言ったら、「ファンタシースターⅡ」のザコ敵しか知らなかった
部隊員:ファンタシースターⅡて…ハード何?
猫:メガドライブ
部:また随分微妙なものを…
猫:初代ファミコン世代ですから
部:28歳くらい?
猫:おしい! 37歳
部:
おしくねえええええええええ!!
…ごめんね、オヤジギャグ全開でごめんね。(ノД`)

 さて、ウチの「ティアーナ」がイメージ的にぴったりなので、フェンサー転職に挑戦してみたのですが…
 羽が出ない→やっと「ハーピーの羽毛」1枚獲得→要求されたのは「ハーピーの風切り羽」…もう∩(゚∀。)∩だめぽ
 実は翌朝に風切り羽獲得に成功、無事「フェンサー皆伝」の称号を頂き、転職の権利は確保したのですが…一旦保留し、先に装備を見に行ったんですよ。
装備の種類が少ねえええええええええええ!!!
 おまけにかなり操作が難しいみたいでして…当分転職は見合わせます、もしやるとしても「観賞用」です。

 4/1のFEZ公式サイト曰く、
フェンサーはふえんさー(増えんさー)だそうです。

2009年2月 8日 (日)

再び参戦、FEZ

Fe200902082023227029625 3rdキャラ「日之影千穂」~王城前にて

 以前、「MMOつまみ食い」にて一度は「撤退」したはずの「Fantasy Earth Zero」を、急にやりたくなったので再び参戦しております。

 当時と違い、物理メモリを倍の1.5GBに増量したものの、グラフィックボードとCPUが最低動作保障ぎりぎり一杯…まあ、なんとか動いています。
 今回はちゃんとWikiも探し出し、しっかり内容は把握…しきれません。・゚・(ノД`)・゚・。
 豊富なアクション要素、めまぐるしく動き続ける戦況…その中で実に多くの判断を瞬時に求められます。
無理じゃあああああああ~っ。・゚・(ノД`)・゚・。

 やめときゃ良かった、などと言っても後の祭り…実は「初心者マーク」つけてウロウロしてる間に、何人もの親切な先輩方から講義や支援を山のように受けちゃいまして、いまさら引っ込み付かんのですよ。
 何とか少しでも役に立ちたい、恩返しがしたいのですよ。

 そう思って、人手不足で大募集中の「片手ウォリアー」と「氷ソーサラー」を急遽投入(上の画像は「氷ソーサラー」)しました。
 …が、キャラ性能以前に、「中の人の性能」が著しく不足しており(主に情報処理能力)、何やっても鳴かず飛ばず。

 ところで、先行していた弓兵(弓スカウト)「TearnaValk」、2キャラ目の片手ウォリアー「猫乃介」はともかく、3キャラ目に付ける名前の当てが無く(NYAINCE-CATは元々女性キャラの名前ストックが皆無)、しかたなく別の作品世界(と言っても構想だけ、全く作品化されていない)から流用しました。
 見ての通り、宮崎県北部の地名「日之影」「高千穂」が由来になっています。
…え?男性キャラで出れば良いじゃないかって?
男見てても楽しく無いもん♪( ゚∀゚)
「猫乃介」は本人の分身みたいなものだからともかく、最も長い時間画面の中央を占拠している「自キャラ」ですから、どうせなら可愛いほうが良いではないか♪

 …とても私にゃ歩兵戦は無理だ、決して満足な働きが出来るわけでは無いが、まだナイトで出たほうがマシだろう。
 個人のスコアなんて二の次三の次でいいからさ、とにかくチームの勝利に貢献してみたいものだ。