艦これ Feed

2014年9月19日 (金)

平成二十六年度下半期テーマソング選考会場

最近、少しずつですが秋めいてきました…変だなあ、毎年11月半ばまで夏服着てないとタマラン程に暑い日が続くんですが?

 9月も残り半分、という訳で下半期テーマソング選考の時期となりました。
 その前に上半期の「ひかり」ですが、すんません余り歌えませんでした、カタカナ語程度ならともかく、一部分とはいえモロに英語詞入ってて∩(゚∀。)∩ウワァァァン
 むしろ、どちらかと言うと使わないとか書いてた「月月火水木金金」ばかり歌ってたような気が…いややっぱりこれ労働歌としても優秀でしょ!?

↑改めて、ドリフターズが「音楽集団」だった事を思い知らされる。

 さて下半期…正直言うと、「平成二十六年度上半期テーマソング選考会場」の時点で、ほぼ決まったはずだったのですよ。

 自衛官と警備員、権限も能力も装備も存在目的も違いは有りますが、「護る」という想いにそれ程の違いは無いはずです。
 これこそ我がテーマソングに相応しい、二十六年度下半期は当然これで行こうと思っていたのでしたが、半年は短いようで長いです。
 やっぱりと言うか流石と言うか、今回も良い楽曲との出会いがいくつも有りました。

 もう、この企画(?)も「艦これ」抜きには語れなくなりました…まずはこれ↓

 あまね「夜戦しよ(C&C改ver.)」(作詞・作曲:Gun-SEKI 編曲:ジュクチョー/Gun-SEKI)

 長らく不遇をかこっていた「軽巡洋艦・川内」、その”改二”に相応しいカッコイイ楽曲です。
 疾走感溢れるサビの旋律は、公式BGM「我、夜戦に突入す!」を彷彿とさせる、一気に畳み掛ける勢いを感じさせます。
 夜戦…いや「夜勤」のお供に(但し交通誘導限定ですが)使えそうです。

 気合の入ったオリジナル楽曲も勿論ですが、替え歌も中々面白い作品がありますね。

 元歌は「自称・田舎のプレスリー」こと、吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」ですね。
和製ラップの魁とも言えるこの楽曲、元歌詞の衝撃(笑撃?)と馴染み易い旋律から、替え歌の標的になり易いようですね(ご本人まで替え歌出してるし!)。
 私自身は無理な建艦を行うこと無く、現状建造可能な全艦船を保持しておりますが、以前は三隈さん獲得に苦労した事も…

 さて、今回最も悩んだのがこの楽曲↓

 すぎやま「ゆきかぜのたからもの」(作詞・作曲:きむた)

 底抜けに明るく楽しい楽曲です、動画にも歌詞にも、更にはサビの「音階」までも、徹頭徹尾ネタの嵐!
 そしてそれら全てが、最後の「雪風はみんなの笑う顔 大好きです」に集約されて行きます。
 つまりは、題名にある「雪風の宝物」とは「皆の笑顔」と言う事になるかと思いますが、確かに聴く者全てを笑顔にしてくれそうです、それこそ「ちょっと嫌な事があっても、ご機嫌ナナメでも」ね。
 ここでの「雪風」は勿論「艦隊これくしょん~艦これ」に登場する「艦娘・雪風」になるわけですが、元になった「駆逐艦・雪風(と、その乗員)」が「護りたかったもの」も、「艦娘・雪風」が護りたいものも、そんなに違いは無いはずです…そしてそれは、自衛官も警察官も警備員も、概ね同じはずなんです。

人は、護りたいものがあるから、護らなきゃならないものがあるから、戦えるんです!

 この動画作品自体は、「MMD杯」という動画作成技術を競うコンテストの為に発表されたものですが…まあ、音楽コンクールではありませんので惜しくも準優勝だったようですが、個人的には「作詞賞・作曲賞・最優秀歌唱賞」の三冠差し上げたい位ですね、これ程の楽曲に巡り会える機会、そう滅多には無いでしょう。
 こんな気持になったのは、「浪漫鉄道」以来かも知れない。

 という訳で、もう暫く継続審議です…。

2014年9月 5日 (金)

当司令部の戦力状況メモ 26年9月版

 明日のイベント警備に備えて休暇、久々にカラオケにでも…と思ったら、外は雷電姉妹+村雨乱舞状態、だめだこりゃ。
 諦めてゆっくり疲労回復に努める事に。

 ついでに「当司令部の戦力状況メモ」の更新でもしてみるかな…「AL/MI作戦」を終えて、陣容にも変化が表れましたので。

当司令部戦力状況報告書 26年9月

1.戦艦・航空戦艦・巡洋戦艦

長門型・伊勢型 Lv80台半ば
金剛型 Lv90
扶桑型 Lv60台前半
大和・ビスマルク Lv80目前
未入手艦 武蔵 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

AL緒戦で躓いて、伊勢・日向を投入+支援艦隊に大和・長門・陸奥・ビスマルク参戦、
MI作戦にて、機動部隊護衛に奮戦した金剛カルテット。
…扶桑姉妹の苦悩は当分続きそうです。
武蔵がなあ…実はこれ書いてる裏で「大型建造8時間」作業中なんだわこれが。
(-人-)ナモナモ
書き終わったのでバーナーで焼いたら武蔵でした。∩(゚∀゚)∩

2.正規空母・装甲空母

一航戦 Lv80台半ば
二航戦・装甲空母大鳳 Lv80台前半
五航戦 Lv70台前半
雲龍 Lv40

「改二効果」もあって、猛訓練でMI作戦に二航戦を間に合わせました(そして大活躍)。
力不足(+時間と体力も)で最終決戦は断念したので、五航戦と大鳳は出番ナシ。
雲龍どうしよう…ちょっと戦力化は難しいような?

3.軽空母・水上機母艦・揚陸艦

千歳型(軽空母)・龍驤 Lv70台半ば
飛鷹型 Lv60目前
龍鳳 Lv50
それ以外軽空母・水上機母艦・揚陸艦あきつ丸 Lv40台前半

AL作戦に飛鷹・隼鷹コンビ(当時、Lv40台前半)を派遣、龍驤を控えに残した結果、
屈指の名セリフを聞き逃す_| ̄|○ ガーン
あきつ丸まさかの大活躍、流石は「揚陸艦」という事か!?
当司令部では、彼女に「たぶん丸」の二つ名を贈呈する事に決定した。
龍鳳?一応改造したけどね…難しいよね、うん。

4.重巡洋艦・航空巡洋艦

高雄・愛宕・利根型航巡 Lv80台前半
妙高型・摩耶 Lv70台前半
衣笠 Lv50台後半
鳥海 Lv40目前
最上型航巡 Lv70
古鷹・加古・青葉 Lv30

AL作戦は妙高・羽黒コンビ、MI作戦護衛艦隊では利根・筑摩姉妹が奮戦。
…色々温存し過ぎたな。
放置状態だった妙高カルテットも、改二効果であら不思議、一線級に化けました。

5.軽巡洋艦・重雷装巡洋艦

天龍 Lv70
龍田 Lv60台後半
五十鈴・夕張 Lv70台前半
大淀・多摩 Lv70目前
長良・球磨・川内型 Lv60台半ば
阿賀野 Lv10(昨日入手した)
それ以外軽巡 Lv50前後
重雷装巡洋艦 Lv80台後半
未入手艦 酒匂

天龍と龍田はず~~~っと遠征しか使って無いです。
イベント報酬として途中参加の大淀と、緒戦の偵察要員としての多摩、
あとMI護衛の木曾か、出番あったのは。
ぴゃーは当分無理か、ぴゃー。

…そうそう、ウチの「主任秘書艦」は大淀で決定します、よろしく。

6.潜水艦・潜水空母・潜航輸送艦・潜水母艦

伊58 Lv95 ←依然として当司令部最高Lv艦
伊168 Lv92
伊8・19・401 Lv70台半ば
まるゆ(一号艦) Lv50台後半
大鯨(控え) Lv10くらい

もしもの遠征要員として大鯨1隻確保、あとは特に。

7.駆逐艦

雪風・島風 Lv80台後半
夕立・時雨・綾波・Z型・暁型(Bep含む) Lv70台前半
睦月型・吹雪・天津風 Lv50台前半
陽炎・不知火・黒潮 Lv40台半ば
吹雪型(吹雪を除く) Lv40
他たくさん 一応改造済
未入手艦 清霜・磯風・谷風

AL緒戦では不知火・黒潮で、後に第六駆逐隊を投入。
MIでは雪風・島風がしっかり護衛の任を務めた。うれしいうれしい。
磯風獲得は今回断念したが、いずれはお迎えしたい歴戦艦である、うむ。
キヨシも…

登録アカウント総数220万、その内月一回以上動いているのが約100万、毎日一回以上動くのが約50万…訳が分からん。
登録7万あたりで受け入れ停止してた頃、「どうせ運営は最大10万人程度しか見込んでないだろ…足りるかバカモン20万人入るサーバー持ってこんかい!」って言おうとして、結局言いませんでしたが、言わなくて良かったですね大恥かくところでしたね!!
…どこまで増えるんだろ、これ?

2014年4月13日 (日)

当司令部の戦力状況メモ 26年4月版

 間もなく一周年を迎えんとする「艦これ」、その記念となる春イベントにて、最後の連合艦隊旗艦「大淀」が実装されるのでは?との噂も聞こえる今日此の頃(まあ、多分工作艦「明石」だろうけど)。  ウチの司令部の戦力状況を確認しておこうかな、などと思った次第でして。

 因みに、提督名(て言うか、DMMの登録名)は猫乃介ではありません。
最近は、危険度(?)の高そうなサイトでは、いくつかの別名を使うようになりましたので…まあ、大抵は宮崎の地名に由来する名前なので、分かるかも知れませんが。

当司令部戦力状況報告書 26年4月

1.戦艦・航空戦艦・巡洋戦艦

長門型・伊勢型・金剛型 全艦Lv80以上
扶桑型 Lv50台半ば
未入手艦:大和・武蔵・ビスマルク

 どうしても同型艦を一緒に使おうとする為、通常は金剛型(2隻ずつが基本)を、敵方に航空戦力が不在なら伊勢型、ここ一番の切り札が長門型、対潜専門が扶桑型(瑞雲ガン積み)という具合に役割分担。
 大和?…知らない子ですね。

2.正規空母・装甲空母

一航戦・装甲空母大鳳 Lv70台半ば
ニ航戦 Lv40台
五航戦 Lv60手前

 飛龍・蒼龍は扱いが難しいですよね…軽空母でいいや、ってなるし、搭載数の都合で。

3.軽空母・水上機母艦・揚陸艦

千歳型(軽空母) Lv70手前
同、水上機母艦 Lv30台半ば
他、軽空母 Lv30台後半
揚陸艦あきつ丸 とりあえず改造済

 正直、正面戦力としては千歳・千代田が居れば十分かと…残りは遠征用か、控えですね。
…あきつ丸を戦力化するのは難しそうです、付帯装備は有意義に使わせて頂いておりますが。

4.重巡洋艦・航空巡洋艦

高雄・愛宕 Lv80
摩耶・利根・筑摩 Lv70
衣笠 改ニまで
それ以外重巡 Lv25~30
航空巡洋艦 Lv60台半ば

 最近でこそ古鷹型・青葉型を遠征用に起用する場面が増えたものの、使用する艦を絞った結果、はっきり二極化してしまいました…妙高型四姉妹完全放置とか、ファンにバレたら命が足りんな(汗)。

5.軽巡洋艦・重雷装巡洋艦

天龍型 Lv50台後半
球磨・多摩・長良・五十鈴 Lv60台前半
名取・由良・鬼怒・阿武隈 Lv48~50
川内型 Lv60台前半
夕張 Lv70目前
能代・矢矧 Lv50手前
大井・北上 Lv80台半ば
木曾 Lv70台半ば
未入手艦 阿賀野

 天龍と龍田は完全に遠征艦隊旗艦状態、それ以外の艦は使い勝手の違いでやや差が出ているようです。
阿賀野?…大和・ビスマルク狙いでついでに出てきたらラッキー、かな。

6.潜水艦・潜水空母・潜航輸送艦

伊58 Lv92 ←当司令部最高Lv艦
伊168 Lv90目前
伊8・19・401 Lv60台後半
まるゆ Lv30台半ば

 当司令部では、よく言われる「オリョールクルーズ」にあまり熱心では無い為(そんなに同じ事ばかりしたら俺提督が飽きつ丸)、入手当初から大活躍しまくったイムヤとゴーヤが頭ひとつ抜けてるだけで、まあこんなもん状態。

7.駆逐艦

雪風・島風 Lv80台前半
夕立・時雨 Lv70目前
吹雪、綾波 Lv50台前半
陽炎 Lv40台後半
暁型 Lv40台前半
それ以外 Lv25~40
未入手艦 初風・秋雲・夕雲

 艦隊決戦だけ考えれば雪風と島風が居ればまず間違いないかと…控えに夕立と時雨、あとは陽炎型・夕雲型から何隻か選抜すれば十分でしょう。
吹雪と綾波は、3-2突破用に育成したのと、あと将来的な「改ニ」目当て。
ヴェールヌイ?…考えとく。

 改めて、マイペースっぷりが見て取れます…良いんです、あくまでも「簡易海戦SLG」として楽しんでいるのですから(建前)。て言うか、
みんな可愛いのにこの中から1人だけ選べるかあああぁぁぁ∩(゚∀。)∩!?(本音)。

2014年3月13日 (木)

平成二十六年度上半期テーマソング選考会場

 猛烈な年度末進行がフッと和らぎ、気が付けばもう一週間もすれば、桜開花の声も聞こえそうな時期となりました。

 そんなこんなで半期毎のテーマソング選考を…今回もまた、非常に難航しました。

 消費税増税を目前に正念場を迎える「アベノミクス」、TPPやら歴史問題やら領土問題等々熾烈を極める「日本包囲網」、そして「震災復興」更には「豚流行性下痢」…光が見えそうな、見えなさそうな、そんなやきもき状態が続く那珂、じゃなくて中、テーマソングに相応しい楽曲はどれなのか?

 まずは、驀進止まらぬ「艦これ」関連から

)

Gun-SEKI恋の2-4-11(作詞・作曲:Gun-SEKI)
という楽曲です…いやもうビックリしました、ネタ全開の電波ソングかと恐る恐るクリックしたら、ネタ全開なのに見事に普通のアイドルソング(ラブソング)やんこれ!?
 「燃料」を「ごはん」と読ませるのはまあ分からなくも無いが、「弾薬」を「みりょく」と読ませた例は恐らく皆無なのではないだろうか??て言うか、
愛の砲雷撃戦って何だよそれ!?!?!∩(゚∀。)∩
 とまあ、大変魅力的な楽曲なのですが、如何せん自分用の「テーマソング」にするには、内容が合わないようで。

 もう一つ、艦これ関連楽曲から

Hina(禁パチP)feat初音ミクstarting over(作詞・作曲:Hina(禁パチP))

 曲が先か動画が先かは分かりませんが(殆ど動画に目を奪われるんでしょうけど)、到底単なる添え物として創られたとは思えない、しっかり創られた楽曲です。
鈍(にび)に塗られた海と世界…」なんて、随分難しい日本語色彩表現を持ってくるあたり、かなりの「艦これ」世界への傾倒振りを伺わせます。
 とは言うものの、聞くには良くとも「テーマソング」とは違うかなあ…。

 艦船もの、と同時に「労働歌」的なものを模索するうち、「あれ、この曲使えるんじゃね?」と思ったのが

軍歌月月火水木金金(作詞:高橋俊策/作曲:江口夜詩)
1番の歌詞しか知らなかった時点では、勤務地が軍隊(海軍)なだけで、内容的には労働歌なのでは?と思ったのですが…全部聴いたら確かに軍歌でした。
 決して軍隊・軍歌を否定するつもりはありません(むしろその逆)、平時にましてや軍人・兵士でもないのに、「テーマソング」に出来るわけ無い、との考えです。
…必要な時が来れば(来ないことを願いますが)、歌います。

 というような選考過程の末、つい先日ようやくある楽曲に決定したのですが、その直後にまたしても↓

)

金元寿子・一般女性・自衛隊の中の人3TO4 戦士のクローバー(作詞・作曲:buzzG)
…演奏者の表記はこれで良いのだろうか(汗)
 歌詞中の「9年前」というのが、何か特定の事件・事故を指しているのかと捜索してみましたが、特に「9.11同時多発テロ」や「東日本大震災」のような象徴的な事柄は見当たりませんでした、「JR西・福知山線脱線事故」は確かに日本鉄道史最悪の事故ですが、自衛隊との関連性は無さそうですし。
 もっと単純に、「誕生日前の高校3年生(17歳)」の9年後なら26歳なので、任期制の一般自衛官を目指す場合の「ラストチャンス」の年、という設定で書かれた楽曲、と考えたほうが適切かも知れません。
 そもそも、自衛官募集の為の組織である「地方協力本部」が採用する楽曲ですから。

 …アカン、猫乃介もう42歳やし。

 今回も素晴らしい楽曲達に出会えて幸せです…しかしながら次の半期テーマソングに決めたのはこの中のいずれでもありませんでした。
 少々長くなりすぎたので、その楽曲については次回ご紹介します。

2013年12月21日 (土)

猫乃介選「平成二十五年(超個人的)十大ニュース」後編

 という訳で(?)後編のお時間となりましたが…もうね、今回は取り上げたいニュースが山程有って大変でした、TOP10+番外3つでは収まりきれない程に。

 宮崎関係で言えば、延岡学園野球部の「甲子園準優勝」にしても、先の鵬翔高校サッカー部に近いレベルの偉業(県勢初決勝進出)だったし、県産キャビアの初出荷もあったし。
 その他の話題と言うと…ま~た食品(料理メニュー)偽装問題なども記憶に新しいし。
 …個人的なネタとして、やっと完成した入れ歯を速攻壊してパ~にしてもた話とか(悲)。

 悩みに悩んだ結果、今回の「番外編」として、自衛隊ネタ三連発、いきます!

番外1 鉄の身体に鋼の魂 US-2決死の救出劇

 辛坊氏ほか1名の「冒険」については、腹が立つだけなので放っておきますが、それを救出に行った海上自衛隊の方々と、「US-2飛行艇」への賞賛は惜しみません。
 15トンの積荷を載せて、たった300m程度の滑走で離陸・離水できて、100km/h程度の超低速でも飛べて、3mの高波までなら着水可能…ええい、新明和工業の新兵器(?)はバケモノかっ!?
 ちなみに当時の波高4mとか…だからこそ辛坊氏のあのコメントなのである(実際、エンジン1基破損した)。

番外2 くっ、空母じゃないよ、護衛艦だよ 「DDH-22いずも」進水

 本音を言えば、とっとと憲法改正して、「自衛軍」の保持を認めて頂きたいものですが…それを抜きにしても、「空母のようなもの」の搭載力、輸送力、ヘリ展開力があれば、大災害の救援活動などにも大活躍間違い無し!です。
 この件に関しては、公式発表前に「いずも」の名が漏洩しちゃった、少々心配なミスもあったり…まあ、いつかは付けたいよね、「ながと」。

番外3 これはこうどなじょうほうせんだ 地本ツイッター大人気

 自衛隊の広報活動と言うと、どうしてもお固い雰囲気になりがち(それが当たり前です)なのですが、最近は「萌えキャラ」などの登用で柔らかい雰囲気のものも登場するように。
 そんな中でも特に「宮城地方協力本部」公式ツイッターの破天荒(?)っぷりが凄まじい♪
 少しでも自衛隊に関係しそうなネタ(アニメ・ゲーム等も含む)を見つけたら、的確にネタを用意してぶちかましてくれます。
 ほぼ宮城地本の独壇場かと思われた中、笑いの本場(?)大阪地本が猛追開始、ほか各地本との掛け合いなど見ていて楽しいです。
…志願者、増えると良いですね(私はダメでしたが)。

 さて、いよいよ今年のTOP3の発表です

第3位 どうする?どうなる?この国のかたち TPP交渉参加&減反政策見直し

 そもそもTPPの「本丸」は農産物でも医療でも無くて、「日本語」だと思うのですが…ともかく、食料自給は国家・国民の生命線であり、それを根底から揺るがすTPPなる超不平等条約など到底受け入れられない!
 と言いたいところですが、恐らくこれ、呑んでも呑まなくても地獄しか待っていません、さながらABCD包囲網状態です。
 我が国が生き残るためには、何とか少しでも有利な条件を引き出すか、さもなくばTPPそのものをご破算にするしか手が有りません…どちらも至難の業ですが。
 そして減反政策の見直しも、このTPPと無縁ではありますまい…一方では自給率の低さを問題にしつつ、もう一方では「お金払うから米作るのやめて」という矛盾は解消されるべきで、安いお米を沢山作った損失を補填する方向に修正するのが正しいと思うのですが。
※一昨年11月、TPP問題を扱った「やまと新聞」号外配布に参加しました※

第2位 ネット界の特型駆逐艦 「艦隊これくしょん」怒涛の快進撃

 たかが「ブラウザゲーム」一つに、これ程までの社会現象を引き起こす力が有ったなんて、一体誰が予想し得たであろうか…当初、精々1~2万人かと思われたプレイヤー数が今や140万人、数だけなら「ドラクエⅠ」にも匹敵する勢いだ。
 但し、殆どのプレイヤーが「可愛い女の子の画像にしか興味を示さない方々」なので、年度が変われば適正な数に落ち着くとは思いますが。
 戦艦も駆逐艦も区別が付かない、戦闘機・爆撃機・雷撃機の役割も知らないという彼らのうちどれだけが、現実の戦闘艦艇の魅力や戦史、そして「日本の誇り」に気が付くところまで踏み込めるか…製作者が提唱する「ゆるいソーシャル」の力が今、試される。
 …ホントはこれを1位に持ってくる予定(12月頭の時点)だったのですが。
※何を隠そう、横鎮所属プレイヤーです(ランキング15000位あたりの下っ端)※

第1位 「戦後」脱却への大きな一歩 特定秘密保護法成立

 やはりこのニュースが今年一番だろうと思います。
 やっと、自分達で自分達の身を護る、その為の大きな力を手に入れる事ができるのですから。
 そしてこの事によって、「誰が味方で、誰が敵か」がより鮮明になってきたことも重要ですね…この法案に反対してる人達って、要するに
「機密を漏洩したいけど罰せられたくない人」でしょ?
 裏切り者に情けを掛ける余裕など有りません…大切なものを護る、その為には!
※当然、他人の生命や財産を預かる警備員にも守秘義務があります※

 さて、これで心置きなく年末進行…うわ~しまった年賀状まだ書いてない。
∩(゚∀。)∩ いや~ん

2013年9月20日 (金)

真・九州艦隊

 とうとう新規に「艦これ」カテゴリを設置することに…どうやら、大変なものに足を突っ込んでしまったらしいな、こりゃ。

 戦力不足その他の理由により、大和獲得は断念したものの、特に苦も無く殆どの艦を迎えることに成功しております…が、どうしても重巡三隈だけは未だ獲得に至りません。
 まあ要するに「ボス前羅針盤」が難攻不落状態なのですが、手前のヲっちゃんも鬼です。
…正規空母2隻に烈風6部隊載せてどうにか制空権を確保しておりますが、たまに手痛い雷撃を喰らいます。・゚・(ノД`)・゚・。

 何か三隈さんに嫌われる事でも…ええ、大変な事に気が付いてしまいました。

 7/10付の「横須賀ってドコっすか?」記事中、「九州艦隊」に触れておりますが、重巡三隈と水上機母艦千歳の2隻もまた、九州由来て言うか両方共筑後川由来だったと言う事が判明。 ∩(゚∀。)∩ うそ~ん!?
 筑後川の上流部分の名称の一つが「三隈川」で、筑後川の大昔(鎌倉時代)の名前が「千歳川」なんだそうで…三隈はともかく、千歳はてっきり石狩川の支流の方だとばかり思ってた、参った。
10/13追記:水上機母艦・航空母艦の命名規則に「地名」は無いとの指摘あり、再捜索の結果、「鶴は千年、亀は万年」に由来する「千歳(≒千年)」発祥と判明…ああ、貴重な航空戦力が。

 という訳で、航空戦艦日向、巡洋戦艦霧島、重巡洋艦三隈、軽巡洋艦球磨・川内、水上機母艦千歳、ここまでで6隻揃いました5隻になりました、「不知火」についても八代海固有の現象及び伝承に由来しますので、駆逐艦不知火も入れて計6隻、実装予定(ほぼ確定)の軽巡洋艦大淀まで入れて7隻、堂々の九州艦隊完成ですね…はい、ちゃんと書きましたからどうか出てきて下さい三隈さん_| ̄|○ ペコリ

 ついでに、九州北岸に「響灘」もあるから…え、山口県とスター◯ンが猛抗議? がくがく。